« 夢のつづき | トップページ | 「僕の彼女を紹介します」私的映画考Vol.1 »

2005/04/24

私的映画考

映画が好きである。

大画面・大音響の映画館へ行くのも好きだし、のんびりと家でDVD鑑賞も好き。いずれにしても、映画と言う芸術が好きである。何よりも自分が体験できないこと、自分には想像できない事を映像として見せてくれるのが素晴らしい。

映画館で年間100本鑑賞をするのを目標とし、良かった作品をDVD購入すると言った感じ。好きなジャンルはあるにはあるが、100本見るからにはジャンルにこだわっている場合ではない。公開される作品を選ばずに見る。その際も前情報はほとんど入れない。劇場で流れる予告編のみ。なので、突然起こるストーリー展開に唖然とする。それが人生と同じく、映画の楽しみでもある。笑いあり涙あり、ハラハラドキドキ、感動あり。

評価もそれなりにしているが、あくまでも肯定が前提。否定するのは簡単だが、それでは作り手たちの努力が無駄になってしまうような気がする。映画は良い箇所を褒める。良い台詞、良い演技、良いアングル、良い音楽、、、、。一つだけでも良いから褒めるべきである。 何が訴えたかったのか?何が言いたかったのか?映画を作るからには、何かしらのメッセージがある。それを受け取るのも一つの鑑賞である。もし面白くないと思える作品に出会ったら、それは今の自分に合わなかっただけ。そう思えば良い。

そもそも映画鑑賞というのは、その時の自分の環境や感情が色濃く反映される。見る人それぞれの人生経験がモノを言う。全く同じ人生を歩んできた人はいないのだから、それぞれの鑑賞があって良い。それぞれの経験によって感じ方は様々のはず。登場人物に感情移入できるのも、自分との対比によって生まれる。それはその人だけの鑑賞だし、感想で良いはず。それで、何度でも見たい作品で会えたらこんなに素敵なことはない。

とにもかくにも映画が好きである。ここでは日々の映画鑑賞の中で思ったことを、全く私的に書き綴っていく。さて、今日はどんな映画を見ようか。

« 夢のつづき | トップページ | 「僕の彼女を紹介します」私的映画考Vol.1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/3831527

この記事へのトラックバック一覧です: 私的映画考:

« 夢のつづき | トップページ | 「僕の彼女を紹介します」私的映画考Vol.1 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ