« プリウスくんが行く!Vol.9 | トップページ | 2005.07映画鑑賞総括 »

2005/07/30

マイドキュメントの使い方

Windowsには「マイドキュメント」と言うのがあります。皆さんはどうやって使ってますか?私は標準である「マイドキュメント」フォルダではなく、別のフォルダを「マイドキュメント」として使っています。

通常、MSオフィスの新規文書等は「マイドキュメント」に保存されます。「マイドキュメント」から、目的のファイルを直接クリックして起動する事もあります。しかし、マイツールのデータもよく使います。エクセルやワードも使います。それぞれに得意な作業がありますから、適材適所に上手に使い分ければいい訳です。

MTは基本的にテキスト形式で保存されています。それもページ主義。1ページの面積が決まっているのはエクセルと同様ですが、エクセルのシートと比べると1ページの面積はかなり小さいです。そこで、同様のデータを大量に使う場合は複数ページに保存します。サーチ(SH命令)やソート(S命令)をする時は複数ページを指定したり、グループ指定をしたりします。

で、このページ主義のデータを一つのファイルとして保存する事が出来ます。WFL(ライトファイル)命令です。通常のMTの保存形式のままメールでの送信は面倒ですが、WFL命令作ったファイルはカンタンに送信出来ますし、共有も出来ます。エクセル同様、ファイル名をクリックして起動することもできます。このWFL命令を実行すると通常「MYFILEX」フォルダにファイルが保存されます。

このMTとMSオフィス関係の2種類のファイルを一緒に管理したら仕事もしやすいし、使いやすいし、バックアップするときも一度に両方が出来ますからカンタンで便利です。

手順をご紹介します。

  1. 「マイドキュメント」を右クリックします。
  2. メニューがでますのでプロパティを選択します。
  3. 「ターゲット」のタブから、「移動」をクリックし「C:\MTFREE\MYFILEX」を指定します。
  4. 「適用」をクリックし、プロパティを閉じます。

こうすると、「マイドキュメント」を開くと、「MYFILEX」が表示されます。その他の画像ファイルもすべて、「マイドキュメント」に入れてあります。「MTFREE」フォルダをバックアップすると、「MYFILE」も従来の「マイドキュメント」も保存されますので、便利です。

様々な仕事は、マイドキュメントから始まるわけですから、効率も良いというものです。結構カンタンで便利ですから、ぜひお試し下さい。

« プリウスくんが行く!Vol.9 | トップページ | 2005.07映画鑑賞総括 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

マイツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/5212967

この記事へのトラックバック一覧です: マイドキュメントの使い方:

« プリウスくんが行く!Vol.9 | トップページ | 2005.07映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ