« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005/08/31

2005.08映画鑑賞総括

8月の劇場での映画鑑賞は4本。今年の累計67本。今月はかなりのペースダウンです。最近、邦画の公開作品が多いですが、邦画はほとんど見ないので、あまり本数をこなせませんでした。

0819   マダガスカル
0822   ヒトラー最期の12日間
0826   恋する神父
0829   ランドオブザデッド

恋する神父」は「悲しき恋歌」のクォン・サンウ主演作。神父を目指す青年と女性との恋の物語。「天使にラブソングを・・・」を彷彿とさせる歌と踊りにちょっと鳥肌が立ってしまいました。どんなカタチでも信仰は信仰だというテーマが良かったです。私が見に行った日はメンズデーのはずなのに女性が沢山いらっしゃいました。その時予告編で見たパク・チャヌク監督(「オールドボーイ」「JSA」)の「親切なクムジャさん」はかなり面白そうでした。

「ランドオブザデッド」はいわゆるゾンビモノなのですが、一風変わっていて、人間対人間を描いていました。ゾンビが闊歩する世界。ゾンビ発生のシーンはオープニングにニュース映像のように挿入されるだけ。すでに、ゾンビが多数出現しています。大きなビルを中心にした、フェンスに囲まれた町が主な舞台になっていますが、そこは何事もなかったような生活をする特権階級と、スラムで生活する人々がいました。人間関係、金、欲。ゾンビよりおぞましい人間たちの住む町だったのかもしれません。

とにもかくにも今月は本数が少なかったですが、9月からは期待作が目白押し。「チャーリーとチョコレート工場」「四月の雪」「シンデレラマン」「ルパン」「ステルス」「シンシティ」等々。楽しみが尽きません。

2005/08/30

U-ONLINE初体験

昨日(8/29)、ユナイテッドシネマ新潟へ行って、「ランドオブザデッド」を見てきました。その時にユナイテッドシネマオンラインチケッティングサービス(U-ONLINE)を初めて利用しました。

パソコンや携帯電話から映画館の鑑賞チケットが取れるサービスです。このサービスを開始するのに伴ってメンバーズカードも切替になっていました。7月中にクレジット機能付きのメンバーズカードに切替をして、オンラインチケットサービスに準備はしていました。サービス自体は6月下旬から開始されていたのですが、ようやく昨日初体験でした。

サービスの詳細がイマイチよく分からなかったので、カード切替時に根ほり葉ほり聞きまくりました。通常料金は1800円。本来メンバーズカード提示で300円引きなのですが、割引は適用されません。1枚あたり100円の手数料がかかりますが、クレジット機能付きのメンバーズカードで決済すれば100円は無料になります(それ以外のクレジットカードでも決済はできますが手数料100円は掛かります)。昨日の月曜日はメンズデーで1000円なのですが、この場合は1000円で利用できます。その他、ファーストデー(映画の日)、レディースデー、レイトショーは1000円または1200円で利用できます。

基本的には指定席をとる事がメインのようですが、ユナイテッドシネマ新潟は作品によって、土日の午後の時間帯だけが指定席なので、平日または休日の午前中鑑賞時はほぼ自由席です。自由席の場合は、座席指定はできませんがチケットが発券できます。パソコンからはピンポイントに座席指定ができますが、携帯からはブロック指定のみです。

まずはネットで上映スケジュールを確認。オンラインチケッティングのページから、作品と上映時間を選んで、IDとパスワードを入力してログインをします。規約に同意したら、枚数を入力し、指定席があれば席を選択し、クレジットカードの情報を入力。これで予約はOKです。

当日、上映時間までに劇場へ行って、窓口に並ばずに直接、自動発券機へ行って発券すればOK。この際にクレジットカードを忘れない事。忘れた場合は予約番号と電話番号でも確認ができます。操作は至ってカンタン。画面の指示通りにタッチしていけば発券されました。

昨日は「容疑者 室井慎次」の公開直後もあってかチケット売場は混雑していましたが、私はその列には並ばずに直接発券機に行き、ドキドキしながら発券をし、さっさとスクリーン前に行く事ができました。

通常料金1800円が、メンバーズカード割引適用後の1500円になり、オンラインでチケットが購入でき、しかもクレジットカードで決済ができるのであれば言う事はないです。が、そう言う訳には行かないようなので、今のところは、1000円で見られる時だけ利用しようかなと考えています。

2005/08/29

プリウスくんが行く!Vol.13

暑かった今年の夏も終わろうとしています。蝉の声も次第に小さくなり、代わりに鈴虫やコオロギの鳴き声が聞こえてくるようになりました。今年の夏はホントに暑かったです。今朝辺りは涼しいと言う感じですが、日中は30度くらいまで上がるとか。まだまだ残暑は厳しそうです。

今年の夏はほとんどエアコンを入れずに走り続けたプリウスくん。がんばってくれました。200508 そこで、購入時からの燃費をマイツールで入力したデータを使って、再度グラフにしてみました。平均で23.3km/L。6/10「プリウスくんが行く!Vol.3」で計算した時は、22.6km/Lだったのに対して、若干良くなっています。最高値は7/27の27.7km/L。グラフを見ていただけば分かりますが、真冬と逆の山を真夏に作っています。一年以上経過して運転に慣れた事と、暑さに耐え、汗を流しつつ、燃費向上に努めた甲斐があるというモノです。

発進時にソロソロとアクセルを踏めば、ガソリンエンジンを使わずに加速ができるとは思います。そうすれば、もっと燃費は向上するとは思いますが、あまりアブノーマルな走りをすると他の交通に迷惑を掛けるおそれがあるので、控えています。制限速度を守り、急発進、急加速をしないというごく当たり前の事をやり続けることが肝要でしょう。あ、エアコンは控えめに!もお忘れなく。

2005/08/28

「ウィンブルドン」私的映画考Vol.20

さわやかな感動を与えてくれる作品「ウィンブルドン」をご紹介。スポーツ映画を今まで度々ご紹介してきましたが、本作もタイトルから分かるとおりテニスを通して、出会い惹かれ合う2人の物語です。

ピーター(ポール・ベタニー)は以前は世界ランキング11位まで上り詰めていましたが、いまは119位と下り坂。年齢も32歳になろうとしていて、選手寿命のピークはとっくに過ぎていました。今回の全英オープンを最後にプロとしては引退しようと決意していました。そこに、全英に参加するためにアメリカからやってきたリジー(キルスティン・ダンスト)と出会います。リジーはピーターとは逆に若手注目選手。情熱的にプレーをします。

ピーターは1回戦で終わると思っていましたが、リジーに出会った事でツキも味方したのか、順調に勝ち進みます。一方、リジーは調子を崩してしまいます。ピーターは決勝戦まで進みますが、そこにはリジーとの別れがありました。試合の行方は、二人の恋の顛末は・・・。

普通は許可されないらしいのですが、ウィンブルドンのセンターコートを実際に使って撮影されたと言う事で、臨場感は素晴らしいモノがあります。テニス未経験とは思えない出演者もそれなりにプロ選手のように見えるのは、トレーナーの仕事、努力のたまものなんでしょうね。

試合の見せ方も面白く、カメラが回り込むシーンは「マトリックス」を彷彿とさせます。時間経過の描写も面白いです。ピーターのモノローグが何回かあるのですが、これも面白いです。

ズバリ泣き所は、決勝戦の朝、いざ出発と、気合いをいれてホテルを出ようとするシーン。エレベーターのドアが開くと、ロビーには従業員一同が列をなしています。拍手と励ましの声が次々にわき起こります。イギリス人が決勝戦に出場する事を誇りに思う人々に見送られてホテルをあとにします。こういうシーンに実に弱いです。

その後も、緊迫感のある決勝戦の模様にも手に汗握ります。試合結果と恋の行方にも感涙です。

まもなく全米オープンテニス大会が開幕。今年はどんな歓喜の瞬間が待っているのか。映画も良いですが、実際の大会にも様々なドラマがあるはずです。テニスへの情熱、そして愛。さわやかな感動を味わえるこの作品。オススメの一本です。

2005/08/27

なぜ再生できないの?

ポータブルDVDプレーヤ パナソニック DVD-LV60を使って、お昼休みにDVD鑑賞をしている話しを以前に書きました。ソニーのRDR-HX100とNDR-XR1の2台で録画した番組を DVD-RWに焼いて鑑賞をしています。

ところが、なぜかDVD-LV60で再生できない場合があります。なぜなのか分かりません。DVD-LV60自体が悪いのかなあと思う事も多々あります。結構使い込んでいるので、傷んできたのかもしれません。他のDVDプレーヤやレコーダでは再生できるのに、DVD-LV60でで再生できないディスクとできるディスクがあるのはおかしいなあと思う訳です。

確かに最初の頃は、フォーマット方式に「VR」と「ビデオ」の2種類があり、その違いが分からなかったのもありました。なので、DVD-LV60では「VR」方式が再生できないのを知らなかったので、それは当たり前でした。しかし、その後はRDR-HX100の設定を変更したので間違う事はありません。

録画メディアとDVDレコーダーとの相性があるのかなあとも思います。以前は、少し安ければそのメディアを買っていましたが、現在はソニー製メディアのみを購入するようにしています。

フォーマットが一番の問題のような気はしますが、一度は再生できたのに、翌日は出来なかったなんて事も良くありますから、おそらく、本体の寿命が近づいているのかもしれません。懸賞で当たったモノなので、十分に使ったなあと思いますから、少々調子が悪くても、最後まで使ってあげようと思います。

2005/08/26

私的読書考

読書は趣味と言うよりは、私の場合、暇つぶし的感覚です。文庫本を持ち歩いているので、ちょっとした空き時間にちょこちょこっと読む事が多いです。映画館の待ち時間に読んだり、旅行の移動中に読んだり、プリウスくんでの通勤時、渋滞するので読んだりなんかです。

読み終わった本はマイツールでデータを入力しておきます。いつどんな本を読んだのか分かります。先ほどデータを集計してみましたが平均すると月に2,3冊。年間で30冊程度です。今年は今のところ20冊。

どちらかというとお気に入りの作家の作品を好んで読みます。良く読む作家は、阿刀田高、中谷彰宏、村上春樹、東野圭吾、ディーン・クーンツ。ミステリーが多いですね。他にも書店をぶらついていて、気になるタイトルの本があると手に取ってみて、パラパラとめくって気に入ったら、あとで購入する事があります。タイトルって重要ですよね。人それぞれ感性がありますから、何が良いかって言われても答えづらいですが、何かしらピピッと来るモノがあるんですね。その際、タイトルというのは私の場合かなり重要な位置づけです。

で、私は雑誌以外のほとんどの本をネットで購入しています。今は「楽天ブックス」を利用しています。お気に入りの作家の新刊が出るとメールで教えてくれるサービスもありますし、当然、キーワードで検索もできます。以前は、書店に売ってない本があると、探し歩いたりしていました。探してもない場合、書店で取り寄せをしてもらいましたが、2,3週間なんてざらでした。ですが、ネットで探せばたいていの本はどこかのサイトにありますから、すぐに手元に来ます。

先ほどのように、書店で気になった本があったらタイトルを覚えておいて、あとで検索して、買い物かごに入れておき、あとでまとめて購入する事ができます。1500円以上まとまれば送料が無料(楽天ブックス)になりますので、まとめ買いがお得です。おまけに楽天スーパーポイントが付きますので、ポイントが貯まったら、他の買い物にも使えます。残念ながら、いまのところ楽天ブックスでは貯まったポイントの使用はできません。

私の場合、すぐ読みたいと言うような事がありませんので、いつか読むとして買っておけばいつでも読めます。と言うような本が10数冊積んであります。こう言うのを「積ん読(ツンドク)」と言うらしいです。

ナポレオン狂 なぜあの人は「困った人」とつきあえるのか 海辺のカフカ(上巻) 変身 デモン・シード完全版

2005/08/25

松浜まつり阿賀野川ござれや花火大会2005

大型で強い台風11号(マーワー)が近づく気配をみせる新潟市内。雨は降っていませんが、昨晩から風も強くなり、厚く黒い雲が徐々に覆い始めています。そんな中、今日8月25日の19:30より「松浜まつり阿賀野川ござれや花火大会2005」が予定されています。

新潟市内の東部、阿賀野川河口付近の松浜地区。私の勤務する会社からほど近いエリアです。1ヶ月ほど前から、打ち上げ場所近くの土手(一般道)にはガムテープを貼って場所取りをしたり、草ぼうぼうの河川敷には4本の杭を打ち、ヒモをしばって場所取りをする人がいる(その中だけ草刈りをしてある)と言う話しです。水中花火が名物らしいですが、私は一度も見た事がありません。

台風接近中で風も強くなりますから、今晩の打ち上げは微妙ですが、火災等何事もないと良いのですが。今晩打ち上げるが延期して明晩にするか。いずれにしても、自然の力には太刀打ちできないですから、とにかく事故がないようにと、祈るばかりです。

2005/08/24

続々・PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」

あいかわらずPSPソフト「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜」にハマっています。昨日なんか、6時間もぶっ続けでやってしまいました。「あっ、もうこんな時間」「お風呂に入らなきゃ」「もう寝なきゃ」ってな感じでアッという間に時間が過ぎで行きました。

ジオン軍と地球連邦軍を1回ずつプレイし、ようやくゲームの進行にも慣れてきたので、今回は再度ジオン軍で慎重にゲームを進めています。焦って侵攻してもいけないし、軍備の増強に、新兵器の開発等々、様々な問題点を解消しながら進めていきます。問題点を把握して一つ一つ解決していくのは、実際の仕事をしていく上でも同じこと。漠然と進めていても上手くいかないですから、少しずつで良いので良い方向へ進めて行ければいいなと思っています。

まだまだ、分からない事や発見が沢山あって、楽しいですが、ゲームのやりすぎで寝不足になったり、体調が悪くなってしまってはいけませんから、ゲームはそこそこにしようかと思います。いつでもどこでもできるのがPSPの良いところですが、何事もそこそこが良いですね。

2005/08/23

「ルパン」

昨日、映画館で「ヒトラー最期の12日間」を見てきました。始まる前の予告編で「ルパン」を見ました。以前に見た予告編よりも長く、それでいてワクワクさせる展開を魅せてくれます。

日本で「ルパン」と言えば「ルパン三世」を思い出します。子供の頃から幾度となくルパン三世の活躍を見てきました。最初に見たのは赤いジャケットの「ルパン三世」第2シリーズ(1977年~)。山田康雄の軽妙な台詞まわしと奇想天外なストーリーにワクワクしたモノです。その後、緑のジャケットの第1シリーズ(1971年~)を見ました。この第1シリーズには宮崎駿が監督ではありませんが参加しています。内容は今、見ても遜色のないくらい面白いです。

第2シリーズの人気にともなって、劇場作品が作られます。第1作は「ルパンVS複製人間(1978年)」。ルパンがマモーと言う謎の怪人と地球の運命を懸けて戦います。もう気分は007ジェームズ・ボンドです。劇場版第2作が宮崎駿第1回映画監督作品「カリオストロの城(1979年)」。TVの第1シリーズに参加した事もあってか、ルパンは緑色のジャケットを着ています。

昨日見た予告編では、「2005」の数字がカウントダウンされ「1905」へ。原作は100年前に発表されたらしいです。劇中のキーワードと思われる大きな字が次々に現れては消え、アクションシーンが早いカットで切り替わります。「カリオストロ伯爵夫人」「クラリス」「奇巌城」「王妃の首飾り」・・・。それだけでもワクワクしてきます。「オペラ座の怪人」を彷彿とさせる絢爛豪華なセットには目を見張り、その中を縦横無尽に飛び回るルパンの活躍に期待が募ります。「ヒトラー」のセットもすごいと思いましたが、「ルパン」もこれはすごいと思いました。

予告編は良くも悪くも期待を持たせてくれるモノ。映画館へ行けば、別の作品の予告編を上映しています。そうするとまた観たくなる。良くできたシステムだなあとつくづく思います。あまり期待が大きくなりすぎるといけませんけどね。「ルパン」は9/23より全国ロードショー公開です。

2005/08/22

「チャーリーとチョコレート工場」

先日、「チャーリーとチョコレート工場」の予告編を見ました。「シザーハンズ」「ビッグフィッシュ」のティム・バートン監督作品と言う事なので、期待していましたが、相変わらずの色彩感覚と奇抜な映像が展開。楽しみが増えました。

主演は「シザーハンズ」「パイレーツオブカリビアン」「ネバーランド」のジョニー・デップ。渋い役柄のジョニーも好きですが、ちょっとキレ気味の演技も良いなあと思ってしまいます。

もう一つの注目は、「ネバーランド」でピーター役を見事に好演し、ジョニー・デップと共演したフレディ・ハイモアが、再度共演している事。「ネバーランド」では物静かな影のある少年役でしたが、本作ではハツラツとして笑顔が印象的でした。コメディで2人はどんな競演を魅せてくれるのか楽しみです。9/10公開。

9月は「四月の雪」「ルパン」と楽しみな作品が多く公開されますが、中でもロン・ハワード監督の「シンデレラマン」に大注目です。「ビューティルマインド」のロン・ハワード+ラッセル・クロウのコンビですから、期待も膨らみます。この秋は期待作目白押し。映画館通いもますます楽しくなりそうです。

2005/08/21

旅にでるなら

旅行が好きで、年に数回、国内旅行をしています。それと、最近ではあまり行かなくなりましたが、研修なんかで全国あちこちへ良く行ったモノです。そんな時、航空券、JR等の時間の確認や切符の予約、宿泊先の予約にはほとんどの場合、インターネットで行っています。そんな時、つくづく便利だなあと思います。

宿泊先の場合、ビジネスホテルの予約には「楽天トラベル」を使います。宿泊日、人数、地域を入力すれば、予約できるホテルが一覧されます。インターネットで予約する前は、ビジネスホテルの本が地域別に載っている本を買ってきては、場所はどこだろう、いくらいかなと探して、電話をします。その場合、県外ならば電話代がそこそこ掛かります。それに空室がない場合もありました。

その点、インターネット予約は空室がない場合は表示されませんから、そんな手間も電話代も掛かりませんし、地図等の情報もカンタンに確認する事ができます。何より便利だなあと思うのは、実際に宿泊した人の「お客さまの声」を確認できる事。紹介ページでは書かれていない情報がそこにはあるのです。予約寸前に、「お客さまの声」を見て。別のホテルにした事もあります。

それと、楽天会員なら、楽天スーパーポイントも貯まります。貯まったら、他のお買い物に使う事もできます。これも便利。

9月は3連休が2回あるので、どこかへ出掛けようかと現在計画中です。9月は残暑が厳しそうですが、本格的な秋になれば行楽シーズン到来。お出掛けには最高の季節です。温泉宿も良い季節。次回は温泉宿、ホテルの予約をご紹介予定です。

2005/08/20

プリウスくんが行く!Vol.12

毎日、暑い日が続いています。昨日、今夏4回目の「EV走行モードに切替不可」表示が出ました。暑さが効いたのでしょう。お盆を過ぎたら少しは涼しくなると思っていたのに、なおさら暑いような気がします。相変わらずほとんどエアコンは付けませんので、プリウスくんの燃費は25.5km/L前後で落ち着きそうです(明日、給油予定)。

ところで、ETC車載機を付けた話しは以前に書きましたが、先日、高速道路を走っていたら、電光掲示板に「ハイウェイカード販売終了」の文字を見ました。

平成17年9月15日の24時をもってハイカの販売を終了。その後、平成18年4月1日0時からハイカの利用を停止と言う事でした。「そらまた急な話だなあ」と思いつつ、私は車載機を設置したし、ハイカは使い切ったあとだったので、困る話しではないのですが、ハイカの残高を抱えている人は沢山いるに違いないと思いました。

ETC前払割引を登録していれば、ハイカの残高を付け替えできますし、平成18年3月からは払い戻しも検討されているとか。詳しくはこちら

新潟県内ではまだまだETCゲートは少ないですが、これから料金所はETCゲートが増え、もしくはゲート全体の数も減っていくのでしょう。道路公団の人件費削減にも繋がってより良いサービスが提供されたり、渋滞緩和が一層進むと良いですね。それに、これから販売される車両には、ETC車載機が標準装備される時代が来るのでしょう。

2005/08/19

「マダガスカル」

今日は「マダガスカル」を見に行ってきました。新潟市内に3館シネコンがありますが、字幕版をやっているのは1館のみ。そのTジョイ新潟万代は本日、金曜日がメンズデーでした。めざましテレビの映画のランキングでは1位がマダガスカルだったので、混んでるのでは?と思いつつ行ってみましたが、蓋を開けてみればガラガラでした。ちょっと拍子抜け。

内容はと言えば、ニューヨークの動物園で生まれ育った4匹の動物、ライオン、シマウマ、カバ、キリンはひょんな事からマダガスカル島へ。動物園生活を満喫していた4匹は、自然の中に放り出されて、右往左往。ドタバタコメディを繰り広げます。

「シュレック」のドリームワークスアニメ最新作と言う事で、相変わらず良く動くCGアニメは動物たちも見事に表現。微妙な表情に笑みがこぼれます。ペンギンの4人(羽?)組が特に笑えます。息もピッタリでとってもキュートです。それに、「シュレック」同様、映画のパロディが所々にありますので、そんなシーンを探す事でも楽しめます。

実を言うと今日が8月の映画一本目。ペースダウンです。8月後半は公開される作品もわりとありますから、ペースアップしないとです。

2005/08/18

「スクール・オブ・ロック」私的映画考Vol.19

スポーツ映画が好きというのは前にも書きましたが、音楽映画も好きなようです。よーく考えると、何かに一生懸命な人が好きなんですね。一生懸命な人を見ると応援したくなるんです。と言う事で、今回ご紹介するのは「スクールオブロック」です。劇場で見た時も良かったですが、DVDで見てまたまた感動。良い作品です。

売れないロックバンドで演奏するデューイ(ジャック・ブラック)は、トラブルからバンドから追われる。家賃を払えないので、アパートまで追われる始末。そんな時、同居している代用教員になりすまし、小学校の教師として働き始める。教員免許がある訳ではないので、授業もままならない。ある日、音楽の授業を見てひらめきます。子どもたちとバンドを組んで見返してやろうと。そこからドタバタ音楽コメディのスタートです。

ロックのロの字も知らない子どもたちに、真剣にロックを教えるデューイがとにかく笑えます。ロックは魂が必要、ロックは反抗心、ロック史を教えたり、宿題にロックのCDを与えたりもします。バンドのメンバーの他にも、それぞれに役割を与え、一致団結してバンド・バトルへと突き進みます。

泣き所はラストのバンド・バトルのシーン。子どもたちは本当に演奏していると言う事だし、会場の客も本当に盛り上がっています。勝ち負けではない、最高のステージを!と言う掛け声で全員が一つになり演奏し舞台を作り上げます。本物の演奏、一回のステージが世界を変える、そんな意気込みが伝わってきます。

やはり何事にも情熱が必要で、取り組み方一つで最高の結果が出せるのでしょう。疾走感、開放感があり、テンポ良く最後まで楽しめます。忘れていた熱い心、真剣さ、一生懸命な気持ちを思い出させてくれる作品です。映画は情熱で作るんだと思わせてくれる作品です。

2005/08/17

続・PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」

PSPソフト「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜」にハマって、早6日が過ぎました。ちょうどお盆休みと言う事もあり、時間があるのでますますハマっていきます。

1回目は説明書をあまり読まなかったので、何をしたらいいかもよく分かりませんでした。いつもの事なのですが「ま、やってみよう」と言う事でやりながら覚えていきます。「あ、こんな事もできるのか」とか「こうするとカンタンなんだ」とか。

まずは「ジオン公国」を選択してゲームスタート。「機動戦士ガンダム」のストーリー上はジオン公国が地球連邦へ独立戦争を仕掛け、最終的にはジオンの敗北で終戦します。そんな戦いを何とか覆せないだろうかと、色々と仕掛けていきますが、まったくダメ。宇宙と地球が舞台なのですが、地球へ降りる事さえままならず、あえなく全滅。「次はもっと上手くやるぞ」と決意しました。

2回目は「地球連邦軍」を選択。まだ途中ですが、これもおもしろいです。ゲーム中、設定していく項目があるのですが、中でも「開発」と言う項目が素敵です。新兵器を開発したり、基本的な兵器に投資をしたりします。資金と資源によって兵器は生産されますが、何をいくつ作るのか?新兵器の研究費はいくら投資するのか。経営の要素も入っています。

ゲームをやってみると、説明書がよく分かります。やりながら自分なりに理解したモノを、はっきりと確認できます。「人事」の項目もあるのですが、この辺がまだ手付かずです。単純な作業の繰り返しにはなるのですが、モビルスーツ等の兵器を操作できない微妙なもどかしさがハマり度をアップしているのかもしれません。

そう言えば、8月19日(金) BS2 19:30~翌5:00 で、BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」が放送されます。『劇場版機動戦士ガンダム』三部作を、劇場版オリジナル音声にて一挙放送したり、富野由悠季監督がVTRで出演し、創作の秘密・自作への思いをたっぷりと語ります。この番組を見て、ゲームをすればますますハマる事受け合いです。

2005/08/16

アフィリエイトプログラム登録!

アフィリエイトプログラムへ登録してみました。前から言葉は聞いた事がありましたが、よくよく調べてみるとなんだかおもしろそうだったので、思い切って登録。

「Affiliate[アフィリエイト] ─ 提携(ていけい)する、加盟(かめい)する」

と言う意味で、個人または法人のサイトが、自分のサイト内に「商品」や「資料請求」「会員登録」などを促進する企業と提携をし、自分のWEBサイト内にリンクを貼り、自分のWEBサイトに訪れた一般ユーザーが、そのリンク経由で商品を購入したり、資料請求を行ったり、会員登録をした場合に、それぞれの成果に応じて企業サイトからアフィリエイトサイトに対して報酬が支払われる、という仕組みがアフィリエイト・プログラム。

まずは、リンクシェア アフィリエイトプログラムに登録。自分のサイトの情報や振込銀行口座等を登録し、審査を待ちます。リンクシェアの良いところは月1円からでも報酬を送金してくれると言う事。他のプログラムでは一定金額まで保留するサイトもあります。

審査が通ると「アフィリエイトサイト」登録完了のお知らが来ます。ログインし、今度は提携したい企業サイト(ECサイト)を選択し、申請。こちらも審査が通るとメールが届きます。この際、どういう条件で報酬が発生するのかを確認しておくと良いでしょう。

次は自分のサイトにリンクを貼ります。「リンクの作成」ボタンをクリックし、自分のサイトに合ったバナーを選択して、アドレス等を設定します。これで完了です。あとは記事を書く際にその文章内のリンクにリンクシェア経由用のアドレスを設定しておけば良いです。

何でもかんでも登録すればいいと言う訳ではなく、やっぱり自分のサイトの内容と合ったモノ、近い企業を登録するのが良いんだろうなあと思います。

2005/08/15

「ネバーランド」私的映画考Vol.18

この「ネバーランド」を劇場で見たとき、正直、演技の上手さはよく分かりませんが、なんとなく主演のジョニー・デップがアカデミー主演男優賞を受賞するのではないかと思いました。結局は「Ray/レイ」のジェイミー・フォックスが受賞したのですが、ジョニー・デップの真摯な演技に惹かれました。

「ピーターパン」は多くの人が知っている物語。永遠に大人にならない少年・ピーターパンが空を飛び回り大冒険をします。本作「ネバーランド」は劇作家ジェームズ・バリが「ピーターパン」誕生のキッカケになった、ある家族との出逢いから始まります。

ジム(ジョニー・デップ)は冷え切った夫婦生活に疲れ、芝居も上手くいっていませんでした。そんなある日、ジムは公園で、父親を病気でなくした母と4人の兄弟たちと出会います。何もかも諦め、深刻な雰囲気を持つ三男ピーター。少し気むずかしい。

次第にジムと家族たちは仲良くなり、様々な空想の世界へと入り込む遊びをしていきます。そんな一コマ一コマが「ピーターパン」の物語の基になっていきます。面白いのは遊びの中で、空想と現実の映像が絶妙なタイミングで切り替わります。ピーターは現実から抜け出せず、少し冷めています。そんな状況を見事に見せる演出で、面白いです。

ズバリ泣き所は、終盤の舞台での上演シーンからラストシーンまで。もう、泣きっぱなしです。「ピーターパン」の初演の夜、少年は大人へと成長し、夢の舞台は始まっていきます。想像の世界へ引き込まれていく少年ピーターは、観るものすべての代表で、「僕たちの物語」なんですね。

また、本作では「死」も重要な意味を持っているように感じました。劇場で見た時はあまり感じませんでしたが、今回、あらためてDVDで見た時にそう思いました。劇中の台詞で「死ぬって事はすごい冒険なんだろうな」と言うピーターパンの台詞がありますが、生きる事自体も大冒険なんだと思えます。

大人にならない「ピーターパン」と、本作に登場する少年たちが大人になっていく情景との対比が面白く、「大人になる事を急ぐな」というジェームズ・バリの想いが響いてくるような作品になっています。

本作を見ていて「創造力=イマジネーション」はすごく良い言葉に感じました。心の奥底からわき上がる想い。それがイマジネーションではないのかと。「創造力と信じる事」は相反するようにも思いますが、でも本作を見ると同じ次元にあって良い言葉なんだと思えます。

2005/08/14

貴金属積立って

以前、投資信託外貨預金について書きましたが、今日は貴金属積立。私は田中貴金属のG&Pプランナーで「金」を積み立てています。貴金属積立は景気に左右されず安心感のある資産として注目されています。社会不安があると取引価格が上昇される傾向があります。現在は原油高の影響か右肩上がりにグラフは上がっています。

始めたのは2002年10月。毎月5000円。ジャパンネット銀行から引落になっています。積立以外にも、価格が下がった時など、随時購入も可能です。始めた頃の取引価格は1370円程度。上がったり下がったりを繰り返しますが全体を見れば右肩上がり。5000円の積立ですから、毎月3~4gになります。

パソコン上の数字だけで、実際には見た事がないので、「金」の実感はありません。100g貯まると「地金」として引き出す事ができます。が、2年ほど積み立てて150gほどになった時に、ちょっと高かったので売ってしまいました。1万円ほど儲かりました。

2月と8月に上昇のピークがあると昔本で読んだ覚えがありますが、最近はあまりその傾向は確認できません。G&PプランナーのHPでは取引相場推移のグラフが見られますので、いつでも確認できます。それも数年前の分まで確認できます。

1日、1ヶ月の上がり方で一喜一憂するようなタイプの資金ではありません。長い目で見て、かつ安定感のある資金として、運用の一つの選択肢として利用していくと良いかもしれません。

2005/08/13

PSPって

ソニーのPSP(プレイステーションポータブル)は、もちろんゲーム機としても使えますが、それ以外にも音楽も聴けるし、映像も見る事ができます。メモリースティックデュオが使えますからデータの移動もカンタンです。もちろん、USB端子もあります。

それ以外にも無線LANも装備。PSP同士を接続する「アドホックモード」とインターネットに接続する「インフラストラクチャモード」があります。以前はインターネットに接続して、PSPのバージョンアップ(アップデート)をする事が主な使い道でしたが、7/27のバージョン2.0からはインターネットブラウザ機能を追加。早速、アップデートしてみました。

ブラウザは表示時間が若干長めな気がしますが、とりあえずホームページを見る事ができます。こうなると、ゲーム機でもあるし、音楽プレーヤでもあるし、ビデオプレーヤでもあるし、ホームページも閲覧できますから、何でもこいです。少々、バッテリの使用時間が短い感じがしますので、長く使う時は、交換用のバッテリを持ち歩けば、ちょっとした時間に何かしたい時、時間つぶしに使う事ができます。

携帯電話もパソコン並みに色々な事ができるし、PSPも負けずに色々できるし、HDDレコーダも言ってみればパソコンみたいなモノ。今後、パソコンと家電の融合が進み、すべてがパソコンで操作できる時代がやってくるのかもしれません。

2005/08/12

明日からお盆休み

毎日暑い日が続いていますし、ここ数日は雨模様で蒸し暑いです。待機が不安定な状態が続いているようで、ときおりどしゃ降りの雨が降ります。そうなると走行中、窓が開けられないので、エアコンを付けると、プリウスくんの燃費も下がってしまいます。暑くても我慢してエアコンをあまり付けないようにしていますが、最近の燃費は25km/L。

明日から当社はお盆休み・夏季休業。8/13~18までの6日間です。お墓参りに行って、あとはのんびりしようかと思っています。映画館へも行きたいのですが、観たい作品がこの期間にありません。なので、DVD鑑賞をしようかと。予定しているのは「ネバーランド」「スクールオブロック」他。あとは、PSPでゲーム(「ギレンの野望」)かな。暑いので、涼を求めてドライブなんかも良いかもしれません。

お盆を過ぎたら、暑さも和らいで、秋の気配を感じさせてくれると良いのですが・・・。そしたらプリウスくんの燃費も上がるはずですしね。

2005/08/11

PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」

ハマってしまいました。何にってゲームです。本日8/11発売のPSP版の「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜」です。

あんまりゲームはしないのですが、ソニーっ子の私としては新しいゲーム機が発売されればとりあえず購入。初代プレイステーションも、二代目プレイステーション2も予約して買いました。昨年12月に発売になったPSP(プレイステーションポータブル)も予約して発売日に購入。

PSPはなんと言っても手軽に出来るのが良いです。従来の機械はテレビに接続するのが前提ですから、仰々しい感じもします。PSPは両手に少し足りないくらいのサイズですから、ちょっとしたカバンに入りますし、ちょっとした時間があればすぐにできます。

とは言え飽きっぽい私はすぐに止めてしまうのが今までのパターン。PSPも最初の数ヶ月はやっていましたが、最近はまったくやっていませんでした。

で、今日発売の「ジオンの系譜」を買ってみたのはシミュレーションゲームをやってみたかったから。それもガンダムを昔、楽しんだ世代としては「もしも」の世界を楽しめるゲームは興味津々。あまり説明書を読まずにやったので、最初は何をするのかさえ分かりませんでしたが、やっていくうちに楽しくなってきました。

これはやばい感じです。つづきはまた今度。

2005/08/10

最近めっきり

最近、めっきりDVDの購入枚数が少なくなりました。映画館で年間100本の鑑賞を目指し、ここ2年は達成しています。映画館で観た作品の中から良かった作品、また観たい作品、手元に置きたい作品のDVDを購入するようにしています。何度も見たい作品もあるし、メイキングを観たい作品もあります。様々な理由で購入にいたる訳ですが、それがめっきり減ってしまいました。

目が肥えたのでしょうか、それとも良い作品に巡り会っていないのでしょうか。数年前はDVDの単価が高かったのもありましたが、「月に購入は3枚まで」なんてルールを決めていましたが、最近ではそんなルールはお構いなしに、欲しい作品は買うと言う感じです。なのに、です。少ないのです。

最近は、昔のTVアニメシリーズやドラマなんかがBOXで発売されるようになり、それは買う事もありますが、映画それも洋画だけを言えば今年はかなり少な目。7月末現在で16タイトル。7月にいたっては買っていません。2004年は同月までで28タイトル、2003年は30タイトル、2002年も30タイトル。半分になってしまいました。

数年前は観た事がある作品の他に、見た事はないがどうも惹かれる作品も良く購入していました。今年は観た事のない作品を買う事が少ないのかもしれません。劇場で見た事がない作品をドキドキしながら見て、その作品が良かった時の喜びようと言うのはすごいモノなのです。

今年、劇場で観ないでDVDを買った作品は、

僕はラジオ
ピエロの赤い鼻

ふたりにクギづけ
五線譜のラブレター

いずれも良作揃いでした。堅く、失敗のないDVD鑑賞も良いのでしょうが、時々冒険して見るのも良いのかもしれません。時にはチャレンジが必要なんですね。

2005/08/09

新潟まつり花火大会

今夜(8/9)は新潟まつりの花火大会。昔は良く見に行っていましたが、最近はもっぱら家にいてちらりと見る程度。

信濃川の下流で打ち上げられるのですが、数年前から打ち上げ場所が少しだけ上流へ移動。そのため、我が家のお風呂場から見える位置になりました。花火の打ち上げ時間に合わせて入浴し、露天風呂よろしくお風呂場の窓を開け、灯りを消し花火を眺めます。湯船に浸かって見えれば良いのですが、そんな訳もなく、湯船のへりに座って見ました。

花火は見えるには見えるのですが、風向きも悪く、少しずつ煙で欠けていきます。目の前に点滅する信号機があって、目がチカチカしてきます。でも、ドンドンという音はよーく聞こえます。風が気持ちよく、少しだけ露天風呂気分を味わいました。

2005/08/08

「エイリアン4完全版」私的映画考Vol.17

先日、DVD「エイリアンアルティメットコレクション」に収録されている「エイリアン4完全版」を観ました。DVD-BOXとしてエイリアンシリーズ4作品をディレクターズカットや完全版として収録し、音声も全作dts仕様、それぞれのメイキングディスクとボーナスディスクで全9枚組。ファン垂涎の”究極”仕様で、製作25周年を飾るにふさわしい内容です。

発売されたのが2004年4月。時々思い出したように1作ずつ鑑賞していき、ようやく最近4作を見終わりました。久しぶりに観た作品もありましたが、劇場公開版とは違う編集がされている作品は新鮮に感じました。

シリーズ4作は基本的な設定を踏襲し、かつ、それぞれの監督の個性が光る良作揃い。1作目はリドリー・スコット、2作目はジェームズ・キャメロン、3作目はデビッド・フィンチャー、4作目はジャン=ピエール・ジュネと今をときめく監督が綺羅星のごとく居並びます。

今回観た「エイリアン4完全版」は劇場公開版とは異なるオープニングとエンディング、リプリーの復活の過程を事細かく描いています。前作で最後のエイリアンと共に自らの命を絶ったはずのリプリーがクローンとして甦ります。劇場公開版はクローンとして甦った過程は途中で分かる演出でしたが、完全版は匂わせる演出ではなくはっきりと描きます。何度か見た人にとってみれば、分かり切った事ですから、それはそれで良いのでしょう。

今回観てあらためて思った事。エイリアンシリーズはリプリーの地球帰還への物語だったと。1作目からの時間経過は400年くらい経っているのか(確かな年数を確認していません)、長い長い旅路だったのです。1作目では脇役なの?と思わせるくらい前半では存在感がありませんでしたが、終盤で生き残ってからは、どんどん存在感を増していきます。2作目では少女を守る母としての存在を描きます。リプリーには娘がいましたが、地球へ向かうコールドスリープ中に亡くなっています。生き残っていた少女に自分の娘の面影を抱き、守ると言う強い意志をパワーへと変えていきます。

3作目では男性しかいない囚人惑星へ。男性の中に女性が一人。そのリプリーの存在自身がエイリアンのようでした。そして、4作目、一度は死んだはずのリプリーはエイリアンの遺伝子をも持ち、本当のモンスターとして登場。エイリアンを母星である地球へ持ち込ませるのを阻止すべく、そしてエイリアンとの決着を付けるべく獅子奮迅の戦いをします。エイリアンも進化を続け、リプリーの遺伝子を持つエイリアンは母胎から誕生します。生まれたエイリアンの女王を母と思わず、リプリーを母として求めます。そこには、かつての少女への思いにも似た感情がリプリーにはあるのです。

劇場公開版のラストは宇宙船が地球へ接近するところで終わっていますが、完全版では地球に降り立ち、廃墟と化した星を見つめるリプリーまでを描きます。そこには「知らない星」があるだけでした。エイリアンとの戦いに人生を捧げ、目的を果たしたリプリーに何が残っているのか?空虚な自分を感じたに違いありません。この先、文字通りモンスターとなったリプリーはどう生きていくのか?悲しい結末のように感じました。

2005/08/07

ニメラ?!

2006年3月に@Niftyのパソコン通信サービスが終わってしまうと、現在使用中のパソコン通信用メールソフトNiftermが使えなくなってしまいます。1995年11月からNiftermを使い続けている私としてはとても悲しい事です。

で、調べてみたらありました。Niftermの作者のDaytime氏が新しいメールソフトを開発中とのこと。その名もニメラ(仮称)。ニフターム風メーラの略称のようです。キメラのようでちょっと怖いですが、仮称なので、もう少し取っつきやすい名前になるのではないでしょうか。

NifTermと同様の操作性と、現在のNifTermの過去ログ(メールのみ)を取り込み可能になるらしいです。私はメールの内容を検索することが良くあるので、過去ログが取り込めると大変助かります。Niftermの操作性が良かったので、使い勝手が同じだとなお嬉しいです。

Outlook Expressはウィルス等のセキュリティが不安だし、他にも良いソフトがあるのだろうけど、よく分からないしで、次はどうしようか迷っていたところでした。現在、開発中でまだまだ詳細は予定段階ですし、価格も未定ですが、β版公開が待ち遠しいです。

2005/08/06

プリウスくんが行く!Vol.11

先日、ガソリンスタンドに行った時のこと。最近、暑い日が続いていてさすがにプリウスくんのエアコンを使う機会が多くなってきました。停車中にエアコンを使う事もあるので、少々バッテリが気になっていたので、点検してくれるように店員さんにお願い。

すると、「どこにバッテリがあるんですか?」と店員さんに聞かれたので、そう言えばどこにあるのか見た事がなかったのに気付いた。エンジンルームの中だろうと見てみると確かにない。モーター用の大型バッテリ(駆動用電池)とは違い、ガソリン車にあるようなバッテリがあると聞いた覚えはありましたが、どこにあるのか確認をした事がなかったのでした。

家に帰って取扱説明書を確認してみると、「補機バッテリー」が確かにありました。エンジンルームにはなくラゲッジルームの下部、運転席側にありました。特殊なバッテリーのようで、プリウス専用らしいです。

1年以上乗っていて、何ともなかったのは幸いですが、知らなかったのはちょっと恥ずかしい話しでした。そう言えば、後部座席の運転席側の窓側にエアコンの吹き出し口のようなモノがあります。これは何だろう?と思ったのもつい最近の事。調べてみると大型バッテリの冷却用のファン。きっとまだまだ知らない事があるのでしょう。あはは。

2005/08/05

祝!@Nifty入会10周年

今朝(8/5)、パソコンを開けメールの確認をしていたら、ちょっぴり嬉しいメールが来ていました。

「 @niftyを10年間ご利用いただきまして誠にありがとうございます。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。      From  @nifty スタッフ一同」

あ、10年なんだ。あんまり気にしていませんでしたから、ちょっとビックリして、ちょっと嬉しかったです。思い起こせば10年前。Windowsのセミナーに参加していて、そのコースの一つにパソコン通信をする日があって、それが1995年8月5日だったのです。先ほどマイツールのスケジュール管理のデータを確認しましたら確かにありました。

その当時はまだメールをするのにもパソコン通信でしたし、@Niftyもニフティサーブという呼び名でした。セミナーですでにNiftyに決まっていたので、パソコンに向かい指示通りにIDを登録。ドキドキ、そしてワクワクしていたあの夏の日を今でも憶えています。何かが始まるような予感がしました。

その後、ホームパーティ、パティオなんかのサービスを利用し、全国の人々と交流する事ができました。これまた楽しかったです。インターネットとは違って、単なるテキストデータのやりとりなんですが、暖かみを感じられるサービスでした。今年になってパティオのサービスも終了。寂しい気がします。

インターネットが普及し、携帯電話が普及し、メールは誰もができる時代がやってきています。@Niftyのパソコン通信サービスも2006年3月末で完全に終了するようで、会員種別も@nifty(旧NIFTY SERVE)会員もなくなるようです。

誰もがホームページを持てる時代。様々なパソコン通信サービスは終わりますが、ブログと言う新しいサービスを使って、皆様と交流できたらそれはそれで素敵な事です。よりカンタンにより快適により良いサービスを提供してくださる@Nifty様に感謝です。

2005/08/04

バックアップのススメ

「パソコンは壊れるモノ」と私は思っています。未来永劫使い続けられるはずもなく、それこそ、使い方によっては2,3年が寿命でしょう。「絶対に壊れない」なんて事はなく、いつかは壊れる日がやってきます。だからこそデータのバックアップを怠らないようにしています。

一番怖いのがハードディスクドライブ(HDD)の破損。HDDがクラッシュなんて話しは良くあります。ちょっとした衝撃でHDDが部分的に壊れる事も多々あります。そんな時でも、最初から入っているプログラムや、自分でインストールしたプログラムはCD-ROMさえあれば、カンタンに元に戻ります。しかし、入力したデータだけは元には戻りません。

そこで、私は日々バックアップをしています。

よく使うマイツールのデータとNifterm(メールソフト)のデータは、3日に1回ほど、Dドライブへフォルダ丸ごとコピー。MTのファイルで頻繁に更新するモノは、MT上の別のファイルに1日1回程度コピーしています。MTは良くできたモノで、バージョンアップしてもデータの互換性があります。なので、スケジュール管理のデータの古いモノは1993年の日付ですし、もっと前から使っているデータも未だに使用できます。

当然、先日ご紹介したマイドキュメントもMTのフォルダの下にありますから一緒にバックアップされます。

パソコン自体が壊れてしまえばCドライブもDドライブもあったもんじゃないですから、外付けのHDDドライブへもコピーしています。1ヶ月に1回は実行するようにしています。こちらはよく使うデータ以外も含めてほぼ全部をバックアップ。BUFFALO HD-160U [IEEE1394&USB1.1対応 外付型ハードディスク 160GB]です。IEEE1394で接続。どんどんパソコンのHDDの容量が大きくなっていくので、外付けHDDも大きくなっていきます。買い換えが必要になったら、前の外付けドライブはネットオークションで売却です。

これだけやっていても何が起こるか分かりませんから、完璧とは言えません。とりあえずの用心です。こうしておけば、いざデータが壊れただとか、うっかりデータを消してしまったと言う時でも対処ができます。

転ばぬ先の杖よろしく、万が一転んでも大丈夫なようにデータのバックアップは充実させていきたいモノです。「パソコンは壊れる」のは当たり前。そう認識しているかどうかだけでも違いますからね。

2005/08/03

外貨預金って

モノの本によると資産運用は、すぐ使うお金と、3年以内に使うお金と、5~10年先に使うお金という風に分けて考えると良いとあります。そんなに貯金がある訳ではありませんが、すぐ使わないお金があったので、外貨預金に挑戦してみました。

外貨と言っても色々あって、米ドル、ユーロが一般的でどこの銀行でも扱っています。他にも英ポンド、カナダドル、オーストラリアドル等々があります。私はインターネットバンクのソニー銀行の口座を開設していたので、そこで外貨に挑戦です。

インターネット銀行は店舗を持たない銀行で、パソコンの画面上で残高確認や資金の移動、振込、定期預金の申込なんかができます。もちろん通帳はありません。必要な場合は画面上で確認します。データのダウンロードもできますから、パソコン上に保存して使用する事もできます。CSV形式でダウンロードをすれば、カンタンにマイツールやエクセルのデータとして扱えますから、MTならデータ上で、ソートやサーチができるようにしています。

初めて外貨に挑戦したのが、2002年の8月。ドルは為替差益が見込めそうもないし、利率もそんなに良くない。ユーロが始まったばかりだったので、上がる可能性もあるし、利率も2%台だからと言う事で、ユーロに決定。ソニー銀行の普通預金にあった円をユーロに交換。その当時1ユーロ=116円でした。10000ユーロ買ったので116万円也。金利は2.46%。期間は1年の定期預金にしました。

それからは、毎日ように為替相場をネットで確認。Yahoo!ファイナンスのユーロのページを見ては一喜一憂していました。毎日毎日上がっていくのを楽しく見ていました。1年後の2003年8月には1ユーロ=135円まで上昇。利息も付いて10197ユーロになりました(税引き後)。満期には自動解約を選択しておいたので、ユーロの普通預金口座へ。満期の扱いは選択が可能です。元利自動継続、元金自動継続、自動解約。

一時期140円なんて事もありましたから、あわよくばもう少し上がるのでは?なんて思っていたので、すぐには円にはしませんでした。ちょっと上がったなと思っては少しずつ円に換えたりしていました。

結局、解約してすべて円に交換したのは2004年1月。ユーロ普通預金の解約利息も付いて合計10201ユーロ。日本円にして約135万円。差引19万円の儲けでした。これはビキナーズラックだろうなと思いました。

ソニー銀行は円の普通預金0.05%、定期預金(1年)0.078%と一般の銀行よりも金利が良いですし、外貨預金にいたっては為替手数料が片道25銭(ドル・ユーロ)と安価です。時々外貨キャンペーンをやっている時など、もっと安いです。取り扱っている外貨の種類も抱負です。

外貨は元金の保証がありませんから、リスクがありますが、日本円に比べて利率が高いので、多めのリターンが望めます。外貨だけでは不安という場合は、堅く日本円での定期預金も混ぜて、分散させるのが良いかもしれません。

現在は、オーストラリアドルの定期預金に挑戦中です。1豪ドル=75円で4000豪ドル買いました。金利は4%台。夢のような話しです。現在は1豪ドル=85円程度。よほどの事がない限り、損をする事はないと思えます。すぐに使わない資金があるのであれば、挑戦してみるのも良いかもしれません。

2005/08/02

長岡まつり大花火大会

今夜(8/2)は新潟県長岡市の「長岡まつり大花火大会」を見に行ってきました。昨年10月の中越地震の復興の願いを込めた花火が、夜空を埋め尽くしました。

日中は34,5度あった今日の新潟地方。夕方になってもまだまだ蒸し暑かったですが、打ち上げ場所は信濃川と言う事もあって、ときおり涼しい風が吹き抜けます。

開始は19:25。ドンドンという音ときらびやかな光の連続です。名物の三尺玉も雄壮です。終盤の「フェニックス」はすごかった。6箇所から大型の花火が次々と同時に打ち上げられます。見える範囲すべてが花火に覆い尽くされたようになり、その名の通り、火の鳥が大きく翼を広げ生まれ変わるようでした。復興の象徴となる事でしょう。

DSC03877

DSC03880

DSC03901

玉置浩二LIVE「今日というこの日を生きていこう」

7/27にWOWOWで放映された玉置浩二コンサートツアー2005「今日というこの日を生きていこう」ENCORE LIVE in Zepp Tokyoを見ました。NEWアルバムからの曲を中心に、ちょっと懐かしい曲、安全地帯時代の曲等々を演奏。最近、玉置のライブに行っていないので、臨場感いっぱいの中継にちょっと熱くなっていました。

歌はもちろん良いのですが、合間にある玉置のインタビューが良かったです。ライブではほとんど喋りはないので、その分、いい話が聞けたと言う感じです。これまでの事、これからの事、音楽の事、人生の事・・・。ホントに歌うことが好きなんだなあと言う感じがします。きっと、歌い続ける事がイコール人生なのでしょう。まさに”ライブ”なんですね。がんばる必要なんかない、力を抜いて好きな事を元気にやれる事、そんな単純な事を日々繰り返しているって事の素晴らしさを実感できます。リハーサル風景もときおり入ります。こちらもまた楽しそうで良いです。

1 さよならにgood Bye
2 Cafe Japan
3 Honeybee
4 ルーキー
5 グライダー
6 あなたに
7 ひかり
8 太陽さん
9 闇をロマンスにして
10 メロディ
11 ワインレッドの心
12 愛されたいだけさ
13 古今東西
14 スイスイ
15 しあわせのランプ
16 明かりの灯るところへ
17 甘んじて受け入れよう
18 凡人
19 Junk Land
20 田園
21 夏の終わりのハーモニー
22 悲しみにさよなら

おなじく7/27に同名のライブCD「LIVE!!今日というこの日を生きていこう」が発売されました。これまた良い感じなので、ライブへ行った人も行かなかった人も、WOWOWのライブを見た人も見なかった人も、聞いた事がない人もぜひぜひ聞いてみてください。秋にはDVDも発売されるようです。

2005/08/01

プリウスくんが行く!Vol.10

●ドキドキ!ETC編 その3

ETC初体験を終えて自宅に戻ったら、早速、ETC前納割引の残高をチェックです。事前に10500円分を購入してあったので、どんな風に表示されるのか確認です。

まずは日本道路公団ETCサービスのサイトを表示。続いて、前払割引サービスのページ。まだ期限付きパスワードの状態でしたが、かまわずにログインします。「会員用トップページ」からログインボタンをクリック。出ました出ました。

「現在の残高9150円」。利用明細のボタンをクリックすると詳細が確認できました。日付、時間、利用IC名、通行料金等々。前払利用金額に同じ金額がある事を確認します。確か1350円でしたから、差引9150円で間違いありません。

これが4ヶ月分確認できるんだとか。今後、深夜割引や、通勤割引等の時間帯割引を利用した場合、この画面から通常の料金との差額を計算していくらお得になったかを調べる事が出来ます。ETC車載機の価格が取付工賃込みで19800円でしたから、元を取るのもそう遠くない事でしょう。

メニュー画面を見ている時になる表示があります。「ハイカ付け替えサービス」です。文字通りハイウェイカードをETCの前払残高に充当できるサービスのようです。ETCを導入する前に使っていたハイカはまあ使う事はありません。書類に記入し、ハイカとETCカードを持って料金所事務室へ行くと、手続きが出来るようです。こりゃ便利だ。

ETCサービスは充実しているようですから、賢く利用していきたいです。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ