« イオン新潟南ショッピングセンターへ | トップページ | 「ブレイブ ワン」私的映画考Vol.108 »

2007/10/26

「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その5

iconicon

「VAIO Type T 開発者による開発秘話のセミナー」が終わると、続けて「ホームシアター体感セミナー」に参加です。

案内書には、各回先着30名までですが、10:00~16:30の間、0分と30分にスタートと言うことで、余裕がありますが、ちょうど時間だったので、待ち時間無く参加できました。

会場はあまりおおきくありません。暗幕が全面に張りめぐらされていて、音響効果を助けます。プロジェクターが数機セットされ、スクリーンの脇にはトール型のステレオスピーカ。サラウンド用にもトール型が4機。サブウーハは小型のものが6機ほど積み上がっています。

座席は椅子が並べられているだけ。サラウンドの場合、リスニングポジションは真ん中に合わせるモノですから、なるべく中央に座ろうとど真ん中に陣取ります。

ちょっと陽気な司会者氏が登場し、セミナースタート。再生機は当然のようにブルーレイディスクレコーダBDZ-X90 。ディスクは「スパイダーマン3」。ブルーレイディスクの映像をしっかりと観るのはこれが初体験。さすがに美しいです。プロジェクタの性能も私の使っている<シネザ>VPL-HS1とは雲泥の差ですから、当然なのでしょうが、きめ細やかさが違います。

臨場感もたっぷりで、映像に引き込まれていきます。が、とっても良いところで再生終了。新製品のデモだと言うことを忘れていました。あはは。「つづきは購入してご覧ください」とのこと。

その後は、映像の美しさを堪能したり、まだ開発中で型番さえ決まっていないプロジェクタの紹介等であっと言う間に30分は終了。icon ブルーレイディスクレコーダの実力をすっかり堪能しました。

上を見ればキリがありませんが、良いモノは良い。それは間違いありません。良いモノは高価なのも確かですが。我が家のホームシアターはそれなりに満足はしていますが、そろそろ、見直しの時期かもしれません。とは言え、先立つものがありませんので、買い換えはなかなかできないのが現実ですけどね。

とにもかくにも、大好きなソニーの新製品の数々を見聞きし、体験した、夢のような一時でした。9月に発表され、体験した製品たちも、続々と市場に登場し始めていますから、実際に手にすることもできることでしょう。一押しはやっぱり、ブラビア icon、ブルーレイを中心としたハイビジョン製品。2008年はオリンピックの年ですから、新しいテレビで、観戦も良いかもしれません。

またいつか「Sony Dealer Convention」に参加したいと思います。(了)

iconicon

« イオン新潟南ショッピングセンターへ | トップページ | 「ブレイブ ワン」私的映画考Vol.108 »

ホームシアター」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/16876577

この記事へのトラックバック一覧です: 「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その5:

« イオン新潟南ショッピングセンターへ | トップページ | 「ブレイブ ワン」私的映画考Vol.108 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ