« 世界遺産への旅 | トップページ | 三寒四温 »

2006/03/02

「ジャーヘッド」私的映画考Vol.30

毎月1日は映画の日という事で、昨日3/1は映画館で「ジャーヘッド」を観てきました。「ドニー・ダーコ」「デイ・アフター・トゥモロー」のジェイク・ギレンホール主演。監督は「アメリカンビューティー」のサム・メンデス。海兵隊員たちの生活をコミカルにシニカルに描きます。「レイ/Ray」のジェイミー・フォックスも良い味を出していました。

湾岸戦争。海兵隊に入隊した主人公スオフォードは、最初は入隊したのは間違いだ!と思っていましたが、いつしか戦場に赴くことに。そこでは退屈な日々が待っていました。怠惰な日々を過ごしていましたが、ついに戦争は始まりました。

砂山に立ちつくし、砲撃を受けながらも、まばたきもせず呆然と戦場を見つめる主人公スオフォードの表情が印象的でした。爆風と共に砂が顔に降り注ぎ、音は次第に遠くに聞こえ、無音へ。憧れにも似た感情を抱きつつ戦場へ赴いたスオフォードは、本当の戦争の怖さを身に染みて感じて行くことになります。

民間人も巻き添えにした戦場に、スオフォードは嘔吐し、密かに怒りを感じていたに違いありません。アメリカは確かに正義だったのだろうけど、正義を振りかざしているだけなのかもしれません。高揚感と共に正義のために戦った。異常なまでの戦場の描写に、悲しいけどこれが戦争という現実だと、目をそらしてはいけないんだと、そんな強い反戦のテーマが込められているように感じました。

戦争映画は観ないと言う向きもあるでしょうが、すぐ近くにあった湾岸戦争の現実を観ることも時に必要なのかもしれません。反戦の強い願いを込めながら。

« 世界遺産への旅 | トップページ | 三寒四温 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/8905372

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャーヘッド」私的映画考Vol.30:

« 世界遺産への旅 | トップページ | 三寒四温 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ