« 「ラストキング・オブ・スコットランド」私的映画考Vol.107 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その53 »

2007/10/16

「ローグアサシン」鑑賞

先日、「ローグアサシン」を観てきました。フィリップ・G・アトウェル監督作品。出演:ジェット・リー(「SPIRIT」「HERO英雄」)、ジェイソン・ステイサム(「カオス」「アドレナリン」「トランスポーター」)、ジョン・ローン、デヴォン青木、ルイス・ガスマン、ケイン・コスギ、石橋凌他。

サンフランシスコ。伝説の殺し屋・ローグ(ジェット・リー)を追うFBI捜査官のジョン(ジェイソン・ステイサム)とトム。トムはローグへ致命傷を負わせた。数日後、トムが家族共々惨殺されてしまう。ジョンはローグの仕業だと直感し、復讐を誓う。3年後、中国マフィアと日本のヤクザの抗争にローグが姿を現した。ヤクザを次々と殺害し、その場を立ち去るローグ。ジョンはローグが帰ってきたことを確信し、復讐のために執拗なまでの捜査が始まる。

ローグの仕事ぶりは見事で、冷酷な殺人鬼。女子供も容赦なく手にかけます。序盤はローグの顔を見せず、おもしろいアングルで見せてくれます。台詞も少なめで、寡黙な殺し屋の雰囲気が漂います。緊張感のあるアクションシーンとなっていてドキドキして見られます。

終盤にどんでん返しが待っています。が、伏線があまりにも少ないので、腑に落ちません。おまけにアクションラインをカメラが越えまくるは、タイトな画面が多いはで、人物の位置関係が掴みにくいです。

時代は刻々と動いている。その流れに乗れない者は生き残れない。裏切り、また裏切り。ローグの真の目的はいったい何なのか?怒濤のアクションサスペンス作品です。

« 「ラストキング・オブ・スコットランド」私的映画考Vol.107 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その53 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/16775067

この記事へのトラックバック一覧です: 「ローグアサシン」鑑賞:

« 「ラストキング・オブ・スコットランド」私的映画考Vol.107 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その53 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ