« 世界遺産への旅 奈良編 その2 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.26 »

2006/07/02

ワールドカップを観よう!Vol.15

2006FIFAワールドカップドイツ大会も準々決勝4試合が終わりました。

準々決勝第1試合は、ドイツVSアルゼンチンの好カード。アルゼンチンが先制し、ゲームの主導権を握ったかに見えましたが、後半に追いつかれ、延長戦。勝敗がつかずPK戦へ。ホームと言うこともあり、アルゼンチンはプレッシャーに負けたのか、ドイツの逆転勝ちでした。

アルゼンチンはゴールキーパーの負傷交替によりメンバーチェンジの枠を予定外に1人使ってしまい、後半に出場するのではと思っていたメッシを温存したまま、敗戦と言うことになってしまいました。最終的には守備固めのメンバーチェンジが裏目に出てしまいました。残念。メッシの有姿が観たかったです。

第2試合は、イタリアVSウクライナ。ワールドカップ初出場ながらベスト8にまで上がってきたウクライナ。イタリアに先制され、追いかけますが、アッという間に3点差。実力の差をみせつけられました。ウクライナの健闘に拍手。

イタリアは先制してがっちりと守りを固めることなく、攻め続けるという姿勢が光っていました。準決勝の相手は開催国・ドイツ。楽しみな試合です。

第3試合は、イングランドVSポルトガル。両チームとも決定的な場面を作るも、なかなか得点が決められないという展開。後半開始後、ベッカムが負傷交替。ルーニーは若さ故の暴走が出てしまい、レッドカードで退場。イングランドはクラウチを投入して、起死回生を狙います。ポルトガルはクリスチャン・ロナウドの速さ、上手さが出ていましたが得点には結びつきませんでした。

勝敗はつかず延長戦へ。押し気味に進めたのは1人少ないイングランド。決定的な場面を演出しますが、得点できず。PK戦へ。試合を制したのはポルトガルでした。

第4試合は、ブラジルVSフランス。準々決勝屈指の好カード。見応えがあって一番面白い試合でした。押し気味なのはブラジルでしたが、ロナウジーニョがプレイをさせてもらえず、前半はリズムが出てきませんでした。フランスは気合いの入ったプレイで、決定的な場面を何度も作ります。ジダンのフリーキックからアンリが決めた1点を守りきり、ブラジルの猛攻を押さえました。一番の優勝候補だったブラジルが消えました。

これでベスト4が決定。イングランド、ブラジルが消えた今、ドイツの優勝が見えてきました。

« 世界遺産への旅 奈良編 その2 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.26 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップを観よう!Vol.15:

« 世界遺産への旅 奈良編 その2 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.26 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ