« 祝!東野圭吾氏第134回直木賞受賞 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その13 »

2006/01/20

ヘビーユーザーとライトユーザー

なぜあの人は楽しみながら儲かるのか

先日、中谷彰宏氏の「なぜあの人は楽しみながら儲かるのか(ぶんか社文庫)」を読んでいてハッとすることが書いてありました。

「ライトユーザーは、地引き網でなく、一本釣りでしか捕まえられない」

ヘビーユーザーは十把一からげで良くても、ライトユーザーは、一つの分類に少しの人間しか存在しないので、そうもいきません。ライトユーザーのバラバラの要望に対して、それぞれに対応するような売り方、アプローチの仕方、戦術の立て方があります。

ライトユーザーは人数が多くて要望は様々です。そのためには切り口は幾通りもあって、それを捕まえることが必要なんだと。

なるほどなあ。と思いました。その商品が好きな人たちには、切り口は一つで良くても、それほど好きでない人たちには、どういう切り口が良いのか。ヘビーユーザーが7割に対してライトユーザーが3割とします。この3割の内のどれくらいを捕まえるか、興味を引けるか。ライトユーザーをいかに捕まえるかというのも、商売の分かれ目なのかもしれません。

ヘビーユーザーとライトユーザーの扱いを逆に考えてしまいがちですし、よーく考えると当たり前のような話しなんですね。なんかドキッとした内容でした。

« 祝!東野圭吾氏第134回直木賞受賞 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その13 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/8244063

この記事へのトラックバック一覧です: ヘビーユーザーとライトユーザー:

« 祝!東野圭吾氏第134回直木賞受賞 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その13 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ