« 外貨預金って | トップページ | 祝!@Nifty入会10周年 »

2005/08/04

バックアップのススメ

「パソコンは壊れるモノ」と私は思っています。未来永劫使い続けられるはずもなく、それこそ、使い方によっては2,3年が寿命でしょう。「絶対に壊れない」なんて事はなく、いつかは壊れる日がやってきます。だからこそデータのバックアップを怠らないようにしています。

一番怖いのがハードディスクドライブ(HDD)の破損。HDDがクラッシュなんて話しは良くあります。ちょっとした衝撃でHDDが部分的に壊れる事も多々あります。そんな時でも、最初から入っているプログラムや、自分でインストールしたプログラムはCD-ROMさえあれば、カンタンに元に戻ります。しかし、入力したデータだけは元には戻りません。

そこで、私は日々バックアップをしています。

よく使うマイツールのデータとNifterm(メールソフト)のデータは、3日に1回ほど、Dドライブへフォルダ丸ごとコピー。MTのファイルで頻繁に更新するモノは、MT上の別のファイルに1日1回程度コピーしています。MTは良くできたモノで、バージョンアップしてもデータの互換性があります。なので、スケジュール管理のデータの古いモノは1993年の日付ですし、もっと前から使っているデータも未だに使用できます。

当然、先日ご紹介したマイドキュメントもMTのフォルダの下にありますから一緒にバックアップされます。

パソコン自体が壊れてしまえばCドライブもDドライブもあったもんじゃないですから、外付けのHDDドライブへもコピーしています。1ヶ月に1回は実行するようにしています。こちらはよく使うデータ以外も含めてほぼ全部をバックアップ。BUFFALO HD-160U [IEEE1394&USB1.1対応 外付型ハードディスク 160GB]です。IEEE1394で接続。どんどんパソコンのHDDの容量が大きくなっていくので、外付けHDDも大きくなっていきます。買い換えが必要になったら、前の外付けドライブはネットオークションで売却です。

これだけやっていても何が起こるか分かりませんから、完璧とは言えません。とりあえずの用心です。こうしておけば、いざデータが壊れただとか、うっかりデータを消してしまったと言う時でも対処ができます。

転ばぬ先の杖よろしく、万が一転んでも大丈夫なようにデータのバックアップは充実させていきたいモノです。「パソコンは壊れる」のは当たり前。そう認識しているかどうかだけでも違いますからね。

« 外貨預金って | トップページ | 祝!@Nifty入会10周年 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/5275316

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップのススメ:

« 外貨預金って | トップページ | 祝!@Nifty入会10周年 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ