« 「ウィンターソング」試写会へ | トップページ | 「トゥモロー・ワールド」私的映画考Vol.53 »

2006/11/24

「プラダを着た悪魔」鑑賞

先日、「プラダを着た悪魔」を観てきました。

アンディ(アン・ハサウェイ「プリティ・プリンセス」「ブロークバック・マウンテン」)はおしゃれには全く興味がないのに、一流ファッション誌の編集長ミランダ(メリル・ストリープ「クレイマークレイマー」「クライシス・アメリカ」)の第2秘書の仕事に就きます。

編集長をはじめ、周りの人々は、ブランド品を身にまとっているのに、アンディはださい服装。まるで異世界に飛び込んだよう。ジャーナリストを目指しているアンディは、ここで一年間過ごせば、どこの世界でも通用すると言われていたので、ミランダの悪魔的要求に対して懸命にがんばりますが、どうにもなりません。そこで、一念発起、反撃に出ますが・・・。

私生活までも犠牲にして働くアンディに、周囲の人も困惑顔。確かに、そこまでして、仕事をやるか?と言う気にもなります。ミランダの悪魔的理不尽な要求に対応するアンディの姿が滑稽なのには違いはありませんが、どうせやるならとことんやろうという懸命な姿に共感を覚えます。どんな仕事でも、半端な気持ちでは仕事は勤まりませんからね。

そして、ミランダの危機がやってきます。その時、とったアンディの行動とは・・・。信念を持っていたからこそ、やってこられた仕事だったのに。正しいことだと思っていたのに。人の気持ちをもてあそんだ・・・。様々な想いが巡ります。

仕事は人間を成長させてくれます。能力面もあるでしょうが、精神面の方に大きく係わってくると思います。多くの人と出逢い、影響を受け、そして成長していく、そんな主人公アンディを応援したくなる作品です。

« 「ウィンターソング」試写会へ | トップページ | 「トゥモロー・ワールド」私的映画考Vol.53 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/12801864

この記事へのトラックバック一覧です: 「プラダを着た悪魔」鑑賞:

« 「ウィンターソング」試写会へ | トップページ | 「トゥモロー・ワールド」私的映画考Vol.53 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ