« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その27 | トップページ | 「イルマーレ」試写会へ »

2006/09/21

「太陽の黙示録」鑑賞

先日、WOWOWにて開局15周年記念番組として放送された「太陽の黙示録」を観ました。「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじのコミックを原作にしたアニメ作品。前編:海峡、後編:国境。

原作コミックは現在第12巻までが発売されていますが、本作は第4巻までの内容を映像化。2002年、日本にほぼ同時に4つの巨大地震が発生。東京は海に沈み、富士山は噴火。琵琶湖を中心に日本列島は南北に分断。それから15年。日本は、北は中国、南はアメリカの支援を受け、復興を進めるが、次第に統治されていくのであった。

主人公は政治家の息子であった少年、舷一郎。少年時代に震災に遭い、記憶を失い台湾人の夫婦に育てられ、震災後、台湾で過ごします。そして、本作のクライマックスとなる台湾での事件へと突入していきます。

巨大地震の恐ろしさ、人間のエゴ、政治の世界等々をリアルに描きます。巨大地震はまもなく起こりえるかもしれないことで、その時、日本はどうなってしまうのか?難民となった日本人、近隣各国との兼ね合いも、過去の日本人の言動から察するに難しく、恐ろしい事態になることは、想像に難しくありません。

コミックはもう一人の主人公・宗方操を交えてますます盛り上がっています。未来の日本の行く末はどうなってしまうのでしょうか。どんなに厚い雲の上でも、必ず青い空と輝く太陽がある、そう信じて今を力強く生きるというテーマが胸に響きます。コミックも面白いですが、この続きもWOWOWで映像化してくれると嬉しいのですが。

再放送は9月24日、日曜日、11:30から前後編一挙放送です。

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その27 | トップページ | 「イルマーレ」試写会へ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/11972386

この記事へのトラックバック一覧です: 「太陽の黙示録」鑑賞:

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その27 | トップページ | 「イルマーレ」試写会へ »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ