« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

2005.07映画鑑賞総括

7月の劇場での映画鑑賞は7本。今年の累計63本。今月は少々ペースダウンです。少しサボっている間に大作がポンポン始まり、シネコンのスクリーンを占拠してしまい、上映時間がどんどん合わなくなり、見そこなった作品も多かったです。油断は禁物です。

0701  ハウスオブザデッド
0704  バットマンビギンズ
0706  宇宙戦争
0709  海を飛ぶ夢
0715  スターウォーズエピソード3シスの復讐
0720  アイランド(試写会)
0729  マラソン

今月はSF、アクションが多かったです。とりわけ「宇宙戦争」VS「スターウォーズ」が注目です。スピルバーグVSルーカスというくくりですね。スピルバーグ作品は日常を描いた作品や事実に基づいた作品なんかも良いですが、SFやアクションは本領発揮と言った感じで好きです。それに、思わず笑ってしまうようなユーモラスなシーンがあるのも忘れてはいけません。

「宇宙戦争」は宇宙人と人類との戦いの物語。友好的な宇宙人との交流を描いた「未知との遭遇」や「E.T.」とは一線を画する作品です。スピルバーグの監督作品ではないのですがドラマ「TAKEN」も良かったです。宇宙人は昔から人類を見ていた。第2次大戦から現代まで、宇宙人と関わってきた人間、家族たちを、大河ドラマのように描いていきます。

そこに、宇宙人との混血として登場するのが、「宇宙戦争」にも出演のダコタ・ファニング。不思議な能力を持ち、忌み嫌われます。敵対するのか共存するのか、人類には選択肢があるかのようでした。が、「宇宙戦争」には一切の選択肢はありませんでした。自分が家族が生き残るためには?そんな人間の醜さ、愚かさまでを描いた作品です。そう言う意味では、「TAKEN」は「未知との遭遇」と「宇宙戦争」の中間なような作品なのかもしれません。いずれにしても、スピルバーグ作品は宇宙への憧れをかき立てられます。

「マラソン」も良かったです。自閉症の青年とその家族、先生の姿を、マラソンを通して描く感動作。自閉症の主人公を演じるのは「ラブストーリー」「H[エイチ]」のチョ・スンウ。個性派、演技派の韓国俳優。「ラブストーリー」では木訥とした青年を、「H[エイチ]」では狂気の犯罪者を、そして本作「マラソン」では、自閉症の青年を演じ分けます。

母と子、父と子、コーチ、兄弟、様々な人間関係、そこにある感情。喜び、悲しみ、怒り、強さ、弱さ・・・。こんなにも愛情深く、温かく、優しい気持ちがあるんだと。手と雨と笑顔が印象的な本作はオススメの一本です。

毎年、7,8月は大作があったり、子供向け作品が多かったりで、観る作品が少なくなってしまいます。9月になれば通常通りの公開ペースになると思われますので、少しだけ辛抱です。

2005/07/30

マイドキュメントの使い方

Windowsには「マイドキュメント」と言うのがあります。皆さんはどうやって使ってますか?私は標準である「マイドキュメント」フォルダではなく、別のフォルダを「マイドキュメント」として使っています。

通常、MSオフィスの新規文書等は「マイドキュメント」に保存されます。「マイドキュメント」から、目的のファイルを直接クリックして起動する事もあります。しかし、マイツールのデータもよく使います。エクセルやワードも使います。それぞれに得意な作業がありますから、適材適所に上手に使い分ければいい訳です。

MTは基本的にテキスト形式で保存されています。それもページ主義。1ページの面積が決まっているのはエクセルと同様ですが、エクセルのシートと比べると1ページの面積はかなり小さいです。そこで、同様のデータを大量に使う場合は複数ページに保存します。サーチ(SH命令)やソート(S命令)をする時は複数ページを指定したり、グループ指定をしたりします。

で、このページ主義のデータを一つのファイルとして保存する事が出来ます。WFL(ライトファイル)命令です。通常のMTの保存形式のままメールでの送信は面倒ですが、WFL命令作ったファイルはカンタンに送信出来ますし、共有も出来ます。エクセル同様、ファイル名をクリックして起動することもできます。このWFL命令を実行すると通常「MYFILEX」フォルダにファイルが保存されます。

このMTとMSオフィス関係の2種類のファイルを一緒に管理したら仕事もしやすいし、使いやすいし、バックアップするときも一度に両方が出来ますからカンタンで便利です。

手順をご紹介します。

  1. 「マイドキュメント」を右クリックします。
  2. メニューがでますのでプロパティを選択します。
  3. 「ターゲット」のタブから、「移動」をクリックし「C:\MTFREE\MYFILEX」を指定します。
  4. 「適用」をクリックし、プロパティを閉じます。

こうすると、「マイドキュメント」を開くと、「MYFILEX」が表示されます。その他の画像ファイルもすべて、「マイドキュメント」に入れてあります。「MTFREE」フォルダをバックアップすると、「MYFILE」も従来の「マイドキュメント」も保存されますので、便利です。

様々な仕事は、マイドキュメントから始まるわけですから、効率も良いというものです。結構カンタンで便利ですから、ぜひお試し下さい。

2005/07/29

プリウスくんが行く!Vol.9

●ドキドキ!ETC編 その2

前回、ETCを設置して、もろもろのサービスを登録した事を書きました。準備が出来たので早速ETCドライブへ行ってきました。

お天気が良かった日曜日。TVを見ていたら、これから行こうと思っている高速道路が事故で通行止めというニュース速報。「目的地は通行止めの手前だから良いか」って事で、かまわずに出発!

まずは、エンジン始動。財布からETCカードをとりだして、車載機の本体に挿入。裏表を間違えないように挿入します。すると「カードを確認しました」と言うアナウンス。これでいつでも高速道路へ入れます。

自宅を出発して新潟中央料金所を目指します。一般道を走る事10分。まもなく料金所。手前の一般道路は片側2車線。中央寄りにETCの専用ゲートがあるのは分かっていましたから、右側の車線を走行。いよいよゲートが近づきます。バタンと開くのを期待しつつ接近。ところが!左側車線を走行中の車が突然、ウインカーを表示してプリウスくんの前に割り込みます。

「あーあ」ため息が漏れます。割り込んだ車がゲートを開き、私はすぐに続いていたので、ゲートは開いたまま。仕方なく「通行可」と言う表示を確認しつつ料金所を通過します。「ドキドキの初体験だったはずなのにー。」グチっても仕方がない。まずは第一関門突破。高速道路にノンストップで進入しました。

目的地を目指して高速道路を走ります。高速道路ではオートクルーズ機能を使います。同じスピードで走るのが燃費には一番と言う事で、追い越す時以外はおとなしく走ります。飛ばす人もいますから追い越していく車が沢山います。

走る事30分。目的の津川ICが近づきます。小さな料金所なのでゲートは2つ。ETC専用は左側。右側のゲートには先ほど追い抜いていったと思われる車が5台ほど列をなしています。このICの先は通行止めだから、皆、高速道路を降りざるを得ません。列をなしている車を後目に、ETCゲートを通過。今度は前方に車がいませんからゲートがバタンと開きます。料金は「1350円です。」料金所の表示と社内のスピーカからアナウンスがあります。

実験のために高速道路を走ったようなものなので、帰りはあちこち寄り道をしながら一般道を走ります。ドキドキしましたが、ちょっと楽しい体験でした。

2005/07/28

FNS 25時間テレビ「THE WAVE」

7/23~24に放送されたFNS25時間テレビが終わりました。ハプニングと思われるような演出が多々あるし、笑って、泣けて、感動できた良い番組でした。その中で放映された企画の一つ、明石家さんま主演、お笑い芸人出演(内村光良、宮迫博之、久本雅美、堀内健、青木さやか、ヒロシ他)のリアルタイムドラマ「THE WAVE」。25時間テレビと同時に、同じ時間軸で進行するという企画でした。

前回、25時間丸ごと録画して、全話見ようと考えていたことを書きました。予約はしたものの、HDDレコーダーが悲鳴を上げそうな気がして、ちょっと心配。序盤はリアルタイムに生放送を視聴。さすがに眠たくなったので、24時くらいには就寝。翌朝は、追っかけ再生でどんどん見ます。それでも見る事ができなく、ようやく7/25の夜にはほぼ見終わりました。

早送りで再生した部分もありましたが、「THE WAVE」は全て鑑賞。ちょっぴりでも笑いを期待していましたが、最後まで笑いは無し。ドラマ初出演の芸人さんも多く、皆、真摯に演じていました。犯人役はホリエモンだったら笑えるのに(洒落が過ぎますか?)なんて思ってはいましたが、見事に外れました。テレビに対する熱い想いが伝わってくる作品でした。合間に入る、出演者のインタビューはメイキングの要素もあり、舞台裏を少しだけ覗く事が出来ました。

全エピソードは以下の通り。

EPISODE 1  0723  20.23
EPISODE 2  0723  21.30
EPISODE 3  0723  22.33
EPISODE 4  0723  23.42
EPISODE 5  0723   1.08
EPISODE 6  0724   9.23
EPISODE 7  0724  10.21
EPISODE 8  0724  11.20
EPISODE 9  0724  12.19
DIGEST
EPISODE 10 0724  17.02
EPISODE 11 0724  17.50
EPISODE 12 0724  20.05

おそらくDVDも発売される事でしょうが、その中にはメイキングやインタビュー、NG集なんかの入った完全版を期待します。NGと言えば、EPISODE 1のタイトルの日付が7/22になっていたんですが、あれはNGでしょうねえ。

2005/07/27

テンプレート変更

夏らしいテンプレートに変更してみました。深い海の中を思わせるイメージのデザインです。下の方へ行くほど、色が濃くなって、海の底へ静かに降りていくような感じです。

デザインを変えると新鮮です。まったく新しい事をしているみたい。ま、内容は変わらないんですけどね。

タイフウイッカ

台風7号の影響で、今日の新潟地方は朝から曇り空。時々雨は降ってくるし、風も強い。台風が近づくとちょっとだけワクワクするのはなぜなんでしょう。

午後になると厚い雲に覆われてはいるものの、台風一過とは言えないまでも時々青空がのぞくようになりました。実を言うと子供の頃は、ニュースや天気予報で聞くこの「台風一過」と言う言葉を、「台風一家」だと思っていました。(^_^;) 台風のようにドタバタ大騒ぎしているような、サザエさんのような家族のことかと。もちろん「台風が通り過ぎて、風雨がおさまり晴天になること」の意味です。漢字が分かればなんてことはないのですが、子供の頃は、「イッカ」と言えば「一家」ですからねえ。

今年は異常気象も甚だしく、台風の進路もおかしいらしい。いったい地球はどうなってしまうのでしょう。台風シーズンはこれからが本番。今年こそは大きな被害がない事を祈ります。

2005/07/26

防水のデジカメ

会社でデジタルカメラを買う事になり、私が選ぶように言われたので、各社のデジタルカメラのカタログを集めて色々と研究してみました。「生活防水程度の防水機能があるモノ」という要件だったので、そんなのあるんかいなと思っていましたが、捜してみるとあるんですね。

私が個人的に使っているデジカメは当然のようにソニーのサイバーショットなので、他のメーカーにどんなカメラがあるのかはよく分かりません。某大型カメラ店のお姉さんに「防水はどれ?」と聞いて、3社のカメラを紹介してもらいました。

  • オリンパス CAMEDIA μ(ミュー)DIGITALシリーズ3機種
  • ペンタックス OPTIO WP
  • ニコン COOLPIX S2

オリンパスとニコンは生活防水ですが、ペンタックスのOPITIO WPは水深1.5mまでの水中撮影が可能というモノ。水中撮影するならば、ゴテゴテとしたスポーツパック・マリンパックを装着する事を想像していましたが、そんなモノを必要としないデジカメがあるんですね。驚きです。

当社の場合、建設現場等で使うので、少々のホコリと水がある事が想像されます。生活防水であれば、水しぶきや小雨くらいなら大丈夫のようなので、この程度で良いのかもしれません。それにしても、最近のデジカメはより小さく、より高画質で、安価になってきました。

2005/07/25

プリウスくんが行く!Vol.8

●ドキドキ!ETC編 その1

最近、高速道路を利用する事が多くなってきたので、ETCの導入を検討していました。調べてみるとハイウェイカードのような前払での使い方も出来るし、時間帯による割引なんかもあって、色々便利のようでした。

で、まずはETCカードの発注。クレジットカードで買い物を良くする私としては、よく使うカード会社はいくつもあります。各社それぞれのキャンペーンもやっているので、色々吟味してみました。アプラスカードだとティーポイントも貯まるらしいので、さっそく申込。7月の初旬にネットから発注しまして、届いたのが中旬頃。約2週間ほどでした。

次はETC車載機です。これも様々なタイプがあり。本体価格は9800~15000円ほど。この他に取付工賃とセットアップ料が掛かります。こちらは合計で5000~10000円ほど。

車載機には、アンテナとカードを挿入する本体とが分かれているアンテナ分離型と、2つが一体になったアンテナ一体型があります。防犯上、アンテナ分離型の方が良さそうでした。検討した結果、パナソニックのCY-ET900KDを選択。プリウスくんの内装がグレーっぽいので本体は黒いタイプを選びました。設置場所はハンドルの左下。一見、外からは見えないような場所にしました。作業時間は約1時間。

設置が終わったら、日本道路公団のETCサービスのホームページから前納割引サービスの登録申請をします。本来は正式な通知が書面で来てから利用できるのですが、期限付きパスワードを発行したので、すぐに利用開始できました。さっそく、1万円分を購入。ハイカと同じように10500円分利用できます。よく利用する場合は5万円購入すると、58000円分利用できてかなりお得です。

続けてマイレージサービスの登録。ETC無線走行で支払った料金に対してポイントが付き、還元されるサービスです。前納割引サービスとは重複しないようですが、とりあえず登録しておきました。高速道路5000円利用で200円還元、50000円利用で8000円の還元です。なので、利用金額が少ない場合は、前納サービスの方がお得です。詳しくはマイレージサービス概要ページをご覧ください。

前納もマイレージも事前に登録が必要なので、とにかく登録することが肝要です。準備も万端整ったので、いざ、ETCドライブへ出発です!

2005/07/24

「せつない」について

映画を見ていたり、音楽を聴いたりしていて、「せつない」と言う感情を抱く事が良くあります。私は「せつない」は良い意味で使う事が多いです。人によってはマイナスのイメージで使う場合もありますが、私は「せつなくて良い」と思います。

「トリコロールに燃えて」と言う作品は、3人の男女が友情と愛情で結ばれ、戦争の時代を生き抜く話し。別れたりくっついたり、アッという間に3年とか過ぎたり。時代に翻弄されつつも懸命に生きる人々の、せつないラブストーリーでした。この作品を見ている時も「せつない」なあ、でもそれぞれに良い人生だったんだろうなあと思いました。

チャン・イーモウ監督の「LOVERS」もせつない映画でした。チャン・ツィイーは悲しそうなまなざしでした。私は悲しそうな瞳が好きなのですが、この作品のチャン・ツィイーの瞳がまさにそうで、「せつない」のです。そう言う女性は笑顔が魅力的です。憂いのある感じ。もちろん良い意味です。悲しみを知っている人は優しいからなのでしょう。

「せつない」映画は沢山ありますが、その中には自分との対比で様々な想いを巡らす事でしょう。初恋の淡い思い出なんて最たるモノですね。

2005/07/23

県境の幅

以前から思っている素朴な疑問。「県境の幅」は何cmなんだろう?はたまた何mなんだろう?誰に聞いても納得のいく説明をしてくれる人はいません。そもそも、そんな事に疑問を持つ事自体おかしいと言われてしまいます。だって、疑問に思ったんだから仕方がない。

数年前、「進め!電波少年」と言うTV番組で、外国を旅する企画が良くありました。そこには、国境をまたぐシーンが良くあったのです。その時は5~10cmほどに見えました。日本は島国なので、国境は海上にあります。そうするとどこが国境なのかを意識する事はあまりありません。だからかもしれませんが、県境がどのくらいの幅なのか、気にした事がないのでしょう。

磐越道を走っていくと新潟県と福島県の境目はトンネルです。そうすると、太い線がトンネルの壁面に書かれていて、その左右にこっちが新潟県、ここから福島県と矢印があります。その太さから察するに、60cmから100cm。「おお、これがもしや県境の幅なのかも」と思ったモノです。その他、川で区切られている場合も少なくありませんからその場合は日本の国境と似ていて、不明瞭。

地図には県境は点線で記されているモノの、それを実際に見た事はありません。県境は地図上の便宜的な線であって、”無”なのでしょうか?それともやはり、こんな事を疑問に思う事はおかしい事なんでしょうか?

2005/07/22

ネットオークションのススメ Vol.3

ネットオークションで必要なモノと言えば、まずはデジカメでしょう。商品を説明するのにこんなに明確に表現が出来る道具はありませんからね。

私が商品の撮影をする時に心掛けているのは、奥行き感を出す事。写真というのは平面なんですが、商品を斜めに置いたりして、アングルを変える事によって、奥行き感が出ます。それと、悪い部分(汚れ、へこみ、傷等)があったらその部分をクローズアップにして撮影します。

次に必要なモノは、ネット銀行の口座。通常、振込手数料は落札者負担です。全国の人々と取り引きする訳ですから、銀行が違うと振込手数料も気になるモノ。都市銀行が便利かと言えば、そうとも言えず、地方では地方銀行が使いやすいモノ。その点、ネット銀行は全国どこからでも安価な振込手数料で送金が出来ます。

私は「ジャパンネット銀行」をメインに使っています。ジャパンネット銀行内では手数料は振込金額にかかわらず手数料は52円。他の金融機関宛は3万円未満は168円、3万円以上は262円とこれも安価でしょう。

ネット銀行が面倒だという人は、郵便貯金の口座ぱるるが便利です。こちらは全国の郵便局のATMから送金が出来ます。なので、ネット銀行とぱるるの2本立てがあれば安心です。

ヤフーオークションで出品するのであれば、「Yahoo!かんたん決済」の口座を開いておくとなお良いでしょう。落札者が地方銀行のみを利用している場合、クレジットカードで決済した場合の方が、手数料が安くなる時があります。

出品する場合、落札者に喜ばれる体制を整えておく事が、安心した取引に繋がるように思います。

2005/07/21

ぬり絵の旅

旅行が好きで、国内旅行専門ですがあちこちへ出掛けています。何年か前に阿刀田高(あとうだ たかし)氏の「ぬり絵の旅」と言う小説を読み、感銘を受けました。その本には、足を踏み入れたことのある都道府県を白地図に記していく、と言うのがありました。

通過したとか電車を乗り換えたとかというのは無しにして、観光をした、出張で行った、研修で行ったと言う風に何か用を足した場合のみ塗りつぶします。私も真似をしようと、白地図を購入しましたが、結局やりませんでした。パソコンならということで、フリーの白地図ソフトをインストールして、色付けをしていました。

で、その本を読んだ時(確か10年ほど前ですが)に数えたら、約半分の都道府県に行ったことがありました。それから10年、今日あらためて数えてみたら残りは13道県。

北海道、岐阜、山梨、三重、和歌山、岡山、広島、島根、山口、香川、高知、鹿児島、沖縄

両端に行ってないのと、中部、中国、四国地方が多いです。日本地図を思う浮かべて見ても、行ってない地方はもやもやと雲がかかっているようで、はっきりと書けません。

今一番行きたいのが広島。それも尾道に行ってみたいです。大林宣彦監督の映画が好きなので、その舞台となった尾道を歩いてみたい。「転校生」「さびしんぼう」「ふたり」等々。2泊3日で尾道の旅なんて最高です。あとは、季節の良い時に、北海道と沖縄。

色々と行きたい場所はありますが、時間とお金が掛かるモノ。なかなか行く事ができません。好きな場所は何度も行きたいし、行ってない場所へも行ってみたい。今度はどこへ行こうかな。

2005/07/20

「アイランド」試写会へ

今日はユナイテッドシネマ新潟で行われた「アイランド」の試写会へ行って来ました。「バッドボーイズ」「ザ・ロック」「アルマゲドン」「パールハーバー」のマイケル・ベイ監督の本格SF作品と言う事で、かなり期待していました。

昨今の盗撮、海賊版事件から来る著作権問題に配慮してか、今日の試写会は厳戒態勢でした。列に並んでいると、ナントカ警備保障という感じの人々が現れ、何かいつもと雰囲気が違います。確かに試写状には持ち物検査をしますとかなんとか書いてありました。入場が始まるとカバンの中身を確認し、飛行機に乗る時にピーッと鳴った人にする、棒の先に丸い輪っかの付いた器具で身体を調べます。これを全員にやるし、再入場する時にもまた調べます。上映中も数人の警備員が立って監視しています。警備員さんは仕事だろうけど、ちょっとかわいそうな気がしました。

内容はと言えば、時は2019年。高度に情報化され管理された社会に、人々は生きていた。外の世界は汚染されていて、唯一「アイランド」と言われるユートピアに皆は希望を抱いていた。しかし、主人公のリンカーン(ユアン・マクレガー)は悪夢にうなされ、この世界は何処かおかしいと思っていた。この世界はいったい何なのか?アイランドはどこにあるのか?謎が謎を呼ぶスペクタクルロマン。

相変わらず動き回るカメラで、スピード感はたっぷり、個性的でおもしろいアングルで魅せるマイケル・ベイ監督作品は実に見応えがあります。今までの作品はジェリー・ブラッカイマーとのタッグでしたが、今回は独り立ち(?)し実力を思う存分発揮します。美しい映像と、淡い色合い。手に汗握るカーチェイスにアクションシーン満載で、この夏の映画界を席巻するのは間違いありません。ぜひご覧ください。今週末7/23全国ロードショー公開です。

2005/07/19

投資信託って

マイツールを使って、私個人の資金繰りをしています。と言うのもほとんどの買い物をクレジットカードでするので、購入する度に、データ入力して月々の支払の管理をしています。1行1データで購入日、支払日、カード会社、品名、金額を入力して、日付ごとにソートしています。カード以外の支払も入力して、これでおおよその資金繰りができます。

他に、各口座、定期預金等の残高を入力して、総残高を算出。次々の残高の推移も見る事ができます。その中に、投資信託の残高も入れているのですが、これがよく分からないのです。

マネープラス」という初心者向きのマネー雑誌を愛読しています。そこで、勉強したつもりではあるのですが、儲かっているのかどうかがよく分からないんですね。投資信託は共同出資して、プロに資金運用をお任せします。その辺までは分かるのですが、3ヶ月に1度、「取引残高報告書」なるモノが送られてきますが、その中身がよく分かりません。「時価評価額」が積み立てした額より大きければいいのかなあ。もうちょっと勉強してみようと思います。

2005/07/18

FNS ALLSTARS 25時間テレビ

毎年恒例のFNS夏のイベント「FNS ALLSTARS 25時間テレビ」。今年は7/23、19:57~の放送。昨年までは27時間テレビでしたが、今年は2時間短縮で25時間です。

私が尊敬する3人のウチの一人の明石家さんまさんが出演すると言う事で、毎年欠かさず見ています。今年はいつもの企画の他にFNS25時間テレビ・スペシャルドラマ「THE WAVE!」と題して、25時間の間にドラマを放送。1時間に1回5~10分の放送枠になるらしいです。内容は人気ドラマ「24 TWENTY FOUR」っぽいサスペンス。リアルタイムに物語は進行し、25時間テレビならではの企画です。さんまさん主演で、内村光良、宮迫博之、久本雅美、堀内健、青木さやか、ヒロシ他のお笑い芸人総出演のキャストで楽しませてくれる事でしょう。笑いはないみたいですが、密かに期待はしています。

で、25時間テレビ内での詳しい放送時間がまだ分からないのですが、このドラマを全部見るにはどうしたら良いか?!と思っていました。とても25時間起き続ける訳にはいきません。

が、ここでHDDレコーダーの登場です。25時間丸ごと録画してしまえば、なんてことはありません。RDR-HX100が大活躍!毎週録画が予定されていた予約は、全てNDR-XR1へ変更です。長時間録画をして、いらない部分は削除する。HDDレコーダーならではの使い方と言えるでしょう。いずれはDVDで発売されるのでしょうが、すぐに見たいのがファン心理というモノ。

2005/07/17

ティーポイント取得計画

以前、ティーポイントで映画鑑賞をした話しを書きました。ティーポイント300、500、1000ポイントでそれぞれの金額として、ワーナーマイカルシネマズで割引クーポンとして使えます。そこで、各種カードやポイントシステムを利用してティーポイントを増やす方法を策定中です。

私がよく利用するモノの中で、この3つはANAのマイルに交換できます。で、7月1日からこのANAマイルをティーポイントに交換できるようになりました。10000マイル=10000Tポイント。10000Tポイントあれば、1000円×10回は安価に映画鑑賞できる訳です。

ただ、15000マイルあると国内往復無料航空券に交換できるので、こちらの方がお得なのは言うまでもありません。旅行の予定があれば、あえてティーポイントに交換する事はありませんが、予定がなければティーポイントに交換して映画を見れば良いです。

この他、

での購入でもティーポイントになります。私がよく利用するモノだけでこれだけありますから、他にもまだまだあります。それぞれ還元率も異なってきますので、詳しくは各社ホームページを参考にしてください。せっかく貯まるポイントですから、効率よく貯めて、賢く利用していきたいです。

2005/07/16

悲しみの連鎖「SWEP3シスの復讐」

「スターウォーズエピソード3シスの復讐」を見てきました。シリーズ完結にふさわしい大迫力の映像で、見応えたっぷりの作品でした。後半3部作と前半2作の間の疑問・謎を、ジグソーパズルのピースをひとつひとつはめるようにして埋めていきます。

アナキン・スカイウォーカーが、なぜ、ジェダイ騎士から暗黒面へ落ち、シスに寝返るのかと言うのが最大の疑問でしたが見事に答えてくれました。そこには愛があったのです。ジェダイ騎士には愛は御法度。にもかかわらず、パドメとの愛に身を焦がすアナキン。エピソード1から描かれていた愛の物語は全てこのためだったのかと思えます。

愛するがゆえに悲しみは続き、悲しみは悲しみを呼び、ついには共和国崩壊、ジェダイ騎士団壊滅という悲劇を呼びます。最終的には怒り、憎悪、嫉妬が引き金なのでしょう。

「エピソード6ジェダイの帰還」のルークとレイアの会話に「母親を憶えているか」「綺麗な人でした」と言うのがあったのですが、そこは矛盾するように思いました。あれは育ての親の事だったのか?私は産んだ母親の事だと思っていました。

それと、アナキンの父親は誰だったのか?疑問が少しずつ残りました。

2005/07/14

「夢のつづき」の話し

まもなく、このブログを始めて丸3ヶ月。映画の話し、プリウスの話しなんかを中心に、普段思っている事、いろんな事を書いてきました。いつもご覧いただいている皆様に感謝です。この辺で、ブログの名前にしている「夢のつづき」について書いておきます。

そもそもは安全地帯の数ある名曲の中でも、私が一番好きな歌「夢のつづき」から拝借しました。「安全地帯Ⅳ」の1曲目に収録されている歌で、とても穏やかで、優しい雰囲気の曲なのです。オリジナル版も好きですが、玉置浩二が安全地帯の曲をセルフカバーしたアルバム「ワインレッドの心」に収録されているこの曲も、また違った感じがして大好きです。

「夢のつづき」(抜粋) 作詞:松井五郎

夢のつづきはこもれ陽
静かなあなたの瞳
遠くでピアノが聴こえてる

夕暮れ思い出
記念の指輪捜した
あなたに似合った それだけで

あの日そろいの帽子は
どんな街角にいても
ひとつに広がる空を知っていた

あなたがいるから
いつもあたたかいから
何より優しく暮らしたい

どれほど季節が
どれほど巡りきても
楽しかった日々を忘れない

この記事を書きながら、オリジナル版を聴いてみましたが、やっぱり良い曲です。

それと、映画ってのは”夢”だと思うんですね。自分では経験できない事、考えつかない事そんな夢の世界を再現してくれて、疑似体験できる。それは良い夢かもしれないし、悪い夢かもしれない。怖い夢だったり、悲しい夢だったりもします。でも、それも現実に起こりうる事。本当は、映画も現実も含めて全てが素晴らしい世界だったら、こんなに良い事はありません。そんな意味も込めて「夢のつづき」を生き続ける私たちは、いろんな事を考え、いろんな事を経験し、成長し続けていけたら良いなあなんて思います。

毎日、記事を書くように心掛けてはいますが、書けない日もあると思いますが、興味を持っていただけるように、いろんな事を書いていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。

2005/07/13

ルークとアナキン

今夜(7/13)は、TBS系列で「スターウォーズエピソード6ジェダイの復讐・特別編」を放送しています。スターウォーズにはいくつものバージョンがあって、今回はおそらく劇場公開版の特別編なのでしょう。

昨年発売されたエピソード4~6のDVD-BOXに収録されているモノとは違うのでしょう。DVD版は特別編から、さらに変更があり、ラストシーンに現れるアナキン・スカイウォーカーはヘイデン・クリステンセンに変わっていました。今夜はどうでしょうか?そもそもDVDではサブタイトルが「ジェダイの帰還」に変わっていますからね。

エピソード4~6と、エピソード1~3はそれぞれに共通点がいくつもあって、古くからのファンにはたまらないです。その中でもルークとアナキンの共通点が興味深いです。

エピソード5と2のラストで右腕を切り落とされるのもその一つですが、衣装の色も似ています。エピソード4と1では、ルークとアナキンは白い衣装でしたが、5,6、2,3と進むにつれて黒い衣装へと変わっていきます。これはダークサイド(暗黒面)へ近づいている事を暗示しているとか。

私が初めて映画を一人で見に行った作品が「エピソード4・新たなる希望」でした。あれから20数年。とうとう伝説の完結です。そろそろ伝説の完結を見届けに「エピソード3・シスの復讐」を見に行こうと思っています。スターウォーズだけは劇場に座り、始まる直前に暗くなるまでドキドキします。

プリウスくんが行く!Vol.7

今日は番外編と言う事で、プリウスくんのミニカーをご紹介。 DSC03826

TOMYトミーのトミカシリーズとして2004年3月に発売された、フルモデルチェンジ後の現行モデルです。No.106「トヨタ プリウス」。発売時には初回限定カラーのモデルが同時に発売されます。発売の報を知り、大型玩具店をハシゴして購入したのが「青プリ」限定モデル。通常モデルは「銀プリ」です。

子供の頃にミニカーで遊んだ記憶はあまりなく、久しぶりにミニカーを手に取りましたが、これが実に良くできています。ハッチバックが開閉します。これで300円そこそこなんですから凄いですよね。この時以来、なんDSC03827 となくミニカーが好きになりました。

納車前だったので、ワクワクしながら手に取った覚えがあります。やはり自分の乗る車がミニカーとしてあるのは嬉しいモノです。

2005/07/12

次のパソコン雑誌を

数年前からパソコン雑誌を読みあさっていました。前の会社で定期購読していた「日経パソコン」に始まり、日経BP社の雑誌を中心に読んでいました。途中で買うのを止めた雑誌もありましたが、ここ数年でパタパタと休刊していきました。2002年に「日経モバイル」、2004年に「日経ネットナビ」と続き、2005年7月号で最後の砦「日経クリック」が休刊。

「モバイル」はモバイラーな私にとっては、PDAやらモバイルパソコンやらとっても勉強になりました。「ネットナビ」はインターネットの過渡期は情報が次々と変わる中、これまた勉強になりました。「クリック」は仕事にも遊びにも使えるパソコン雑誌として重宝していました。

最近ではカセットテープやビデオテープをCDやDVDにする、アナデジ変換なんか興味深く読みましたし、Windowsの設定の記事やHDDレコーダーの記事、フリーソフトの紹介なんかもかなり楽しめました。そもそも、プリウスくんに一番最初に興味を持ったのも、「日経クリック」の記事からでした。

創刊号から買い続けていた私にとって見れば、すごく悲しいです。確かにこれだけインターネットが普及した今、欲しい情報はネット上を探せば見つかります。それはそれで良いのですが、一覧性がある雑誌媒体は、関心があるモノはより深く、興味のないモノはそれなりに読む事ができるのです。

次のパソコン雑誌を何にしようかと、立ち読みしてみますが、何となく違う感じがして困っています。読まないならそれでも良いのかなとも思いますが、情報源としてあった方が良いかなとも思うんです。会社で「日経情報ストラテジー」を(銀行関係で仕方なしに)定期購読していますが、どちらかと言えばビジネス誌なので、これもちょっと違うんですね。うーん。どうしたものでしょう。

2005/07/11

NTT DoCoMo FOMA P2402

4月にPHSをFOMA P2402に買い換え使っていました。PHSよりも高速で、電波も安定していると言う事で、使用感は満足していました。

ところが、5月使用分の請求書がやってきてビックリです。請求金額が28000円!従来、mova+PHSの2回線でファミリー割引等を利用して6000円程度の請求でしたが、5月は5倍弱の請求。25万パケットも使用していたのです。確かに5月は2回泊まりがけで出掛けましたから、その分、パケットが増えるのは分かりますが、PHSのように割安な料金がなかったのです。

と言う事で、7月から料金体系の変更をしました。お得な料金が新設されたのです。「データプランSパケットプラス」です。ファミリー割引後基本使用料2278円/月、無料パケット10万(5000円)、パケット通信料0.0525円/パケット。これなら少々利用してもそれほどの金額にはならないでしょう。

6月分は以前の料金設定ですが、請求書がそろそろ来る頃なので少し気になっています。1度泊まりがけで出掛けたのでどうなることやら。料金設定は微妙なんですよねえ。

2005/07/10

「アポロ13」私的映画考Vol.16

DVDを買い始めた頃に購入した作品に「アポロ13」があります。ロン・ハワード監督が好きで、中でもこの作品はかなりのお気に入り。最初のDVDはCDサイズのジュエルケース仕様。それが、10周年を記念して2枚組、dts、トールケ-スとして「10th アニバーサリースペシャルエディション」として発売。さっそく買い換えました。

今までに何度見たか分からないくらいですが、久しぶりに観たので、だいぶ忘れていました。前のDVDより映像が綺麗になっているように思えましたし、音声はよりクリアに再現。13号打ち上げのシーンは美しく、荘厳で、感動的です。何とも言えない緊迫感で、迫力のある演出は、ロン・ハワード監督特有のモノという感じで、大好きです。

アポロ計画は、アームストロング船長の月面着陸の成功により一定の成果をだし、人気も下降気味。そんな中、13号の打ち上げが決まりました。急遽、選ばれたジム(トム・ハンクス)たちのチームは。打ち上げ直前にメンバーの入替まであった。打ち上げは成功したモノの、不吉なことが起こり始める。極めつけは電気系統のトラブルによる爆発が発生。無事、月面着陸は出来るのか、地球へと生還できるのか。

トラブルは次から次へと発生します。二酸化炭素の問題は酷かった。船内の濃度が上がると最悪死んでしまいます。フィルターを使って、換気しないといけないのですが、形状の違うモノしかありません。そこで、地上の職員たちは船内にある道具を使って四角いフィルターと丸いフィルターを繋ぐことを皆で考えます。

トラブルに対処するのは管制室の面々。リーダーのジーンは、焦り、戸惑う職員たちを叱咤激励し、まとめていきます。まるで企業のようです。リーダーの元、大きな方針を決め、社員全員でアイディアを出し合い、解決していく。この際、問題を明確にする事が肝心です。トラブルの場合、何が問題なのかをはっきりさせる事により、具体的な解決策が見えてくるのです。まさにチームです。問題が何か分かれば解決できない事はないのです。

入替になったメンバー、ケン(ゲイリー・シニーズ)は、残された電力を効率よく使う手順を地上で考えます。それぞれが、それぞれの場所で、それぞれの役目を果たす。まさに企業そのもです。

泣き所はラストの管制センター。次々と起こるトラブルを全て解決し、無事生還させた事に皆喜び、歓声をあげる。交わされる握手、涙、抱擁。大勢が喜ぶシーンは間違いなく泣きます。

不吉な番号「13号」。打ち上げ前、「なぜ13号なの?」と言う妻に、ジムはあっさりこう答えます。「12の次だからさ」。前向きさを感じます。不吉な番号などモノともせず、ただ月へ行ける事を喜び、前向きに、肯定していく。仕事をする上でも、私生活でも何でもそうですが、物事を前向きに、肯定して考える事はとても重要です。その方が楽しいし、楽しければ良い考えも浮かぶし、効率も良いに違いないですから。

映像が美しく、宇宙から見る地球は本当に美しい。前半の月は美しいと思えたが、途中からは悪魔が棲むかのように残酷に輝き続ける。搭乗員たちも恨めしく月を眺める。障害が大きいからこそ、再び挑戦する。宇宙に掛ける想いははかりしれません。ラストで「次は誰が月に帰るのか」というナレーションがありますが、月に魅力を感じるのは人類が、そこから来たからなのかもしれません。そう考えるとなおさら神秘的です。

2005/07/09

「海を飛ぶ夢」私的映画考Vol.15

近所のお寺にある掲示板を通勤途上、信号待ちの時などによく見ます。時々、ドキッとして、刺激になる言葉が書いてあり、自分の戒めになる事もあります。何年か前の春に書いてあった言葉「散る桜 残る桜も 散る桜」。もののあわれを言っているのでしょう。今日映画館で「海を飛ぶ夢」を観ながら、この言葉を思い出していました。

四肢麻痺の男性・ラモンと、病に悩む女性弁護士フリアは、ラモンの尊厳死を認めさせるための訴訟を通して出会います。ラモンは20数年間寝たきりで、首から上しか動かす事が出来ません。なので、ベッドから見える窓の外だけが彼の世界。海が好きで船乗りをしていた彼は、ときおり空想の中で海まで飛んでいきます。美しくどこまでも広がる海。浮遊感と開放感、その空想の中では自由なのです。ラモンとフリアは知らず知らず惹かれ合っていきます。もう一人の女性ロサも関わっていき、物語は裁判、そして最後の決断と続いていきます。

ラモンを取り囲む様々な人間関係を見事に描きます。父、兄、兄嫁、甥、友人、弁護士、運転手、神父、応援してくれる人々・・・。家族はそれぞれが実に個性的で、性格描写もさることながら、溢れんばかりの愛情を感じます。

泣き所はいくつもあり、紹介し切れませんが、義姉と、甥との別れのシーンはかなり泣けます。後半からラストまで延々泣き続けそうでした。

好きなシーンは、眠れない夜に、隣の部屋で眠るフリアにラモンは問いかけます。「まだ起きてるかい?」「ええ」「眠れないんだ・・・、足が痒くて」。二人とも笑ってしまいます。なんとなく雰囲気が良くって、微笑ましくって、とても素敵なシーンです。

死について考える事はあまりないかもしれません。事実、自分自身、考えた事はないです。生きる事、死ぬ事、それぞれに意味があります。劇中の台詞「生きる事は権利であり、義務ではない」と。確かにそうなのかもしれませんが、各に家族もいる、友人もいる、愛する人もいる、に違いありません。そこでの決断というのは、本当に辛く厳しい事でしょう。

美しい映像と美しい音楽を通し、生きる事の意味、尊厳とは、自由とは、色々な想いに駆られるこの作品。ぜひご覧ください。

2005/07/08

愛機、破損

愛機1号機SONY PCG-TR1/Pの一部が破損してしまいました。ショックです。

昨日、帰宅後、何気なくパソコンをカバンから取り出したら、カランという音とともに何かがこぼれました。「ん?」色からして1号機の一部のようです。55mm×6mmと言うサイズです。よくよく探してみると、PCカードスロットの蓋でした。カードを装着しない時は、本体内にホコリなんかが入らないように保護するための開閉式の蓋です。

薄っぺらいので、強く掴むとポキッと折れそうなか弱さです。折れた訳ではないので、装着しようと思えば出来るような気もしますが、折れそうでちょっと怖いので、そのままにしてあります。やっぱりパソコンというのは寿命があるのでしょうか?購入後、丸2年を過ぎたので、そろそろ限界なんでしょうか?ハード的には今のところ何の不具合もないのですが、見えないところで色々と限界が来始めているのかもしれません。

このパーツ自体はなくても、そんなに困りはしないのですが、やはり少し不安です。もう1年はがんばって使おうと思っていた矢先なので、ショックは隠せません。

2005/07/06

「宇宙戦争」にプリウス

今日はスピルバーグ監督の「宇宙戦争」を見てきました。「E.T.」や「未知との遭遇」で友好的な宇宙人を描いた監督が、人類に牙をむく宇宙人との戦いを描く本作。映像が素晴らしく、どうやって撮影してるのだろうと思うシーンがほとんどという感じ。

冒頭の上空からクレーンを操縦するトム・クルーズまでカメラがよっていくシーンや、ワンカットでの車の脱出シーン、ひび割れる地面等々。全編を通してCGが数多く使われているのだろうけど、どこからどこまでがCGなのか実写なのか分からない。画面の最前面に対象物を置き、その奥にCGによるマシーンを描いたりと見せ方が上手い。おまけにカメラが動いた先にCGがあるのは面白い。CGと実写映像を見事に融合させた映像を創りだし、見応えのある映像になっています。

映像はもちろん良いのですが、SFをベースにし、父と子の絆を描いたあたりはスピルバーグ監督の本領発揮と言えるのではないでしょうか。離れて暮らす、ぎこちない親子関係はどうなっていくのか・・・。世界はどうなってしまうのか・・・。大画面で観たい作品です。

そうそう、冒頭にほんの一瞬ですがプリウスくんがよぎりました。トム・クルーズのアップになっている後、右から左です。「あ、プリウスだ!」と心の中でつぶやきました。

2005/07/05

「バットマンビギンズ」

バットマン ビギンズ

昨日7/4は「バットマンビギンズ」を見に行ってきました。今までの作品を参考にしなかったと言う事だけはあり、まったく異質の作品となっていました。まさに「新生バットマン」。若干のユーモラスなシーンは残しつつ、極めてリアルに極めて真摯なストーリー展開でした。

会話軸をカメラが越える事数回。違和感を感じつつも最後まで楽しめる内容でした。クライマックスのアクションは圧巻。この続きも、このスタッフで見られたら良いかもと少し思いましたが、時系列的にティム・バートン版第1作にすぐ繋がっているみたいなので、難しいかもしれません。

1つ気になったのですが、バットマンの仮面からのぞく目の周りは真っ黒なんですね。あれは影ではないです。仮面を取ると「パンダのように目の周りが真っ黒に違いない」と言うのを想像していました。後ろ姿で仮面を取るシーンでは振り向くのか、カメラが回り込むのかと、ちょっとドキドキしてしまいました。

2005/07/04

ネットオークションのススメ Vol.2

ネットオークションにはいくつかサイトがありますが、私がやっているのはヤフーとビッダーズです。最初にヤフーオークションに参加。私が始めた当時(2000年10月)のヤフーオークションでは、参加料や出品料等はなく、無料で参加できました。詐欺なんかのトラブルが頻発し、ニュースにもなるくらいでしたから、色々と有料化され、現在に至ります。

出品方法についてあれこれ書いてみたいと思います。

現在かかる費用は入札するにしても、出品するにしてもとにかくかかる費用が「プレミアム会員費294円(月額)」。出品するには1商品あたりで「出品システム利用料10.5円」。落札されると「落札システム利用料3%」が掛かります。この他にもキャンセル料等費用が発生する場合があります。詳細はヤフーオークションのヘルプをご覧ください。

オークションに出品する際、値付けは重要になってきます。いらないので、とにかく処分したいと言う事であれば、安い価格からスタートしても良いですが、ある程度の価格を見込みたいという場合は、設定をする事も可能です。

価格には3つあります。

  • 開始価格・・・この値段からオークションがスタート
  • 希望落札価格・・・この価格を入札すれば即終了
  • 最低落札価格(有料オプション)・・・商品を売ってもいい最低の価格

開始価格を低くする方が、入札する側にとってみれば入札しやすいです。ですが、出品者がある程度の価格を目指したいという事であれば、開始価格を目標金額に設定するか、もしくは開始価格を低くして、最低落札価格を設定するかです。

私が出品する時はプレミアム会員費と出品システム利用料は考えませんが、落札システム利用料は計算に入れています。

  • P・・・売価(売りたい価格)
  • V・・・原価(買った価格)
  • F・・・固定費(落札システム利用料3%)
  • G・・・利益

とします。私が値付けの参考にしているのはこんな式です。

(V+G)×100÷(100-F%)=P

  • G=5000円
  • V=10000円

の場合、

(10000+5000)×100÷(100-3)=15463円

となります。これで、目標の売価が分かりますので、端数を切り上げると良いでしょう。この価格を開始価格にするか最低落札価格にするかです。ちなみにビッダーズは落札システム利用料は2.5%ですので、F%を2.5に置き換えます。

いずれにしても、各サイトによってもその商品に対する相場がありますから、それを度外視する訳には行きません。いくらで売りたいかも重要ですか、いくらで売れそうだというのも考慮しないと行けません。その辺はネットの特長である検索(サーチ)と、並べ替え(ソート)を有効に利用して、最終的な価格を決めるのが大事になります。

「Yahoo!オークション 使い方ガイド」が充実していますから、分からない事があったらまずヘルプを参照すればだいたいの事は分かるはずです。

2005/07/03

玉置浩二「今日というこの日を生きていこう」

玉置浩二の音楽が好きで、安全地帯時代からずいぶんと聞いています。最近、安全地帯の活動を再開していたようですが、もう終わったようですね。安全地帯とソロ活動は違うイメージですが、両方とも好きでした。

今年の2月に発売された新しいアルバム「今日というこの日を生きていこう」が良いです。作詞に安全地帯の楽曲をほとんど担当していた松井五郎を迎えています。ここ数年は、玉置自身が作詞もやっていて、玉置の世界観がはっきりしてきていた感じがしました。このアルバムでは二人で作詞をしていて、従前の世界観がより深まったような気がします。

一曲目の「明かりの灯るところへ」が一番のお気に入りです。プロの作詞家らしい、字数が少ない割には深みのある歌詞が良いです。歌詞の意味を噛みしめていくと色々な意味を感じ取れるはず。とっても優しくて力強い歌詞です。このアルバム全体のテーマが「家族」のように受け取れます。

「明かりの灯るところへ」(抜粋) 作詞:松井五郎

外は激しい雨と北風が続く
この世界の汚れ 洗うように

どれだけ強がろうと人なんて脆い
わずかなまちがいだけで絶えてしまう

君のてのひら つよく握って
灯りが灯るところへ
生きていたい 理由がただ
心を熱くするだろう

僕のてのひら つよく握った
君を守っていたい
生まれてきた 奇跡にただ
導かれながら

生きていたい理由がある
もうすぐ雨も止むだろう

力強い歌詞と、何よりも玉置の美しいメロディが見事に融合した大きなバラードになっています。愛、大切な人、もっと大きなモノ・・・。そんなところに力強さを感じるのかもしれません。

他にも良い曲が沢山あって、お気に入りのアルバムです。

7/27にWOWOWで「玉置浩二コンサートツアー2005今日というこの日を生きていこう」が放映されるので今から楽しみです。

2005/07/02

会話軸の話し

映画を観ていると時々違和感を感じるカット切替が多い作品があります。左から右に走っていたのに、次のカットでは右から左へ走っていたりする。左にAさん、右にBさんがいて会話をしているのに、次のカットでは左右が入れ替わっていたりします。そう言う時に「あれ?」って思う事があります。これを「会話軸・アクションラインをカメラが越えた」と言うのです。

AさんとBさんが向かい合っている場合、この2人を結ぶ見えない線を「会話軸(アクションライン、イマジナリーライン)」と言います。カットを切り替える時にカメラが会話軸を越えてしまうと、見ている人には位置関係がおかしくなってしまうのです。映画は1台のカメラを使用して、カットごとにカメラ位置を変えて撮影する事があります。その際、会話軸を無視してカメラ位置を設置してしまうと編集の時には取り返しがつかないことになります。

この場合、カメラが1カットのまま会話軸を越えれば問題はありません。

「ロードオブザリング」の合戦のシーンはこれがきっちりと守られているので、大群衆の中でも敵味方の区別が付けやすいです。同じく合戦シーンがある「キングダムオブヘブン」ではアクションラインをカメラが越えてしまい、左から右に攻めているのに、次のカットでは右から左に攻めるにようになってしまい、???と思ってしまうのです。

「宇宙戦艦ヤマト」でもきっちりと守られています。地球からイスカンダルへ行く時は、右から左へ進み、地球へ帰る時は左から右へ進んでいます。最近のアニメではこの基本的なルールが守られていない作品がたまにあります。

アクション映画でこれをやられるととてつもなく違和感を感じて、物語に集中できなくなる事があります。スピード感を出すためとか、画面構成の美しさを重視するのも良いのですが、やはり基本はしっかりした作品の方が安心します。

時々、巨匠と言われる監督がこのような会話軸をカメラが越えるような撮影をした作品を目にします。私はこれは撮影の基本だと思っているので、どんなに巨匠でも守るべきところはしっかりと押さえて欲しいと思います。

2005/07/01

プリウスくんが行く!Vol.6.5

前回、ボディカラーについて書きましたが、私が勝手に言っている呼び名があります。単純なんですが、私の乗っているブラックは「くろぷり」、シルバーは「ぎんぷり」と呼んでいます。

ボディカラーを頭に付けて「色」+「ぷり」です。以下、「あおぷり」、「しろぷり」、「きんぷり」と続きます。グレーと青の中間のような色があるのですが、それはちょっと苦しくて「ぐれぷり」です。一番レアなレッドはご想像のとおり「あかぷり」です。走行中に「あ、あかぷりや!」と叫ぶ訳です。

あくまで私が勝手に呼んでいる呼び名ですので、あしからず。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ