« Bフレッツが来た日 | トップページ | 「トランスフォーマー」試写会へ »

2007/07/26

激闘!AFCアジアカップ2007

順調に予選グループリーグを1位で勝ち上がった日本代表。決勝トーナメントが始まり、いよいよ準決勝「日本代表vsサウジアラビア代表」。3連覇を狙う日本代表は、2006ドイツワールドカップでの雪辱をはらした準々決勝オーストラリア戦の興奮冷めやらぬ状態です。

激しい攻撃の応酬となった前半戦。日本がやや押し気味のようにも見えましたが、サウジのドリブル突破で決定的な場面を再三作られていました。試合が動いたのは、前半35分。フリーキックからサウジの得点。しかし、すぐさま、その2分後にコーナーキックから中澤のボンバーヘッド炸裂!気合いの入った一発!鬼気迫ると行った中澤の表情。

1-1で折り返した後半開始早々、サウジのハサウィにゴールを決められ1-2。しかし、集中力を増して、気合いの入っている日本代表は、後半8分、コーナーキックから阿部が見事なオーバーヘッドキックでまたまた追いつきます。ところが、後半12分にサウジアラビアが得点し、2-3。

終盤はパワープレイとなった日本代表。淡泊な攻撃になってきた感が否めません。ところが、ゴール前をがっちり固めたサウジアラビアの前に得点できず。アジアカップの奇跡を信じましたが、あえなく試合終了。日本代表のアジアカップ三連覇ならず!

アジアカップでの今までの対戦相手にない、個人技のドリブル突破の前に、日本のディフェンスが崩壊した試合でした。スピードのある突破から、決定機を活かしたサウジの力が勝ったと言う結果でした。やはり一発勝負のトーナメントは先制した方が圧倒的に有利な戦い方ができる。日本は常に追いかける展開で、やりたいことができず、最後まで苦しい試合でした。

日本代表は28日にインドネシア・パレンバンで行われる3位決定戦で韓国と対戦。奇しくも決勝トーナメント開始前、私の決勝戦の予想カードが日本vs韓国でした。真価を問われるAFCアジアカップ2007。宿敵・韓国とどう戦いますか。

« Bフレッツが来た日 | トップページ | 「トランスフォーマー」試写会へ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激闘!AFCアジアカップ2007:

« Bフレッツが来た日 | トップページ | 「トランスフォーマー」試写会へ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ