« 「ベオウルフ 呪われし勇者」鑑賞 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.4 »

2007/12/10

地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.3

年に一度のお楽しみ、サッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップジャパン2007。世界6大陸のクラブチーム代表が日本で世界一を争うこの大会。

大会2試合目は、準々決勝第1試合エトワール・サヘル(アフリカ)vsパチューカ(北中米カリブ)、2007年12月9日14:45キックオフ(国立競技場)。

実力が拮抗しているのか、両チームとも決め手を欠くカタチで試合は進みます。どちらかと言えば、パチューカが押し気味という感じ。個人技でパチューカがチャンスが多い。徐々に落ち着きを見せ始めた前半の両チーム。お互いの持ち味を出し始めますが、0-0のまま、前半を終了。

トーナメントは一発勝負ですから、慎重になるのは分かりますが、あまりに様子見が続くのは観ていて面白くありません。カチョにボールを集めたい、パチューカですが、マークが厳しいのか、良いところがありません。

後半30分過ぎ、怒濤のパチューカの攻撃が始まります。何とかしのいだエトワール・サヘル。堅く守り、そして、カウンター狙いという戦略がとうとう実ります。後半39分。ミドルシュート一閃。MFナリーがゴールを決めました。

残り時間でパチューカは何とか追いつこうと必死ですが、実らず1-0でエトワール・サヘルの勝利で試合終了。少ない決定的なチャンスを活かしたエトワール・サヘルの勝利で終わりました。

と言うことで、勝ったエトワール・サヘルは準決勝第1試合(12月12日19:30キックオフ)で、ボカ・ジュニアーズと戦います。この試合では得点こそなりませんでしたが、キレのあるプレイのエトワール・サヘル、FWシェルミティ選手に注目です。

大会3試合目は、浦和レッズvsセパハン準々決勝第2試合12月10日、19:30キックオフ。因縁の対決!注目の一戦です。

今年最後にして最大のサッカーイベント。準々決勝も始まり、ますます盛り上がってきました。楽しみは続きます。

« 「ベオウルフ 呪われし勇者」鑑賞 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.4 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.3:

« 「ベオウルフ 呪われし勇者」鑑賞 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.4 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ