« 出崎統監督最新作「雪の女王」 | トップページ | 明日はサッカー日本代表戦 »

2005/05/21

ホームシアターを作ろう!Vol.5

●液晶プロジェクター登場!

ワイドテレビ+5.1chアンプのホームシアターでDVD鑑賞を楽しんでいたが、画面の大きさに物足りなさを感じていた。ホームシアター関係の本に「画面の大きさは音の大きさに合ったモノがよい」。確かにその通りだ。ホームシアターと言えばやっぱり液晶プロジェクターだ。

2001年5月、前の会社を退職し、思わぬ現金が手元に入った。そこで液晶プロジェクターを物色し始めた。三管式はまだまだ高価だったため、ソニーから発売される単管式DSC03490 <シネザ>VPL-HS1に注目した。通常、投影方向は直線だが、このシネザは斜めからでも投影可能。日本の住宅事情を考慮した製品である。2001年9月。とうとうVPL-HS1を購入。31万円也。青いボディの可愛いヤツ。

それと合わせて投影用のスクリーンを購入した。4:3型と16:9型があるが、部屋の構造から100インチの4:3型を購入。手動式なので長い棒でカラカラと引き下げる。ロールアップスクリーン キクチ科学 SBSR 100PROG。11万円也。

これで、音響と画面がつり合った大画面ホームシアターが完成した。大きな音での鑑賞にも耐えられるようになった。やはり、見上げるほどの大画面はDVD鑑賞をより楽しむためのアイテムである。

現在、液晶プロジェクターをはじめ、5.1chホームシアターセット等、手軽にホームシアターを楽しめるようになった。家電量販店でもホームシアターを体験できるような展示もしてある。5.1ch音声の臨場感も凄いが、大画面による鑑賞ははまること受け合い。映画館は大勢の人のためのシステムで、ホームシアターは個人に向けてのシステムである。多くの人に、好きな時間に好きな作品を、高音質、高画質でDVD鑑賞を楽しんでいただきたい。

次回は、その後の改良をご紹介予定。

« 出崎統監督最新作「雪の女王」 | トップページ | 明日はサッカー日本代表戦 »

ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

ホント良い時代になりましたよね。
やっぱりDVD普及の恩恵でしょうね。それからホームシアターと言う言葉が聞こえるようになって、プロジェクタが普及したんですよね。

私はソニーっ子なので他のメーカーはあまり考えませんが、良い機種が沢山あるのは事実ですね。

シネザの画質には今のところ満足しています。他機種と比較しないからかもしれません。ファンノイズは最初は気になってましたから大きめなかもしれませんが、慣れたので気にならなくなりました。

上を見ればきりがないですが、欲はでますねえ。

こんなトコロから書き込みをさせて頂きます(^o^;

昨今のプロジェクターの高性能化と低価格化は、
映画ファンにとって嬉しいですね。

高値の花とは言えなくなってきているどころか、
機種選びでどれにしようか迷えるほどのラインUP!で。

まったく良い時代になりました(^o^)

シネザの画質はどうですか?
ファンノイズは大きくありませんか?

こっちゃんの機種はサンヨーLP-Z1というヤツです。
まだまだ現役ですが、そろそろ次世代機が欲しいですネ。

   こっちゃん

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/4219922

この記事へのトラックバック一覧です: ホームシアターを作ろう!Vol.5:

« 出崎統監督最新作「雪の女王」 | トップページ | 明日はサッカー日本代表戦 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ