« マイツールで映画鑑賞分析 | トップページ | 「野蛮人のように」私的映画考Vol.90 »

2007/06/30

2007.06映画鑑賞総括

6月の劇場での映画鑑賞は8本。今年の累計49本。半年終わって49本と年間100本鑑賞のためには、まずまずのペースで推移しています。

0606   ザ・シューター極大射程
0609   プレステージ
0611   300スリーハンドレッド
0613   ラストラブ(試写会)
0615   GOAL!2
0618   ゾディアック
0622   アポカリプト(チケプレ)
0625   ラッキー・ユー

今月は、アクション、ラブストーリーとバラエティに富んだ作品がありました。中でも「ゾディアック」が良かったです。事実に基づいて構築されたストーリーなので、実際の日付がポンポンと表示され物語は展開していきます。その史実があるからこそ事件のシーン等、創作の部分もあるのでしょうが、臨場感というか迫力というかがより一層湧きます。そして描きだすのは、人間の心の闇。そこが本作の奥行きを深くしている点なのでしょう。

「アポカリプト」も史実に基づいています。壁画に描かれた儀式の様子を実際に映像化しているのですが、これが残酷極まりない。しかし、それはその時代のひとびとの現実であり、それが常識と言えるモノだったのでしょう。現実というのは怖いモノです。

今年はあまり試写会が当たりませんが、それでも月1本のペースで当たっています。今月は「ラストラブ」の試写会と「アポカリプト」の鑑賞券が当たりました。まあ、良しとしましょう。

来月7月は、まずは6月公開の「ダイハード4.0」と「シュレック3」を観て、その後は「アドレナリン」「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」と続きます。期待は「ザ・ロック」「アルマゲドン」のマイケル・ベイ監督作品「トランスフォーマー」(8月4日公開)です。制作総指揮にスピルバーグを据え、どんな映像世界を見せてくれるのか。楽しみです。

来月7月からは夏休み期間に入りますから、子供向け作品が多くなってきますので、本数が伸びなくなります。本数的には秋以降に期待です。

« マイツールで映画鑑賞分析 | トップページ | 「野蛮人のように」私的映画考Vol.90 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/15583905

この記事へのトラックバック一覧です: 2007.06映画鑑賞総括:

« マイツールで映画鑑賞分析 | トップページ | 「野蛮人のように」私的映画考Vol.90 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ