« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その28 | トップページ | 「ザ・センチネル-陰謀の星条旗-」鑑賞 »

2006/10/07

旅にでるなら Vol.23

●北海道旅行編 その4 旭山動物園

3日目(7月9日)はペンションをあとにして、旭川市の旭山動物園へ。年間の入場者数で上野動物園を上回り日本一になったこともある旭山動物園です。Dsc05982

旭川市の郊外、旭山にある市営の動物園で、行動展示という独自の 手法で見せてくれる動物園です。パンダのような特別な動物がいるわけでもなく、よくある動物園にいる動物ばかりがいます。が、動物の行動を自然のままに見られるように工夫されています。

中富良野町から旭川市までは車で1時間くらい。動物園付近の道路は渋滞があるらしいと言う情報を旭山動物園のHP(「動物園に来るには」)で事前に仕入れていたので、走行路は十分に吟味しました。が、目立つほどの渋滞は確認できず、あっと言う間に到着。

駐車場は注意が必要です。動物園近くには有料の駐車場が沢山あります。呼び込みも熱Dsc05980心にやっていますので、無料駐車場が満車の時以外は入らない方が良いかもしれません。詳しくは旭山動物園のHPにて。

入場口から入ると長いクネクネとしたスロープと階段があり、早く行きたい人は階段を下りればいいし、のんびりと歩きたい人はスロープをゆっくり行けばよいようです。シルバーバスもありますので、無料で利用できます。

もぐもぐタイムというのがありまして、動物ごとの餌やりの時間割りが掲示されています。時間が決まっていますから、自分の行動予定と合わせて、見る順番Dsc06006を考えると良いかもしれません。場内は上野動物園のように途方もなく広くはありませんから、行ったり来たりしてもそれほど苦にはならないでしょう。ただ、山の斜面にありますから上り下りが多いのは否めません。

ぺんぎん館は行列が出来ています。館内にはいると水槽の中にトンネルがあり、頭上をペンギンが空を飛ぶように泳ぎ渡ります。なんですが、混雑していて「立ち止まらないように!」という係の人の声で、ゆっくりと見ることができませんでした。外に出ると柵の向こうにペンギンたちが気持ちよく泳いでいるのが見えます。この日は27度 くらいで暑い日だったので、余計に気持ちが良さそうでした。

おらんうーたん館ではもぐもぐタイム。人だかりの中、軽妙なトークの係のお兄さんの解説が続きます。餌の時間とはいえ、その時間に餌を食べるかどうかは本人次第ですから、係員のお兄さんには責任はありません。この時は、空中散歩のあと、ちゃんと食べてくれました。

Dsc06002あとは、シロクマや愛嬌のあるゴマフアザラシのトンネルも面白いですし、木の上で休むチーターやヒョウなんかも安心しきっていて興味深いです。ヒョウは見ている人の真上にいますから、おしっこを掛 けられないように注意が必要です。

行動展示は、見る者を童心に帰してくれる展示方法だと思えます。子供はもちろんですが、大人の目もキラキラしているように見えます。何事も工夫次第で目先を変えることができ、良い効果がだせると言う好例でしょう。

暑さもあってか、かなり疲れました。10時頃につきましたが、12:30には動物園をあとにしました。午後は美瑛へ。

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その28 | トップページ | 「ザ・センチネル-陰謀の星条旗-」鑑賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/12081641

この記事へのトラックバック一覧です: 旅にでるなら Vol.23:

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その28 | トップページ | 「ザ・センチネル-陰謀の星条旗-」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ