« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その39 | トップページ | 大林宣彦「ぼくの青春映画物語」 »

2007/03/24

「ハッピーフィート」鑑賞

先日、「ハッピーフィート(字幕版)」を観てきました。声の出演:イライジャ・ウッド(「ロード・オブ・ザ・リング」)、ロビン・ウィリアムズ(「ナイトミュージアム」)、ブリタニー・マーフィー、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン他。

歌がすべての皇帝ペンギンの世界。なのに、マンブル(イライジャ・ウッド)は音痴。でも、そんなマンブルには足をパタパタと動かすダンスがありました。しかし、ダンスはペンギンの世界では御法度。追放処分を受けてしまいます。それでマンブルは、仲間のために魚が少なくなった原因を突き止めるべく果てしのない旅に出るのでした。

毛並みと言い、海と言い、氷、雪と言い、とにかく映像が美しいです。特に波打つ毛並みは凄い。年々、CGアニメは技術が進歩しているように思います。本作では、人間はCGでは登場せず、実写の合成で表現されています。CGで描く人間はどうしてもどこかぎこちなく、そしてちょっぴり不気味なことが多いので、これはこれで成功例となるのでしょう。

祖先の言い伝えを守り、歌だけを信じる長老たち、しかし、一部では、新しいことを受け入れようという動きも、気持ちもあります。集団の中で生きることは、仲間と違うというのは、絶えず難しさがつきまといます。でも、本作を観ていると、人と違うということは素晴らしいことなんだと思えます。そして、愛の素晴らしさも。言葉など通じなくても魂のダンスは気持ちを伝えることができるのでしょう。そして地球を救うことも。

ペンギンたちがとにかく良く動き、歌い踊る。観るものをハッピーにしてくれるダンスミュージカルアニメーション作品。大人でも十分楽しる作品になっています。

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その39 | トップページ | 大林宣彦「ぼくの青春映画物語」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/14363156

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハッピーフィート」鑑賞:

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その39 | トップページ | 大林宣彦「ぼくの青春映画物語」 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ