« 「LOST」を観た!Vol.9 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その49 »

2007/07/13

玉置浩二「惑星」

玉置浩二「惑星」SRCL-6569

2006年4月にリリースされたアルバム「PRESENT」から1年2ヶ月。2007年6月27日に玉置浩二の待望の新譜が発売されました。CDシングル「惑星」です。初回版は地球に優しい「紙ジャケエコパック仕様」です。

3曲収録されていて、1曲目「惑星」はロック調のメッセージ溢れる軽快で、力強い曲、2曲目「Monkey Trick」は風刺の効いた少しコミカルなアップテンポな曲、3曲目の「ディララ」は玉置浩二作詞によるラブソングになっています。

1.  惑星
2.  Monkey Trick
3.  ディララ

「惑星」
作詞:松井五郎 作曲:玉置浩二

あの頃は 青い空 あふれてた
澄み渡る 水の音 手に浮かべ
心には いつも
優しさが満ちていた

僕たちは なぜ道を まちがえた
幸せを ひとつには できなくて
求めれば いつか
失うものもあるけれど

決してあきらめない君がいるから
決してあきらめない明日があるんだ
悲しみよ

凍えたら 温もりを 寄せ合おう
渇きには 微笑みを 分け合おう
風がもう 花を
奪うことのないように

決してあきらめない君がいるから
決してあきらめない愛があるんだ
悲しみよ

決してあきらめない君がいるから
決してあきらめない明日があるんだ

涙は越えられる
悲しみよ
悲しみよ

今はなくなってしまったあの頃。ゆっくりと時間が流れ、美しい場所があり、優しい人々がいた。でも、今は・・・。それでもあきらめたくない。あきらめなければ、この惑星もきっと何かが変えられる。人にやさしく、地球にやさしく、人生色々あるけど・・・がんばって生きましょう!!と言うメッセージが込められています。昨年のライブ「玉置浩二コンサート ツアー2006-PRESENT-」の終わりに、玉置氏が言ってた事と似ている様な気がします。

3曲目の「ディララ」も好きな歌です。「どれほど愛したら 救われるのだろう どれくらい信じたら そんな瞳になるの」趣があって素敵な歌詞に哀愁のあるメロディの曲です。演奏もギター一本とシンプルですが、歌を聴かせるためには良いアレンジです。

CDアルバム「惑星」は8月1日発売ですし(シングルと同タイトル)、9月からは全国ツアー「玉置浩二 コンサートツアー 2007 ☆惑星☆」もスタートします。2007年もいよいよ動き出した玉置浩二。楽しみです。

« 「LOST」を観た!Vol.9 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その49 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/15735104

この記事へのトラックバック一覧です: 玉置浩二「惑星」:

» 玉置 浩二サイト [玉置 浩二まとめさいと]
玉置 浩二のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

« 「LOST」を観た!Vol.9 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その49 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ