« 「4400 未知からの生還者3」鑑賞 | トップページ | 「雲の中で散歩」私的映画考Vol.93 »

2007/07/22

白熱!AFCアジアカップ2007

2006年8月16日。新潟スタジアム・ビッグスワンで行われたAFCアジアカップ2007最終予選日本代表VSイエメン代表。暑い夏の日に観戦に出掛けたのを思い出しました。オシムジャパンになっての第2戦。公式戦としては初戦でした。

あれから一年。真価を問われるAFCアジアカップ2007。順調に予選グループリーグを1位で勝ち上がり、決勝トーナメントの開始です。3連覇を狙う日本代表は21日、ベスト4進出を懸けて、ベトナムのハノイでオーストラリアとの準々決勝を行いました。

前半、押し気味だったのはオーストラリア。日本は2006ドイツワールドカップでの雪辱をはらすべく気合いでオーストラリアの猛攻を止めます。体格差対策として、セットプレーからは低く早いボールで攻めます。

しかし、先制したのはオーストラリア。集中が途切れたのか、コーナーキックからの得点でした。ところが、3分後、すぐに、高原の気合いの入ったシュートで追いついた日本。オーストラリアは足が止まり始めます。延長戦に入れば、ひとり少ないオーストラリアに対して、この季候には慣れている日本に有利のはず。

延長戦、日本は圧倒的優位に攻め続けます。決定的なチャンスを何度も作りますが、決めきれず、とうとうPK戦。苦い思い出のあるアジアカップのPK戦。不安がよぎります。GK川口がオーストラリアの2本のシュートを止め、勝利を確信。結果、4-3で勝利し、準決勝に駒を進めた。守護神・川口の気合い勝ちという結果でした。

ハラハラドキドキの攻防戦に、終始、大声で応援。身体が自然にゴール方向へ傾きます。事実上の決勝戦とも言われた試合を制した日本代表。25日の準決勝で、サウジアラビアとウズベキスタン戦の勝者と戦いますが、決勝トーナメント初戦を突破して勢いに乗りたいところです。おそらくサウジアラビアが勝ち上がってくるでしょうが、ここさえ勝ち抜けば、三連覇が見えてくる?!

« 「4400 未知からの生還者3」鑑賞 | トップページ | 「雲の中で散歩」私的映画考Vol.93 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白熱!AFCアジアカップ2007:

« 「4400 未知からの生還者3」鑑賞 | トップページ | 「雲の中で散歩」私的映画考Vol.93 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ