« 「トゥモロー・ワールド」私的映画考Vol.53 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.34 »

2006/11/26

PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その31

前回のスペシャルデータ集・攻略指令書のプレイはDATA No.10「連邦兵器を開発せよ!」。

1ターンからのジオン軍でのプレイになります。ザクⅡF型までと通常兵器のみでスタートで、開発レベルが全く上がらないという特殊な設定です。

自軍の兵器の開発ができないので(予算投入ができない)、連邦軍の開発プランを入手して自軍の兵器として生産するしかありません。そのためには、情報収集能力をSランクで維持し、外交における敵軍需産業のランクも良好以上を保つ必要があります。

最初は、通常の第1部と同様に、連邦軍は通常兵器のみなので、ザクだけでも侵攻は容易です。このときに早めに制圧を進めると、後々楽になってきます。宇宙はルナツー以外をすべて制圧し、地球上の侵攻を進めます。

地上の侵攻の際、やはり海での戦いが問題になってきます。ザクでは当然、水中に入れませんし、自軍の兵器は開発できないので、ゴッグにズゴッグ等の水陸両用モビルスーツの開発ができませんので、かなり苦戦します。連邦軍の兵器を開発するしかありません。

対応策として、私の場合、プロトガンダムを開発しました。強力なのも良いですが、水中でも戦闘が可能ですから、便利です。それと、ミデア等の輸送機も急ぎ開発すると、スピードアップできます。

「開発プランの変更」というテクニックがあります。敵軍需産業を親密にすると裏取引ができます。この時、まずセーブします。その後、[外交]-[敵軍需産業]-[裏取引]を開きます。で、あまり必要性のないプランを提案されたら実行せずに、ゲームを終了させます。新たにロードし、再度[裏取引]を開きますと、違うプランが提案されますので、希望の開発プランを実行すればOKです。一度、[裏取引]を開いてしまうと変更されませんので、開く前にセーブするのをお忘れなく。

結局、ルナツーを制圧したところで、100ターンを終了。ジャブローを落とすことなく判定勝利で終わりました。通常通り第2部が始まりますが、今回も終了しました。

続いてNo.8「ア・バオア・クー防衛戦」をプレイ中です。80ターンからジオン軍でのプレイです。ストーリーと同じ戦力配置ですから、疲弊しきったジオン軍は戦力不足。残り20ターンで逆転はかなり難しいでしょう。

« 「トゥモロー・ワールド」私的映画考Vol.53 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.34 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その31:

« 「トゥモロー・ワールド」私的映画考Vol.53 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.34 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ