« 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.5 | トップページ | 「マイティ・ハート 愛と絆」鑑賞 »

2007/12/14

地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.6

年に一度のお楽しみ、サッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップジャパン2007。世界6大陸のクラブチーム代表が日本で世界一を争うこの大会。

大会5試合目は、準決勝第2試合、12月13日19:30キックオフ(横浜国際総合競技場)、浦和レッズ(アジア)vsACミラン(南米)。

久しぶりにドキドキするくらい面白い試合でした。12人目の選手とも言えるサポーターの熱烈な応援に後押しされながらのプレイで浦和レッズは物怖じすることなくヨーロッパ王者に挑みます。

序盤、浦和レッズは押し気味に進めるモノのなかなかゴール前にはたどり着けません。シュートは何本かあっても、ミドルシュートばかり。策がありません。

ACミランのFWカカにボールが渡ると一瞬にして緊張感であふれます。縦パス一本、ドリブルで何人も抜き去っていくカカ。その抜き去るスピードは圧巻です。中盤でボールを持たせたら危険極まりありません。

そのカカに対して浦和レッズは2人以上の複数で当たります。1対1では止められない、ボールを奪えない。ボール支配率は圧倒的にACミラン。次第に、浦和レッズは守りの時間が長くなっていきます。

後半に入ってもACミランの波状攻撃は続きます。何度もピンチを迎えますが、GK都築の好セーブに助けられます。圧巻なのはクロスボールからダイレクトボレーシュートの数々。ピンポイントに合わせてくるクロスの精度もすごいですが、次々とダイレクトで合わせるのもすごい。

後半17分インザーギ投入。攻撃に拍車をかけるACミラン。動きが変わります。浦和レッズも決定機を作りますが、均衡を破ったのはやはりカカ。ドリブル突破したあとのセンタリングに、MFセードルフが合わせてゴール!後半23分、先制点を決めました。

先制後も、ACミランの波状攻撃は続きます。負傷退場したDF闘莉王に変わって入ったMF山田が良い動きを見せ、チャンスを作り出します。気迫のこもったプレイでヨーロッパチャンピオンのACミランに挑みましたが、やはり壁は厚く、高かった。良い試合でしたが、浦和レッズは欧州王者に及びませんでした。1-0のままACミランの勝利でした。

と言うことで、ACミランが決勝戦へ進出。ボカ・ジュニアーズvsACミラン、12月16日19:30キックオフ(横浜国際総合競技場)。浦和レッズは3位決定戦へ。エトワール・サヘルvs浦和レッズ、12月16日16:00キックオフ(横浜国際総合競技場)。

順当に勝ち上がった欧州王者と南米王者。3年連続で決勝は同じ顔合わせとなりました。2年連続での南米勢が優勝している本大会、3年目のワールドカップの行方は・・・。今年最後にして最大のサッカーイベント。とうとう残り2試合となりました。クライマックスは近い。夢はまだまだ続きます。

« 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.5 | トップページ | 「マイティ・ハート 愛と絆」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.6:

« 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.5 | トップページ | 「マイティ・ハート 愛と絆」鑑賞 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ