« 会話軸の話し | トップページ | ネットオークションのススメ Vol.2 »

2005/07/03

玉置浩二「今日というこの日を生きていこう」

玉置浩二の音楽が好きで、安全地帯時代からずいぶんと聞いています。最近、安全地帯の活動を再開していたようですが、もう終わったようですね。安全地帯とソロ活動は違うイメージですが、両方とも好きでした。

今年の2月に発売された新しいアルバム「今日というこの日を生きていこう」が良いです。作詞に安全地帯の楽曲をほとんど担当していた松井五郎を迎えています。ここ数年は、玉置自身が作詞もやっていて、玉置の世界観がはっきりしてきていた感じがしました。このアルバムでは二人で作詞をしていて、従前の世界観がより深まったような気がします。

一曲目の「明かりの灯るところへ」が一番のお気に入りです。プロの作詞家らしい、字数が少ない割には深みのある歌詞が良いです。歌詞の意味を噛みしめていくと色々な意味を感じ取れるはず。とっても優しくて力強い歌詞です。このアルバム全体のテーマが「家族」のように受け取れます。

「明かりの灯るところへ」(抜粋) 作詞:松井五郎

外は激しい雨と北風が続く
この世界の汚れ 洗うように

どれだけ強がろうと人なんて脆い
わずかなまちがいだけで絶えてしまう

君のてのひら つよく握って
灯りが灯るところへ
生きていたい 理由がただ
心を熱くするだろう

僕のてのひら つよく握った
君を守っていたい
生まれてきた 奇跡にただ
導かれながら

生きていたい理由がある
もうすぐ雨も止むだろう

力強い歌詞と、何よりも玉置の美しいメロディが見事に融合した大きなバラードになっています。愛、大切な人、もっと大きなモノ・・・。そんなところに力強さを感じるのかもしれません。

他にも良い曲が沢山あって、お気に入りのアルバムです。

7/27にWOWOWで「玉置浩二コンサートツアー2005今日というこの日を生きていこう」が放映されるので今から楽しみです。

« 会話軸の話し | トップページ | ネットオークションのススメ Vol.2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/4607614

この記事へのトラックバック一覧です: 玉置浩二「今日というこの日を生きていこう」:

« 会話軸の話し | トップページ | ネットオークションのススメ Vol.2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ