« 2006夏VAIO発表! | トップページ | 2006ワールドカップグループリーグ試合日程 »

2006/05/18

欧州チャンピオンズリーグ決勝!

日本時間の今朝(5/18)、欧州チャンピオンズリーグの決勝戦が行われました。イヤー、この試合は面白かった。見応えがありました。早起きして見ましたよ。リアルタイムでは見られそうもなかったので、HDDレコーダーでタイマー録画。追っかけ再生でちょっと遅れ気味ですが、楽しみました。

ヨーロッパのクラブチームのトップチームが対戦する欧州チャンピオンズリーグの決勝戦。今年はイングランドのアーセナルとスペインのバルセロナの対決。

バルセロナは大会最多得点の22点、一方アーセナルは最小失点の2点。実力伯仲かと思われましたが、序盤からバルセロナが面白いように攻めます。が、得点に繋がりません。

エースのロナウジーニョにボールが行くと、アッという間に3人ほどに囲まれ、つぶされます。何度つぶされてもロナウジーニョは切れません。ここが良いです。大人です。思うようにプレイが出来ませんが、そこはそこ。フリーキックの機会が得られれば儲けモノです。

しかし、開始15分過ぎ、アーセナルのキーパー・レーマンが痛恨のレッドカード、一発退場です。その場のフリーキックはなんとかしのぎましたが、一人少ないアーセナル、攻めようにも思うようにいきません。37分過ぎにアンリのフリーキックからキャンベルの得点でアーセナルが先制。アーセナルリードで前半を終わります。

後半もバルセロナの優勢は続き、怒濤の攻撃により、後半35分には逆転。2-1で勝利を収めました。

今大会、最小失点のアーセナル。決勝戦に来て、2失点。堅い守りもゴールキーパーが退場で、10人になってしまっては、バランスが崩れます。バルセロナはボールを回して、アーセナルの堅い守りの穴を作り出し、見事に牙城を崩しました。支配率の表示があったら60%くらいでバルセロナだったのではないでしょうか。

やはりサッカーは得点力がモノを言います。何点失ってもそれよりも多く得点すれば勝てるんですね。アンリvsロナウジーニョの対決とも言われたこの決勝戦。レッドカードに始まり、その後、イエローカードも多かったですが、それなりに、締まって、見応えのある面白い試合でした。

これで、今年の12月、クラブチーム地球一決定戦で日本にバルセロナがやって来ることになりました。2006年ドイツワールドカップが終わっても、サッカーイヤーの今年は楽しみが続きます。

« 2006夏VAIO発表! | トップページ | 2006ワールドカップグループリーグ試合日程 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州チャンピオンズリーグ決勝!:

« 2006夏VAIO発表! | トップページ | 2006ワールドカップグループリーグ試合日程 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ