« VAIO typeCのカラーに悩む | トップページ | 今日から2月 »

2007/01/31

2007.01映画鑑賞総括

1月の劇場での映画鑑賞は9本。今年の累計9本。今年も映画館での年間100本鑑賞を目指していますが、まずまずの出だしとなりました。

0110   シャーロットのおくりもの
0115   ラッキーナンバー7
0117   リトル・ミス・サンシャイン
0119   モンスター・ハウス
0120   敬愛なるベートーヴェン
0122   ディパーテッド
0124   あなたを忘れない(試写会)
0125   幸せのちから(試写会)
0127   マリー・アントワネット

今月は、なんと言っても「リトル・ミス・サンシャイン」が良かった。第79回アカデミー賞には作品賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞にノミネートされました。作品賞を取ったら嬉しい驚きですが、助演女優賞はぜひともあげたい所です。助演女優賞にノミネートされたアビゲイル・ブレスリンは、お腹がポッこり出た幼児体型なんだけど、素直で、健気で、懸命な姿に癒され、そして感動。良い作品でした。

来月2月は「墨攻」「守護神」とアクション作品がつづき、アカデミー賞がらみでは「ドリームガールズ」に期待しています。新潟では遅れて公開の「不都合な真実」もぜひ観たい作品です。

今年2007年は、期待作が目白押しです。近く公開予定では「パフューム」「デジャヴ」「ホリデイ」「ゴーストライダー」。4月以降ではアカデミー賞本命の「バベル」、ディカプリオが主演男優賞にノミネートされた「ブラッド・ダイヤモンド」、と続きます。

他にも「ロッキー・ザ・ファイナル」「スパイダーマン3」「パイレーツ・オブ・カリビアン3」「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」「ダイハード4.0」「オーシャンズ13」と続編大作のオンパレード。それに、大林宣彦監督の「転校生」のリメイク版も楽しみにしています。今年も楽しみな作品が多くて嬉しい限りです。

« VAIO typeCのカラーに悩む | トップページ | 今日から2月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/13713819

この記事へのトラックバック一覧です: 2007.01映画鑑賞総括:

« VAIO typeCのカラーに悩む | トップページ | 今日から2月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ