« 元ちとせコンサートツアー2006春のかたみ | トップページ | 石ノ森章太郎萬画大全集 発刊!その9 »

2006/05/28

「アンジェラ」鑑賞

先日、映画館で「アンジェラ」を観てきました。「レオン」「ニキータ」のリュック・ベッソン監督作品。最近はプロデュース、脚本作品が多かったですが、本作は「ジャンヌ・ダルク」以来の監督作品と言うことで、楽しみにしていました。

舞台はパリ。借金取りに追われる男・アンドレ。何をやってもダメ。ついには川に身を投げようとすると、ふと隣を見ると、同じく身を投げようとする女性が。女性が飛び込むのを見て、慌てて助けにいきます。女性はアンジェラと名乗り、二人は行動を共にします。しかし、アンジェラには使命がありました。

全編、モノクロの映像なのですが、不思議とパリ美しい情景に色が付いて見えるかのよう。青空、降りそそぐ太陽、町並み。何もかもが美しい。人物を中心に据える独特のカメラアングルが孤独感を表現する。俯瞰の映像も多く、神の目線のようにも見えます。

自分を見つめ直すこと、自分を信じること、そして自分を愛すること。そこからが始まり。そんな当たり前のようで、出来ないことを、力強い台詞で表現してるようです。

以前から、監督する作品は10本と決めているというリュック・ベッソン監督。本作が10本目。これが最後の監督作品になってしまうのでしょうか。ぜひとも次の作品も観たいものです。

« 元ちとせコンサートツアー2006春のかたみ | トップページ | 石ノ森章太郎萬画大全集 発刊!その9 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/10271647

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンジェラ」鑑賞:

« 元ちとせコンサートツアー2006春のかたみ | トップページ | 石ノ森章太郎萬画大全集 発刊!その9 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ