« プリウスくんが行く!Vol.16 | トップページ | 「イン・ハー・シューズ」にプリウス »

2005/11/22

「イン・ハー・シューズ」私的映画考Vol.27

昨日、「インハーシューズ」を観てきました。久々に感動して涙があふれました。

弁護士の姉・ローズ(トニー・コレット)のアパートに、美しい容姿だが、仕事にも就かずにフラフラしている妹・マギー(キャメロン・ディアス)が転がり込んできます。実家には嫌みな継母がいて、父親との関係もギクシャクしています。ある日姉妹はケンカをして、マギーはアパートを追い出され、行き場がなくなってしまいます。そこで、音信不通だった祖母を訪ねてフロリダへ。老人施設に住む祖母と久々の再会をし、そこからドラマは広がっていきます。

老人施設に来てもフラフラしているマギーに、祖母は「ここで働きなさい」と。ここからが凄く良いです。おじいちゃんおばあちゃんたちは良い味のキャラクターばかりで、思わず微笑みがこぼれます。老人たちとの交流でマギーは少しずつ変わっていきます。

中でも盲目の教授とマギーとの交流のシーンが優しさに溢れていて良いです。読書障害を持つマギーに教授は「詩はゆっくり読むモノだ」と。ここでウルウル来てしまいました。苦手なモノを克服するには、それ相当の勇気がいります。それを優しく背中を押してくれる人がいる。こんなに素敵なことはないんではないでしょうか。

この他にも様々な人間関係を描きます。父と娘、母と娘、祖母と母、祖母と父、、、、。わだかまりや誤解、いらだち等々。微妙な人間関係の機微を見事に描いていきます。

ズバリ泣き所はラストの結婚式のシーン。書きたいところですが、ここでは伏せておきます。

人は出逢いによって変わっていく。その言葉をあらためて認識した作品です。愛のカタチは様々で、不器用なのもまた愛なのでしょう。寒い季節になりましたが、心温まる感動作はいかがでしょうか。この冬、オススメの一本です。

« プリウスくんが行く!Vol.16 | トップページ | 「イン・ハー・シューズ」にプリウス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

ふくちゃんさん、こんにちは。

コメント、トラックバックありがとうございます。
私も予告編しか予備知識がなく、いつも映画館へ行きますが、良い意味で期待を裏切ってもらえましたね。実は、キャメロン・ディアスの出演作(主にコメディ)はあまり期待はしないので、なおさら良い裏切り方でした。

ぜひ、これからもお立ち寄りください。お待ちしております。

はじめまして!
TBさせていただきました。
ほんとになかなかいい映画でしたね。予備知識なく観たので、けっこうジーンとするシーンもあって思いがけずいい映画を観れたと思いました。

フロリダのお年寄りがまたみんな良かったです。
その中で、マギーが少しずつ変わっていく過程もよく描けていたしラストまで自然でした。

これからも寄らせてもらいますね。よろしくお願いします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/7259877

この記事へのトラックバック一覧です: 「イン・ハー・シューズ」私的映画考Vol.27:

» 【試写会】イン・ハー・シューズ【2005・アメリカ】 [Happyになれる映画を観よう♪]
★★★★★☆彡 マギー(キャメロン・ディアス)は、ルックスは、イケてるけど、学歴も資格もキャリアもなく、無職。 姉のローズ(トニ・コレット)は、弁護士として成功しているが、恋のほうはさっぱりうまくいかない。 幼い頃に母を亡くした姉妹は、友達でもあり、... [続きを読む]

» 『イン・ハー・シューズ』 [京の昼寝〜♪]
■監督 カーティス・ハンソン ■脚本 スザンナ・グラント ■原作 ジェニファー・ウェイナー ■キャスト キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン、リチャード・バージ、ブルック・スミス、ノーマン・ロイド □オフィシャルサイト  『イン・ハー・シューズ』 弁護士のローズ(トニ・コレット)は、義理の母親に家を追い出された... [続きを読む]

» ふくちゃんの映画日記 その25 [ふくちゃんの懸賞日記]
「イン・ハー・シューズ」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   映画館鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:キャメロン・ディアス、トニ・コレット他 弁護士のローズ(トニ・コレット)は、義理の母親に家を追い出された妹、マギー(キャメロン・ディアス)を仕方なく自宅に居候させるが、当のマギーは、仕事も決まらず勝手し放題。挙げ句、ローズの恋人とベッドインした所を目撃さ... [続きを読む]

« プリウスくんが行く!Vol.16 | トップページ | 「イン・ハー・シューズ」にプリウス »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ