« 「鉄コン筋クリート」試写会へ | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2006 Vol.4 »

2006/12/15

地球一のサッカーを見よう!2006 Vol.3

盛り上がってきましたサッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップジャパン2006。世界6大陸のクラブチーム代表が日本で世界一を争います。

準決勝の第1試合は、12月13日アルアハリVSインテルナシオナル(南米)。やはり格の違いを見せつけたインテルナシオナルという感想です。アルアハリも良い攻撃を見せますが、インテルナシオナルの攻撃の多様さ、個人技の素晴らしさは違います。

アルアハリボールになった時のインテルナシオナルの寄せの早いこと。二人以上がスルスルと寄っていきます。そしてパスコースを切る。そして、自軍のボールとなれば、センターバック2人を残して、サイドバックまでが上がります。そのシステムが高次元で機能する。

勝負強さもやはり強さの一因でしょう。勝ち越せば、あとの戦い方も見事です。追いつかれたら突き放し、あとは守る。結果は2-1でインテルナシオナル。17歳の新鋭FWアレシャンドレの活躍が目立った試合でした。決勝戦も注目です。

準決勝第2試合は12月14日クラブアメリカVSバルセロナFC(欧州)。とにかく面白かった。観ていてこれだけ楽しいのだから、プレイしている当人たちは、もっともっと何倍も楽しいのでしょう。サッカーは、楽しくなければいけない、美しくなければいけない、とつくづく思わせてくれる試合でした。

芸術的とも言えるゴールの数々。1点目はとにかく美しかった。ワンタッチ、ツータッチのパスが連続してあっと言う間にシュート。あれではディフェンスもできません。力一杯蹴ることだけがシュートではなく、ゴールに入れることがシュートだという見本でした。

その後も華麗なるパスワークで得点を重ね、終わってみれば4-0でバルセロナFCの勝利。これで主力選手エトゥーとメッシを欠いているというのですから、タレントの多さは目を見張るモノがあります。世界的に愛されているチームというのはとにかく凄いです。

12月17日はいよいよ最終日。決勝戦はインテルナシオナルVSバルセロナFC、3位決定戦はアルアハリVSクラブアメリカ。

ワールドカップから続く、サッカーイヤーの本年。最後を締めくって、地球一になるクラブはどこなのか?楽しみに待ちましょう。夢のつづきはまだまだ続きます。

« 「鉄コン筋クリート」試写会へ | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2006 Vol.4 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2006 Vol.3:

« 「鉄コン筋クリート」試写会へ | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2006 Vol.4 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ