« 2005.09映画鑑賞総括 | トップページ | 旅にでるなら Vol.9 »

2005/10/01

「FOLLOWING フォロウィング」私的映画考Vol.24

今日は「FOLLOWING フォロウィング」のDVDを観ました。「メメント」「バットマンビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督作品。

「メメント」を映画館で観た時の衝撃というのはいまだに忘れません。10分間しか記憶が保たない主人公の足跡を、時間軸を遡るというカタチで構成された作品で、主人公と同じようにいったい何が起こったのか、自分は何者なのか、何も分からないままで、ドキドキの展開が刺激的でした。

で、今日観た「FOLLOWING フォロウィング」はノーラン監督のデビュー作。モノクロの画面に、主人公のモノローグで始まります。作家志望のビルは作品の題材を街に出て探すウチに尾行するようになります。犯罪めいたことは考えていず、自分なりのルールをもって尾行するだけ。そんなある日、尾行していた男に問いつめられます。その男は空き巣だったのです。その男と空き巣を続けるようになってしまったビルは、事件に巻き込まれていきます。

モノクロの画面がどことなく緊張感を醸し出し、いったい何が始まろうとしているのかとドキドキ。「メメント」同様、時間軸が無秩序に入れ替わりこれがまた不思議な違和感と共にドキドキ。音楽が少なく、ドキュメンタリータッチの映像に拍車を掛けます。このドキドキ感が、「メメント」を観た時と同じように、主人公と同化していくような感じがしました。

DVDでは時間軸通りに鑑賞できる「クロノロジカルシークエンス再生」が映像特典として収録されています。DVDならではの鑑賞方法でしょう。まだ鑑賞はしていませんが、また違ったドキドキ感があるかもしれません。

« 2005.09映画鑑賞総括 | トップページ | 旅にでるなら Vol.9 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/6203876

この記事へのトラックバック一覧です: 「FOLLOWING フォロウィング」私的映画考Vol.24:

« 2005.09映画鑑賞総括 | トップページ | 旅にでるなら Vol.9 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ