« 「4400 未知からの生還者2」鑑賞 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.33 »

2006/11/13

DVD「綴り字のシーズン」鑑賞

綴り字のシーズン

先日、DVDで「綴り字のシーズン」を観ました。リチャード・ギア主演。

イライザはスペリングコンテストで地区大会に進んでいた。大学教授の父・ソール(リチャード・ギア)は、今まで兄のアーロンの教育に関心を持っていたが、勝ち進むイライザへと変わっていった。アーロンは疎外感を感じ、拠り所を宗教へと転じていく。そして妻・ミリアムは秘密をもっていた。少しずつ、そして確実に家族は壊れてゆくのでした。

コンテストでのスペルを創造するシーンは幻想的で神秘的な面白い映像になっています。そして、万華鏡の光と映像のイメージ。美しいのですが、その美しさがまた悲しさを醸し出しています。そして、トラウマは静かに家族を蝕んでいきます。

壊れてしまった家族は修復できるのでしょうか?言葉の持つ力とは?そしてイライザのとった行動とは・・・。愛とは神とは、神秘的な力とは。イライザの青い瞳は何を見るのでしょう。ファンタジックな映像で、家族の再生を綴る感動作です。

« 「4400 未知からの生還者2」鑑賞 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.33 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/12670989

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「綴り字のシーズン」鑑賞:

» NO.150「綴り字のシーズン」(米/スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督) [サーカスな日々]
言葉の発生の遥かな起源に、 少女は巫女のように入り込む。 全米でベストセラーとなった女流小説家マイラ・ゴールドバーグの原作。日本では馴染みのない「スペリング・コンテスト」を舞台にしているが、本当に描きたかったのは「家庭崩壊」の物語である。 宗教学者ソール(リチャード・ギア)は、家族の中で、絶対権威のように振舞っている。息子エアロン(マックス・ミンゲラ)は、両親の期待を背負った「進学組」だ。ヘブライ語の修練に�... [続きを読む]

« 「4400 未知からの生還者2」鑑賞 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.33 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ