« 「アポカリプト」鑑賞 | トップページ | 「女ざかり」私的映画考Vol.89 »

2007/06/24

「LOST」を観た!Vol.8

Bs-iで絶賛放送中の「LOST」シーズン2(毎週火曜日20:00~)。先日、まとめて「LOST」を観ました。今回は第32話「知られざる48日」から第35話「詩篇23章」まで。

第32話「知られざる48日」。遭難した飛行機の後部座席の乗客たちの48日間を描きます。助かったのはアナ・ルシア(ミシェル・ロドリゲス)、ミスター・エコー(アドウェール・アキノエ=アグバエ)、リビー(シンシア・ワトロス)たち子供を含む23人。しかし、一日目から”やつら”の魔の手が忍び寄り、次々とさらわれていきます。

第33話「復讐」。誤ってシャノンを撃ってしまったアナ・ルシア。銃を向けたアナ・ルシアは、サイードを捕らえ脅迫する。そして、ひとり孤独な殻に閉じこもる。アナ・ルシアの過去に迫ります。そして、いくつかの再会。安堵の一時が訪れます。

第34話「彼女の事情」。ソーヤー(ジョシュ・ホロウェ)は相変わらずの昏睡状態が続きます。ソーヤーを看病するケイト。突然目覚めたソーヤーは「なぜ俺を殺した!」と叫び再び昏睡状態になってしまう。そして、ケイトは辛い過去を振り切ろうとします。

第35話「詩篇23章」。エコーはチャーリーの持つマリア像にヘロインが隠されていることを知り、チャーリーに詰め寄る。その時、突然現れた怪物。エコーは黒い煙と対峙します。エコーの過去に迫ります。

過去を引きずって生きていく者たち。すでにあの時に死んでいたという後悔を持つサイードとアナ・ルシア。そして、あらためてひとりで生きていく覚悟をするふたり。

それにしても48日間しか経ってないんですね。3ヶ月くらい経っているのかと思っていましたが、まだまだ48日。救助隊の来る気配は皆無で、遭難の日々は続きます。そして、ひとりふたりとまた欠けていきます。

島に集まった(集められた)人々は運命なのか、それとも偶然なのか。新たな仲間となった後部座席の人々を加えて、ますます盛り上がるシーズン2。”やつら”の目的はいったい何なのか?謎のフィルムの意味するモノは?次々と現れる幻は何なのか?プロジェクトとはいったい?謎は深まる一方です。

« 「アポカリプト」鑑賞 | トップページ | 「女ざかり」私的映画考Vol.89 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/15501008

この記事へのトラックバック一覧です: 「LOST」を観た!Vol.8:

« 「アポカリプト」鑑賞 | トップページ | 「女ざかり」私的映画考Vol.89 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ