« 「アヒルと鴨のコインロッカー」私的映画考Vol.103 | トップページ | 「ミス・ポター」鑑賞 »

2007/09/23

「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その3

iconicon

サイバーショットを見終わると、次はハンディカムコーナーです。目新しいモノはないようだったので、通り過ぎようとしましたが、何かありました。

バイオにインストールされているソフトで、カンタンに編集できるソフトがあるんだとか。そのデモを見せてもらいました。VAIO type F [FZシリーズ]の付属の「VAIO Movie Story」。静止画、動画、音楽を組み合わせたショートムービーを手軽に作成できます。

デジタルカメラで撮影した画像や動画を選択して、音楽の長さなどを決め、タイトル等を入力すれば、あとは自動で編集をしてくれます。これはカンタン。デモではパーティでの写真や動画でやっていました。写真の順番を入れ替えたり、動画の使用する部分を変更したりと、細かく指定もできます。ちょっとしたプロモーションビデオの出来上がりです。思い出の写真や映像をみんなで見るも良し、DVDにしてプレゼントするも良し。

続いてバイオコーナー。VAIOの新製品はモバイルパソコンがまだ発表になっていないので、バイオコーナーはカタログだけいただいて素通りです。

次に見たのが話題の新製品。サウンドエンターテインメントプレーヤー “Rolly” iconです。卵形の楕円形をした白い物体。これが音楽プレーヤーだというのですから驚きです。2007年9月29日発売予定。

基本的にはパソコンと接続して音楽を内蔵フラッシュメモリーに転送する。スピーカ付きのウォークマンのようなモノです。

こちらもデモを見せてもらいました。本体中央にあるボタンをクリックすると演奏開始。両端のスピーカ部分が開きます。まずまずの音質です。様々な工夫が凝らされているんだとか。ホイールがふたつありまして、ひとつは曲送りや曲戻し、もう一つはボリューム。操作感も新しい。

Rollyはダンスが得意です。羽根のような左右のアームを動かしたり、音に合わせて動く、転がる、回る、イルミネーションが光ると言った動作をします。事前にテレビで見たかぎりでは自動的にその動作を実行するんだと思っていましたが、自分でプログラミングするんだとか。パソコンを使って、ある程度決まった動作を組み合わせるのでしょう。手の平に乗るミュージックプレーヤーが踊るんですから、面白い商品です。

ソニースタイル会場では、家族で楽しめるような企画やソニーのさまざまな取り組みを体験できるコーナーが沢山ありました。

粗品をいただいて会場を後にします。続いて、VAIO Type T 開発者による開発秘話のセミナーに参加です。

サウンドエンターテインメントプレーヤー“Rolly”

Sony Style(ソニースタイル)

« 「アヒルと鴨のコインロッカー」私的映画考Vol.103 | トップページ | 「ミス・ポター」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/16472691

この記事へのトラックバック一覧です: 「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その3:

« 「アヒルと鴨のコインロッカー」私的映画考Vol.103 | トップページ | 「ミス・ポター」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ