« マイフォト更新 | トップページ | 祝!1周年 »

2006/04/22

「DOOMドゥーム」鑑賞

DOOM/ドゥーム

先日、「DOOMドゥーム」を観てきました。近未来SFアクション。

ゲームソフトを元にした作品。B級臭さプンプンなところが楽しめます。設定は未来の地球。火星とは「アーク」という転移装置によって繋がっていて、瞬時に移動が可能。火星基地からのSOSにより、海兵隊員の精鋭8名が出向く。遺跡研究棟でトラブル発生し、6名の研究員は行方不明。通路は入り組み、照明は落ち、暗い通路を海兵隊員は進むが、謎の怪物に襲われる。怪物の正体は・・・。火星基地の運命は・・・。

前半、謎の生命体は影のように蠢き、正体が知れない。この辺がとても怖く、光と影を上手く使った演出。海兵隊員も個性が溢れ、火星基地での過去を持った隊員には因縁があるよう。厳しく統率力を持った隊長役をザ・ロックが好演。

終盤にでてくるゲーム画面のような見た目映像が興味深い。視野が狭く、手持ちの武器が見える。路地を曲がる瞬間、振り向いた瞬間、そこには襲いかかる怪物が!

小気味良いテンポと謎解きの要素を上手く組み合わせたアクション活劇作品。怖さと言うよりは不気味さマンテンで、最後まで楽しめます。生き残るのはいったい誰か!

« マイフォト更新 | トップページ | 祝!1周年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/9691868

この記事へのトラックバック一覧です: 「DOOMドゥーム」鑑賞:

« マイフォト更新 | トップページ | 祝!1周年 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ