« ニンテンドーWii初体験! | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その37 »

2007/03/06

「ゴーストライダー」鑑賞

先日、「ゴーストライダー」を観てきました。マーク・スティーヴン・ジョンソン監督作品(「サイモン・バーチ」「デアデビル」)。出演:ニコラス・ケイジ(「ワールド・トレード・センター」「天使のくれた時間」「フェイス/オフ」)、エヴァ・メンデス、サム・エリオット、ピーター・フォンダ他。アメコミ原作のアクション作品。

少年時代に父を救うために悪魔に魂を売った男・ジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)。ジョニーは過激なバイクショーを行っていた。普通なら助からないような事故を何度も起こしていたが、命を失うことはなかった。そんなある日、ショーの取材にかつての恋人・ロクサーヌ(エヴァ・メンデス)が現れる。しかし、魔の手はジョニーへと静かに忍び寄っていた。

ジョニーは悪魔・メフィストとの契約により、悪魔のために、いつか、何かを担う日がやってくる。それまでは悪魔に守られていたのでした。そして、ゴーストライダーの誕生の日がやってきます。燃え上がる頭蓋骨、バイクスーツを身にまとい、チェーンを振り回し、バイクを駆る。石ノ森章太郎の「スカルマン(1970年)」を彷彿とさせる姿(「仮面ライダー(1971年)」の原点と言われている作品)をしています。

悪魔の力を持ったダークなヒーローではあるモノの、そのために、影があるとか、苦悩するというのはあまり見られません。逆にユーモラスでさえあります。

爆音と共に走り抜けるゴーストライダーのバイク。大きめの音にも驚きますが、映像もかなりの大迫力。バイクで車やら何やらを飛び越えるバイクショーも臨場感たっぷりで見応えあります。

恐怖の中に人生はない。常に恐怖と戦い続けるジョニー。過去の後悔を引きずりつつも、明日を生きるために戦います。選択を間違えることなく、未来は掴めるのか、世界を救えるのか。大迫力のバイクアクションエンタテインメント作品。ぜひ、大画面、大音響でご覧いただきたい作品です。

« ニンテンドーWii初体験! | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その37 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/14156080

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴーストライダー」鑑賞:

» 「ゴーストライダー」ここまでいくと映画じゃない [soramove]
「ゴーストライダー」★★★ ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス 主演 マーク・スティーヴン・ジョンソン 監督、2007年アメリカ 父の病を治すため 悪魔に魂を売った主人公。 悪魔との契約のお陰なのか、 バイクのスタントで派手な転倒も 不死身の彼にはダメー...... [続きを読む]

« ニンテンドーWii初体験! | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その37 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ