« 「CSI:科学捜査班」鑑賞 | トップページ | VAIO typeC来る »

2007/03/10

ニンテンドーWii初体験!その2

ニンテンドーWiiは、任天堂の新型ゲーム機で、コントローラで操作する今までのゲーム機とは一味違って、リモコンを使ってのプレイが出来ると言うモノです。

本体はおおむね白く清潔感があります。ディスク挿入口に水色の線が入っていて、締まった感じを見せます。思った以上に小さいです。ディスプレイのないA4ノートパソコンと言った大きさです。縦置きのスタンドが付属していますので、場所をあまりとりません。PS3のようにブルーレイディスクが再生できるというような機能が全くなく、ゲーム専用機という感じだからでしょう。

無線LAN(IEEE802.11b/g準拠)またはLANアダプタ(オプション)によるインターネット接続も可能です。

センサーバーをテレビの上または下に置き、ケーブルで本体と接続します。ケーブルは3mほどあるので、本体とテレビが近くにある必要はありません。Wiiリモコンはワイヤレスで、センサーに反応するようです。大きさは15cm×3.5cm×3cmくらいで、テレビのリモコンの小さい版と言った感じで、大人の手にはしっくり来る大きさです。ストラップを、うでに通して、手首の部分でキュッと締め、しっかりと握ります。ゲームを始めるときにも画面で再三の注意・確認があります。

本体とテレビの映像/音声のAVケーブルを接続します。本体に同梱されているケーブルはアナログの赤白黄色の三本ケーブル。画質にこだわるのであれば、別売のS端子やD端子での接続も可能です。

これで接続は終わりです。電源スイッチオン!初期設定画面がでますので、日付、時刻設定等をすれば、設定完了です。

電源を入れると、画面にアイコンが並んだ、Wiiメニューが表示されます。いよいよプレイ開始です。(つづく)

« 「CSI:科学捜査班」鑑賞 | トップページ | VAIO typeC来る »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドーWii初体験!その2:

« 「CSI:科学捜査班」鑑賞 | トップページ | VAIO typeC来る »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ