« 「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その3 | トップページ | 「プリズン・ブレイク」を観た!Vol.10 »

2007/09/24

「ミス・ポター」鑑賞

先日、「ミス・ポター」を観てきました。クリス・ヌーナン監督作品。出演:レニー・ゼルウィガー(「シンデレラマン」「コールドマウンテン」)、ユアン・マクレガー(「アイランド」「スター・ウォーズ」)、エミリー・ワトソン、ビル・パターソン、バーバラ・フリン他。

1902年、ロンドン。上流階級の家庭に育ったビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)。両親から厳しい教育を受け、こうあるべきだと押しつけられているようだった。そんなビアトリクスだったが、子供の頃からの夢であった絵本を出版するべく、出版社を訪ね歩いていた。主人公は、青い上着を着た愛らしいウサギのピーター。また断られるのかと思ったが、なんと採用されたのだ。

担当になったのは、新人編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)はビアトリクスの絵に魅了されていた。細かい注文を出すビアトリクスだったが、熱心に対応していた。そして、二人で作った絵本はたちまちイギリス中に知られるようになった。いつしか愛し合うようになる二人だったが、ビアトリクスの両親は身分違いの結婚を許さなかった。

ときおり動き出す絵本の中の動物たち。ビアトリクスは彼らを友達と呼び、いたずら好きの彼らとおしゃべりします。封建的な時代に仕事を持とうとする30代の女性ビアトリクスはエキセントリックにうつったのかもしれません。

それでも、大好きな友達を子どもたちに見てもらいたいと言う気持ちは誰にも負けません。そんな彼女の真摯な態度に、ますます惹かれていくノーマン。しかし、身分の違いがふたりの前に立ちはだかります。そして、悲しい出来事が・・・。

美しい風景を舞台に、おおいなる愛を抱き、自分の信念を貫き通した女性・ビアトリクス・ポターの半生を描いた感動作。

« 「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その3 | トップページ | 「プリズン・ブレイク」を観た!Vol.10 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/16541116

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミス・ポター」鑑賞:

« 「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その3 | トップページ | 「プリズン・ブレイク」を観た!Vol.10 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ