« 外貨預金って その2 | トップページ | 玉置浩二「惑星」 »

2007/07/12

「LOST」を観た!Vol.9

Bs-iで絶賛放送中の「LOST」シーズン2(毎週火曜日20:00~)。先日、まとめて「LOST」を観ました。今回は第36話「境界線」から第38話「詐欺の手口」まで。

第36話「境界線」。マイケル(ハロルド・ペリノ)は、ロック(テリー・オクィ)とジャック(マシュー・フォックス)を武器庫に閉じこめ、ウォルトを捜すためにひとりジャングルに入る。ケイト(エヴァンジェリン・リリ)に助けられたロックとジャックは、ソーヤーと共にマイケルを追いかけジャングルへ。しかし、そこに待っていていたのは、やつらだった。

第37話「天使の言葉」。悪夢に悩まされるチャーリー。夢遊病の様な症状で、クレアの元からアーロンをさらったりもする。「洗礼をしないとアーロンが危ない」と叫ぶチャーリー。そこにはチャーリーの過去の葛藤があった。そんなチャーリーを見てロックはヘロインを使っているのではないかと疑う。

第38話「詐欺の手口」。ジャックとロックは武器庫の鍵の番号を共有し、互いに管理することを取り決めた。そんな時、サンが何者かに襲われる。そして、ジャックとアナ・ルシアは自己防衛のために軍隊を作ろうと行動する。

あいかわらず過去の出来事が現在の出来事の間に挿入されて物語は展開します。そして、自分と対面していきます。フラッシュバックする過去。過去を引きずって生きていく者たち。今回はジャック、チャーリー、ソーヤーの過去を振り返ります。

確かに人間というのは過去を背負って生きています。過去があるからこそ、その人の重みや深みが増してくるのでしょう。しかし、「LOST」では、それを語ることはなく、静かに密かに心の中で描かれているのでしょう。それがまたリアルさを醸し出しています。

島に集まった(集められた)人々は運命なのか、それとも偶然なのか。新たな仲間となった後部座席の人々を加えて、ますます盛り上がるシーズン2。”やつら”の目的はいったい何なのか?謎のフィルムの意味するモノは?次々と現れる幻は何なのか?プロジェクトとはいったい?

少しずつですが、ジャックたち遭難者たちの間に不協和音が流れ始め、歪みを生んでいきます。そして、それがいつか問題となって行くのでしょう。次の展開を待ちましょう。

« 外貨預金って その2 | トップページ | 玉置浩二「惑星」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/15726101

この記事へのトラックバック一覧です: 「LOST」を観た!Vol.9:

« 外貨預金って その2 | トップページ | 玉置浩二「惑星」 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ