« 「宿命」東野圭吾 | トップページ | 「月のひつじ」私的映画考Vol.5 »

2005/05/02

tobioの話

私のハンドルネーム「tobio」の話。tobioは手塚治虫のマンガ「鉄腕アトム」に出てくるキャラクターの名前。アトムはロボットで、トビオは人間。科学省長官の天馬博士の愛息の名。その息子を交通事故で亡くし、代わりに科学省の技術の全てを注ぎ込み、10万馬力のロボット・トビオを誕生させた。これが後のアトムである。

子供の頃から手塚マンガが大好きで、未だに読み続けている。そこでハンドルネームも手塚マンガから頂戴しようと思い立ったのが”トビオ”である。いろんな所で使っている。

あまり知られていないが、アトムの生みの親、天馬博士のフルネームは天馬午太郎(うまたろう)という。1966(昭和41)年生まれの丙午(ひのえうま)。私と同い年である。マンガでは2003年頃には科学省の長官であった。37歳で科学省の長官というのは異例の出世であろう。

« 「宿命」東野圭吾 | トップページ | 「月のひつじ」私的映画考Vol.5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: tobioの話:

« 「宿命」東野圭吾 | トップページ | 「月のひつじ」私的映画考Vol.5 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ