« 決定!2007年私的映画大賞 | トップページ | 「シルク」試写会へ »

2008/01/15

「AVP2 エイリアンズ VS. プレデター」鑑賞

先日、「AVP2 エイリアンズVSプレデター」を観てきました。ザ・ブラザーズ・ストラウス(コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス) 監督作品。出演:スティーヴン・パスカル、レイコ・エイルスワース、ジョン・オーティス、ジョニー・ルイス、アリエル・ゲイド他。

前作のラストで、プレデターの体内から飛び出たチェストバスター=ニュー・エイリアンは、宇宙船内で“プレデリアン”へと成長した。プレデターを次々と殺戮していき、コントロールを失った宇宙船は地上へ墜落した。“プレデリアン”をはじめ、船内に残っていたエイリアンの幼虫・フェイス・ハガーは森へと放たれた。静かな町は、恐怖に満たされていく。そして、宇宙船の異変に気づいた、母星のプレデター一体が地球へと乗りこんでくる。増殖するエイリアン、地球上で繰り広げられる死闘。その、結末は・・・?!

前作では南極の氷の下に存在したピラミッドでの死闘でしたが、本作の舞台はアメリカの田舎町。いよいよ、実社会へとエイリアンがはびこっていきます。恐ろしいのはエイリアンの生命力。生きることにどん欲なエイリアンは、次々と人々を襲っていきます。クィーン・エイリアンを失ったはずのエイリアンでしたが、進化したプレデリアンは、卵を産み付けることが出来ます。それにより、数はドンドン増していきます。

舞台を現代社会にしたことにより、病院、学校、街角とリアルな場面を展開していきます。SF作品というよりは、ホラー作品のような要素もあり、恐怖感は増していきます。残酷な描写が多いため、鑑賞には注意が必要です。

このままでは、人類の滅亡の危機にもなりかねません。しかし、その時とった、アメリカ政府の意志決定は・・・。

エイリアンVSプレデターVS人類。最も弱い生命体・人類。滅亡していくしかないのでしょうか?どんなに弱い生命体でも、生きる権利はあるし、生き抜くための知恵もあるはず。あきらめずに、希望をたぐり寄せる事ができれば、未来は見えてくる?!大迫力で贈るアクション活劇作品。

« 決定!2007年私的映画大賞 | トップページ | 「シルク」試写会へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/17650469

この記事へのトラックバック一覧です: 「AVP2 エイリアンズ VS. プレデター」鑑賞:

« 決定!2007年私的映画大賞 | トップページ | 「シルク」試写会へ »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ