« 「エイリアス シーズン4」鑑賞中 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.8 »

2007/12/16

地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.7

年に一度のお楽しみ、サッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップジャパン2007。世界6大陸のクラブチーム代表が日本で世界一を争うこの大会。

大会6試合目は、3位決定戦。エトワール・サヘルvs浦和レッズ、12月16日16:00キックオフ(横浜国際総合競技場)。

開始早々、クリアミスから生じたFWシェルミティの突破に対して、ペナルティエリア内で倒してしまいます。エトワール・サヘルのPKで先制された浦和レッズ。良いようにあしらわれるような前半が続き、なかなかチャンスが作れません。コーナーキックも高さのあるエトワール・サヘルにはハイボールは効果が出ません。

FWワシントンには、常にマークが付き、思うようにシュートができません。前半35分、相馬のクロスボールに合わせたFWワシントンがヘッドで押し込み同点ゴール。1-1とします。

同点としたあとは浦和レッズの攻撃も徐々に成果を見せ始め、チャンスも増えます。しかし、高さと技術で勝るエトワール・サヘル。優位に進めます。

後半もエトワール・サヘルが優位に進めます。シュートが打てない浦和レッズ。均衡を破ったのはまたもワシントンのヘッド。浦和レッズでの最後の試合となるワシントンの気迫のこもったプレイが実ります。

しかし、シェルミティの突破から浦和のレッズのミスが重なり、ゴール。シェルミティの初得点となり2-2。試合はもつれます。エトワール・サヘルの怒濤の攻撃に必死に堪える浦和レッズ。そして、PK戦へ突入。3位決定戦では延長を行わず、すぐにPK戦となります。

エトワール・サヘルが1本目を外して、浦和レッズの勝利の予感が高まります。ワシントン、阿部、永井、細貝と順調に決め、浦和レッズの勝利となりました。これで、浦和レッズがFIFAクラブワールドカップで世界3位となりました。歓喜の嵐。ワシントンの号泣。日本のサッカーの歴史が変わった瞬間でした。おめでとう、浦和レッズ!

いよいよ次は、ラストマッチ。ボカ・ジュニアーズvsACミラン、12月16日19:30キックオフ(横浜国際総合競技場)。夢の宴もまもなく終わろうとしています。

« 「エイリアス シーズン4」鑑賞中 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.8 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.7:

« 「エイリアス シーズン4」鑑賞中 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2007 Vol.8 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ