« 「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その5 | トップページ | 「インベージョン」鑑賞 »

2007/10/27

「ブレイブ ワン」私的映画考Vol.108

先日、「ブレイブ ワン」の試写会に行ってきました。ニール・ジョーダン監督作品。出演:ジョディ・フォスター(「パニック・ルーム」「フライト・プラン」)、テレンス・ハワード(「Ray/レイ」「クラッシュ」)、ナビーン・アンドリュース(「LOST」「プラネット・テラー」)、ニッキー・カット、メアリー・スティーン・バージェン他。

ニューヨークでラジオのパーソナリティを務めるエリカ・ベイン(ジョディ・フォスター)。婚約者のデイビッド(ナビーン・アンドリュース)と公園を散歩中、暴漢に襲われ、エリカは瀕死の重傷を負う。3週間後、病院で意識を取り戻した彼女はデイビッドが死んだことを告げられ、悲しみに打ちひしがれる。

心にも傷を負い、満足に外出することもできなくなってしまった。なんとか外出し警察に赴くが、捜査は一向に進まず、警察の対応にも憤りを感じた。そして、エリカは自衛のために拳銃を手にした。ある日、立ち寄ったコンビニで、強盗に出くわし思わず拳銃を発射してしまうのだった。

暴漢に襲われるシーンは極めて暴力的。暴漢がビデオカメラで撮影しながら襲いかかり、その映像もときおり挿入されるので、より臨場感が増し、怖い映像になっています。その後の瀕死の重傷を負ったエリカの緊急手術のシーンが印象的。

ようやく、傷も癒え、外出しようとするエリカ。しかし、アパートのドアを開けられずに後戻りを繰り返す。おそらく何度も挑戦したに違いありません。しかし、一歩が足を踏み出せない。そんな心情を表すために、ピントがぼやけ、カメラは斜めになる。精神的に不安定な状況を表現するために水平を崩す映像は、この場面以外にも何度も使われ、精神的に追い詰められていくエリカの心情を表現しています。

そんなエリカを見守ってくれるのは、隣人の女性。辛い彼女の心情を察しそっと励ましてくれます。「死ぬ方法はいくらでもある。だけど、生きていく方法を探さなければいけない」と。思い詰めた表情のエリカ。そんな言葉も耳に入らない。

自衛の手段として拳銃を握ったエリカ・ベイン。コンビニ強盗から身を守るため、地下鉄で二度目の発砲も自衛だった。しかし、次は殺人。法で裁かれない悪を殺していく姿を映します。法を守るの立場として、マーサー刑事(テレンス・ハワード)がエリカの前に現れます。

善と悪の境目が分かりにくい現代。殺人犯を撃ち殺すのは殺人者なのか、正義の味方なのか。曖昧な正義、倫理観、道徳観を描きます。それは勇気と言えるのか。人間には決して越えてはならない境界線がある。越えれば、もう後には戻れない。

路地を迷路のごとく走るエリカを俯瞰の映像が追います。その映像は神の目か、それとも空から見守るデイビットの目線か。次第にひいていくカメラ。だとしたらデイビットはその時、救われたのかもしれません。しかし、殺人を繰り返したエリカの心には空白ができ、それは決して埋まることがないのです。

2007年10月27日ロードショー。

BRD ブレイブ ワン WBBAY-13984

« 「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その5 | トップページ | 「インベージョン」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/16886224

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブレイブ ワン」私的映画考Vol.108:

» 「ブレイブ・ワン」ヒロインは裁かれない [soramove]
「ブレイブ・ワン」★★★ ジョディ・フォスター 、 テレンス・ハワード主演 ニール・ジョーダン監督、アメリカ 、オーストラリア、122分 公園で暴漢に襲われ ひどいケガを負い、 フィアンセは殺されてしまった。 精神的にもダメージを受けて 外を一人で歩...... [続きを読む]

« 「Sony Dealer Convention 2007」体験記 その5 | トップページ | 「インベージョン」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ