« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/31

2008.01映画鑑賞総括

1月の劇場での映画鑑賞は6本。今年の累計6本。今年も、映画館での年間100本鑑賞を目指します。それにしては、ちょっと少なめのスタートではあります。

0108   銀色のシーズン(試写会)
0111   マリア
0114   AVP2 エイリアンズVSプレデター
0115   シルク(試写会)
0119   スウィーニー・トッド
0124   ウォーター・ホース(試写会)

今月は試写会が3本と言うことで、良く当たりました。おまけに、3作品ではありますが、「銀色のシーズン」「シルク」は2枚ずつ当たるし、「ウォータ・ホース」は別会場ですが3枚当たるという快挙?を成し遂げました。どうせ当たるなら別の作品が当たってくれればいいのにー。

今月も邦画、アクション、感動作とバラエティに富んだ作品を観ることが出来ました。中でも、「シルク」は良かったです。劇中、送られる手紙がありまして、その文面が公式HPに載っていたので、おおこれはと思って見てみたら、ちょっとガッカリでした。

日本語の手紙を、フランス人の主人公へと送った手紙なのですが、HPにあったのはその手紙を英語に翻訳した字幕スーパーの内容だったのです。私が読みたかったのは、その原文。「いとし君へ・・・」ではじまる原文なんです。感動的な場面で使われる手紙でありますし、趣があるのはやはり日本語の原文なのではないかと思うわけです。

来月2月は、1月公開でまた観ていない作品を観まして、その後は、「アメリカン・ギャングスター」「エリザベス:ゴールデン・エイジ」とアカデミー賞関連の作品が続きます。

2008/01/30

SONY「ダビング10」への対応発表!

iconicon

2008年1月29日に、ソニーより「ブルーレイディスクレコーダー、DVDレコーダーの
「ダビング10」への対応についてのお知らせ
」が発表になりました。

現在、スゴ録やブルーレイディスクレコーダーでは、デジタル放送(地上・BS)を録画した場合、DVDやブルーレイディスクにダビングする場合は、1回しか出来ませんでした。それも、ダビングと言うよりはムーブ(移動)になり、複製を作ることが出来ませんでした。しかし、ダビングに失敗すると、その番組データ自体がなくなってしまいかねない状況でした。

そこで、デジタル放送で運用開始が予定されている新しいコピー制御方式「ダビング10」の登場です。ダビング時に、最初の9回まではコピー(HDDに録画された番組は消去されない)、最後の1回がムーブ(HDDに録画された番組はダビング完了後に消去される)できるようになるのです。

この、「ダビング10」に対応するため、ブルーレイディスクレコーダー、DVDレコーダーの下記対象製品において、ソフトウェアアップグレードで対応することが発表されました。良かった良かった。他メーカーではすでに対応を発表していましたが、ソニーがまだだったので、ソニーのレコーダーだらけの私としては、気になっていたのでした。

【対象製品】
デジタルハイビジョンチューナー内蔵 HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー
  『BDZ-X90』『BDZ-L70』『BDZ-T70』『BDZ-T50』『BDZ-V9』『BDZ-V7』

デジタルハイビジョンチューナー内蔵 HDD搭載DVDレコーダー
  『RDZ-D900A』『RDZ-D800』『RDZ-D700』

アップグレードの開始時期、アップグレードにより拡張される機能の詳細等はまだ未定ですが、とりあえず一安心。2008年6月頃には「ダビング10」の運用開始が予定されていますので、それまでには続報があるのでしょう。楽しみに待ちましょう。

2008/01/29

BRD「アーサーとミニモイの不思議な国」鑑賞

先日、ブルーレイディスクで「アーサーとミニモイの不思議な国」を観ました。 リュック・ベッソン監督作品。出演:フレディ・ハイモア(「チャーリーとチョコレート工場」「ネバーランド」)、ロバート・デ・ニーロ(「グッド・シェパード」「スターダスト」)、ミア・ファロウ、デイヴィッド・ボウイ、スヌープ・ドッグ他。

アーサー(フレディ・ハイモア)は両親と離れ、祖母と暮らしている。祖父が行方不明になり土地代が未払いになっていたため屋敷は立ち退きを迫られている。そんなある日、アーサーは屋根裏で、冒険家の祖父が自分に残した書物を見つける。そこにはアフリカの謎の民族・ミニモイの秘密とともに、裏庭に埋められた財宝の地図があった。ミニモイ族の真実を知るため、そして家族の危機を救うため、アーサーの冒険が始まる!

序盤は実写映像でドラマは展開します。祖母とアーサーの暮らし。アーサーの誕生日だというのに両親はいません。そこに、やってくる取立屋。冒険家の祖父が庭のどこかにルビーを隠したという。それさえあれば、立ち退かなくてもすむに違いない。そう思ったアーサーは祖父の残した手がかりを頼りに、謎を解き始めます。

中盤からは、小さくなったアーサーとミニモイ族との出会い。そして大冒険。ミニモイ族は2mmほどととても小さいです。アーサーも同じサイズになります。アーサーの住む家の庭で繰り広げられる大冒険なのですが、とにかく小さいですから、日常にあったモノがすべてビッグサイズ。戸惑うばかりです。

で、ここからはCGアニメーションで描かれています。これが実に良く動きます。表情も豊か。モーションキャプチャーなので、演じる人が実際にいますから、当然なのでしょう。少し大げさでユーモラスな動きをしているのでしょう。それが、ミニモイ族は妖精のようなコロボックルのような存在なので、ちょうどいい感じになっています。

字幕版の吹き替え陣も豪華ですが、神木隆之介、戸田恵梨香、タカアンドトシ、Gackt、えなりかずきと日本語吹き替え版のキャストも豪華です。私は字幕版で観ましたが、吹き替え版で観るとまた別の楽しみ方が出来るのかもしれません。

ブルーレイディスクの映像は鮮明で美しいです。古き良き1960年代の街並み、そこから覗く青空や、庭から見える青空の鮮明さは格別です。生い茂る庭の草木の緑も美しいです。CGの美しさはもちろんで、とにかく良く動くというのが感想。音響的にも位相がはっきりとしていて、リスニングポジションの後方から聞こえる効果音もはっきりと認識できます。

伏線もしっかりとしていて、良くできたストーリーです。信頼、友情、そして思いやり。多くのことを学んだ少年は大人への階段をひとつ上ったのでした。本作は3部作の第1部なんだとか。アーサーの次なる冒険は、いかに?

2008/01/28

iPod touchデビュー!その4

最近、iPod touchを使い始めました。買ったのは昨年なのですが、ようやく最近になってパッケージを開封し、使い始めました。

既存のCDアルバムからのダビングや、iTunes Storeでの購入をし、音楽プレーヤーとしての使い方は概ね理解が出来ました。

生身で使っていると、指紋のあとがどうにも気になりだしました。それに持ち歩くのですから、安全性も気になります。そこで、ケースを購入することを検討。ネットや小売店で見たりして、調べてみると各メーカーから、様々な種類が発売されているようでした。

で、検討した結果、レイ・アウト iPod touch用本革レザージャケット/ブラックを購入しました。ジャケットという感じで、全体を覆っていますが、ケースに入れたまま操作できるようになっています。タッチディスプレイ部分上部はフラップになっていて、操作時にはフラップをめくります。フックを使えば縦置き、横置きのスタンドとしても使えます。色はシルバー、ブラウン等全7色。私は当然のごとくブラックを選択しました。

これで、安心してiPod touchを使うことが出来ます。やはり携帯音楽プレーヤーは持って歩くことが前提ですから、安全性も考慮しないといけません。

2008/01/27

「転校生 さよならあなた」私的映画考Vol.118

今日、ご紹介するのは大林宣彦監督作品「転校生 さよなら あなた」です。原作:山中恒、出演:蓮佛美沙子、森田直幸、厚木拓郎、寺島咲、清水美砂、古手川祐子、石田ひかり、窪塚俊介他。

中学3年になる斉藤一夫(森田直幸)は、両親の離婚を機に、尾道から幼少期を過ごした信州に引っ越してきた。そして、転校先の中学で幼馴染の斉藤一美(蓮佛美沙子)と再会する。偶然の再会を喜ぶ一美は、思い出話をするが、一夫は聞く気になれない。そんな一夫を、幼い頃よく遊んだ「さびしらの水場」に連れて行く。水を汲もうと柄杓を伸ばした途端、足を滑らせ、二人は水の中に落ちてしまう。這い上がった時、二人の体が入れ替わっていた!

山中恒原作の青春ストーリー「おれがあいつで あいつがおれで」を、25年ぶりに大林宣彦監督自らが再映画化した作品。オリジナル公開から25年の月日が流れ、その間、時代は移り変わり、様々な出来事があった。その影響で現代風に設定が変わってきてはいるモノの、オリジナル作品とほぼ同じ内容。舞台は尾道から信州・長野へと変わったのですが、しかし、後半が大きく違っています。

「50年後の子供たちに見せたい映画を・・・」と長野の人に言われて作った作品らしく、長野の狭い路地裏、信州の山々、行き交う町の人々等々、古き良き風景を舞台に青春時代のせつない想いを描きます。

入れ替わってしまった二人。最初は戸惑う二人でしたが、そんな状況にあってこそ、自分のことや家族のことに気がついていきます。そして、互いには気がつかないうちに二人の間には温かいモノが生まれ始めていくのでした。しかし、そんな中、一美の身体に異変が生じ始めていくのですが・・・。

劇中流れる美しい音楽。前作と変わっているのはピアノが物語に大きくかかわってくること。二人の奏でるメロディ。音楽と映画。希望と絶望。そして、未来を生きる。ピアノ少年と物語少女の物語。相手を思いやること、命の尊厳、自分らしさの発見。人はなぜ生きるのか?なぜ死ぬのか?ふたりはひとり。見る夢もひとつ。様々な想いが駆けめぐります。

前半はユーモラスに進みますが、後半は実に感動的。泣き所は何度となく訪れます。病院での母親との再会のシーンは感動的な良いシーンになっています。また、元に戻った時の二人の表情が実に良い。物語を通して大人になっていく二人。映画の撮影を通してい大人になっていく二人。リメイクではありますが、まったく新しい物語として輝きを増した作品になっています。

人は、誰も
生きて、その物語を残す。
人の命には限りがあるが、
物語の命は永遠だろう。
未来の子どもたちよ、
今も元気で
暮らしていますか。

2008/01/26

iPod touchデビュー!その3

最近、iPod touchを使い始めました。買ったのは昨年なのですが、ようやく最近になってパッケージを開封し、使い始めました。

既存のCDアルバムのダビングは出来ましたので、次はiTunes Storeでの購入に挑戦です。

iTunesを起動して、iTunes Storeをクリックすると、画面が切り替わります。新譜情報や、ランキングが目を引きます。CDジャケットがあちこちに表示されています。何が出来るのかなあと想いながら眺めてみました。

ミュージック、ミュージックビデオを始め、オーディオブックやゲーム等が購入できるようです。ミュージックは1曲単位やアルバム単位での購入が出来るようです。ミュージックビデオはいわゆるプロモーションビデオが購入できます。

面白いのは、オーディオブックというモノ。最初は何か分かりませんで、よくよく見てみると分かりました。小説を朗読したり、ドラマ仕立てにしたりというモノのようです。サンプルを聞いてみますと、有名声優や俳優の声で、朗読された名作が聞こえてきました。他にも落語やNHKラジオの番組等々、様々なカテゴリがありました。夏目漱石や宮沢賢治らの名作から、宮部みゆきの人気作品まで幅広い内容がありました。

面白そうでしたが、たぶん聞かないだろうと言うことで、今回は見送りました。価格は200円~とリーズナブルです。

あちこち見て回って、ダウンロードしたのは、ミュージックからBANK BANDの「はるまついぶき」と、ミュージックビデオから「劇場版機動戦士ガンダムⅡ哀戦士編より 哀・戦士(土田晃之Ver.)」。合計600円也。購入前に試聴が出来ますし、レビューでの評価を参考にするのも良いでしょう。

CDアルバムを買ったり、レンタルしたりするのも良いですが、1曲単位での購入が出来ますから、この曲だけ欲しい何て場合には良いかもしれません。

パソコンにダウンロードが終わったら、同期を行い、iPod touch上でも再生ができるようになりました。映像を気軽に持ち歩けるというのは良いですね。

2008/01/25

「ウォータ・ホース」試写会へ

先日、「ウォータ・ホース」の試写会へ行ってきました。ジェイ・ラッセル監督作品。出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャプリン、デヴィッド・モリッシー、ブライアン・コックス他。

スコットランド。第二次世界大戦時下。少年アンガスは出征した父の帰りを待ちわびていた。ある日、ネス湖のほとりで拾った大きな石を持ち帰る。その石は青く光る卵で、そこから生まれた不思議な生き物にクルーソーと名付け飼い始める。食欲旺盛なクルーソーはみるみるうちに大きくなっていった。しかし、ある日アンガスの家に、軍隊が駐屯してきたのだ。大きくなったクルーソーはネス湖でひっそりと暮らすはずだったが、その生活も戦争に脅かされることになっていくのだが・・・。

世界中の誰もが1度は見たことのある1枚の写真。ネス湖の水面から長い首を突き出して悠然と泳ぐ生き物の写真。あれは作り物だったというもっぱらのお話しですが、その写真の裏側には真実のドラマがあったのです。

伝説の生き物“ウォーター・ホース”。世界に一匹しかいない生き物。父の帰りを待つ少年・アンガス。アンガスは夢と魔法の眠る湖に魅せられていましたが、反面、恐怖も抱いていたのです。そんな孤独な少年アンガスの目の前に現れた孤独な生き物。いつしか、ひとりぼっちの一人と一匹は信頼と友情に結ばれていきます。

最初は物置小屋でクルーソーを飼っていましたが、多くの軍人が敷地内を、家の中を闊歩し、新たな使用人は物置小屋を使うという。人目を避けつつ、クルーソーを匿いますが、長くは続きません。使用人に見つかってしまいます。が、なんとか湖に放すことが出来ました。そして、使用人とも友情のような関係を築いていくのでした。きっと、父親の姿をダブらせていたのかもしれません。快活に笑うアンガス。嬉々としてクルーソーとの関係を話すアンガス。穏やかな時間が流れていきます。

が、しかし、そこに忍び寄る戦争の影。砲術演習で湖に砲弾が撃ち込まれる。逃げ回るクルーソー。世界で唯一の存在であるウォータ・ホースの運命は・・・。

ニセモノ写真が撮られた背景には、ホンモノの感動秘話があった。ふたりの想いは今・・・。ユーモラスなシーン満載で思わず笑ってしまいますが、最後にはホロッとさせてくれる感動作。愛と友情と夢と冒険。忘れかけていたことを思い出させてくれます。

2008年2月1日ロードショー。

2008/01/24

iPod touchデビュー!その2

最近、iPod touchを使い始めました。買ったのは昨年なのですが、ようやく最近になってパッケージを開封し、使い始めました。

初期設定が終わって、概ね何をすればいいかが分かったので、次はCDのコピーを開始です。

まずはパソコン上でiTunesを起動。CDを入れると、確認メッセージが表示され、iTunesにコピー開始です。その際、ネットに接続しておくと、アルバムタイトル、曲名等の情報も自動的に記録されます。玉置浩二、コブクロ、スキマスイッチ、槇原敬之等々のCDを20枚ほどコピーします。

パソコンへのコピーが終わったら、iPod touchをUSBケーブルで接続します。同期の開始です。同期の場合、色々な設定があり、全曲、指定した曲のみ、等の選択が可能です。今回は、全曲の同期開始です。iPod touchの画面には「同期中」の文字が表示されます。iTunesの画面には詳細が表示されています。

これで、ある程度の曲数が確保できました。が、イメージ画像にもあるような、アルバムジャケット写真が表示されていません。せっかく表示できるのにもったいない。アルバムアートワークというらしい。タイトルを右クリックしメニューから「アルバムアートワークを入手する」を選択すると、「iTunes Storeのアカウントをとれ」という旨のメッセージが表示。

それならということで、iTunes Storeのアカウントを取る手続を開始です。メールアドレス、名前、カード情報等を入力しました。終了したら、先ほどの「アルバムアートワークを入手する」を再度実行。アートワークがあるモノとないモノがありました。最初は1枚ずつやっていましたが、途中でやってみたら、全曲選択して一気にダウンロードすることも可能でした。何でもやってみるモノです。

この動作で、入手できない場合は、ネット上のどこかから画像を入手してきて、曲を選択して、右クリック、メニューから[プロパティ]-[アートワーク]として、画像を枠内にドラッグすることによって、張り付きました。

画像の整理が終わったら、またまた同期を行えば、iPod touch上でもジャケット写真が表示されました。iPod touchで曲を再生中に、横に倒すとCover Flow表示になります。画面上で、指をスライドさせるとジャケット写真の一覧がクルクルと動きます。これは気持ちが良いです。

既存のCDアルバムのダビングは出来ましたので、次はiTunes Storeでの購入に挑戦です。

2008/01/23

第80回アカデミー賞ノミネート発表!

今年もアカデミー各賞のノミネートが発表されました。

●作品賞
「Atonement/つぐない」
「Juno/ジュノ」
「Michael Clayton/フィクサー」
「No Country for Old Men/ノーカントリー」
「There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

●監督賞
ジュリアン・シュナーベル「潜水服は蝶の夢を見る
ジェイソン・ライトマン「JUNO/ジュノ」
トニー・ギルロイ「フィクサー」
イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン「ノーカントリー」
ポール・トーマス・アンダーソン「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

●主演男優賞
ジョージ・クルーニー「フィクサー」
ダニエル・デイ・ルイス「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
ジョニー・デップ「スウィーニー・トッド
トミー・リー・ジョーンズ「告発のとき」
ヴィゴ・モーテンセン「Eastern Promises」

●主演女優賞
ケイト・ブランシェット「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
ジュリー・クリスティ「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」
マリオン・コティヤール「エディット・ピアフ~愛の賛歌~
ローラ・リニー「The Savages」
エレン・ペイジ「JUNO/ジュノ」

毎年、思いますがアカデミー賞が決定する時期には日本で公開されている作品が少ないんですね。そうすると思い入れがイマイチ出来ないんです。好きな監督の作品がノミネートされていれば、それなりに思い入れるんですが。今年は、作品賞5作のうち1作も観ていないですから、なんともいえません。

日本に関係する作品としては、浅野忠信が主演する“Mongol”が外国語映画賞にノミネートされました。

アカデミー賞の前哨戦と言えるゴールデングローブ賞では「スウィーニー・トッド」が最優秀作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、ジョニー・デップが主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)に輝きましたし、ドラマ部門では、「つぐない」が最優秀作品賞を受賞しました。そのままアカデミー賞に反映される場合が多いですが、今年はどうなりますか。

発表は現地時間2月24日。楽しみに待ちましょう。今回は80回という節目の年。どうぞ、授賞式が開催されますように。

2008/01/22

iPod touchデビュー!

最近、iPod touchを使い始めました。買ったのは昨年なのですが、ようやく最近になってパッケージを開封し、使い始めました。

今まではSONYのバイオポケットVGF-AP1を使っていたのですが、ネットオークションで売却しました。20GBHDDで、容量的には申し分なかったのですが、大きさ、使用時間の短さ等々が気になってきたので、買い換えに踏み切りました。

というわけで、初iPod。それも「アップル iPod touch 16GB MA627J/A」のデビューです。音楽プレーヤーは旅行等の移動時くらいしか使わないのですが、iPod touchは、音楽プレーヤー以外にも様々な用途があり、使いこなしたらかなり面白いであろうという感触がありました。久しぶりのワクワクドキドキ感。

パッケージはとても小さく、これで全部入っているの?何て思いますが、本体、イヤホン等がコンパクトに収められています。本体を取り出しますとこれがかなり薄っぺらで格好がいいです。サイズは、高さ: 110 mm×幅: 61.8 mm×奥行き: 8 mmで、重量は120 g。3.5インチ (対角) ワイドスクリーン マルチタッチディスプレイをおおきく見やすそうです。

しかし、取扱説明書らしきモノがありません。???専用のUSBケーブルをパソコンに繋いで充電がスタート。電源を入れてみたものの、何も始まる気配がありません。???

よくよく読むとクイックリファレンスに、iTunesをダウンロードしないといけないとありました。なーんだ。ということで、ダウンロード、インストールをすると、iPod touch本体も使えるようになりました。iTunesをインストールすると、パソコンのHDD内にある音楽データを自動的に変換してくれます。

とりあえず、音楽プレーヤーとして使うために同期を開始。パソコン内にはあまりデータが無かったので、あっと言う間に終了。同梱のイヤホンを差し込み、再生すると音楽が聞こえてきます。とりあえず基本的に何をするかが分かりました。

iPod初心者なので、ほとんど情報がありませんから、ネットで色々と調べたり、基本を学ぶために書籍を購入しようかとも思っています。さて次は何をしようか。

2008/01/21

「4400 未知からの生還者4」鑑賞

WOWOWで放送されている「4400 未知からの生還者4」を、先日、まとめて観ました。今回は第1話「神になった少年」~第2話「心の扉」。

過去60年間に失踪した4400人<フォーティーフォーハンドレッド>が突然生還した。失踪したときのままの姿形で・・・。そして、現れ始める特殊能力。能力は人ぞれぞれで、予知能力やら治癒能力やら。何のためにその能力は備わっているのか、なぜ戻ってきたのか?そして、連れ去った人々の正体は?!(シーズン1)

生還者たちは差別を受け、居場所が無くなっていきます。特殊能力の発現のタイミングはまちまちで、突然、目覚め戸惑う人々、上手く立ち回れずに、さらに孤立していきます。連れ去られてから何十年間も経っている人もいるわけですから、浦島太郎状態です。特殊能力を悪用する者も現れる始末。生還者たちの指導者として君臨するコリアーの暗殺。生還者たちの集団発症。その背後に蠢く政府の陰謀とは。(シーズン2)

死んだと思われていたコリアーが生きていた。そして、急激に成長したイザベル。イザベルは驚異的能力を発揮し、周りの人間を傷つけていく。イザベルの真の目的はいったい何なのか?プロマイシン血清を打ち人々に能力を広めようとするコリアー。それは通常の人間にもほぼ2分の1の確率で超能力をもたらし、残りを死に至らしめるものだった。“新世界の始まり”を実現しようとするが・・・(シーズン3)。

そして、シーズン4が始まります。プロマイシンを摂取して亡くなった者は6,000人に到達した。NTACは新主任ミーガンの指揮のもと、違法であるプロマイシンの注射を打つ者や配布する者を捕らえ始める。一方、トムは行方不明になったアラーナが、再び未来に連れ去られたと考え、刑務所に収監されたイザベルにアラーナの消息を知らないか尋ねるが、意外な答が・・・。

NTACを離れたダイアナが、トムを訪ねて帰国した。失踪した妹エイプリルを捜すため、NTACに一時的に復帰すると言うのだ。新しい上司のミーガンは、ダイアナの意図を知りながら、彼女の復帰を認める。一方、街では、強度の恐怖症の発作で入院する者が続出。事の異常さを察知したトムは、それが4400の特殊能力の影響だと推理する。

広まり始めたプロマイシンの血清。投与した人々は次第に能力を発揮し始めます。「X-ファイル」的な異常な事件が次々と発生し、そこに行方不明のアラーナ、エイプリルの失踪、イザベルの動向、ショーンの復活、カイルの覚醒と物語は複雑に絡み合いながら展開していきます。

いよいよシーズン4全13話の放送が始まりました。シーズン4でフィナーレを迎える本作。どんな結末が待っているのか?人類に未来はあるのか?この先どんな展開が待っているのか楽しみです。

前シリーズを見逃した方はDVDでもチェックできます。絶賛発売中!

4400 フォーティ・フォー・ハンドレッドーシーズン3 コンプリートボックス

4400 フォーティ・フォー・ハンドレッドーシーズン2 コンプリートボックス

4400 フォーティ・フォー・ハンドレッドーシーズン1 コンプリートボックス

2008/01/20

「スウィーニー・トッド」鑑賞

先日、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました。ティム・バートン監督作品(「ビッグ・フィッシュ」「チャーリーとチョコレート工場」)。出演:ジョニー・デップ(「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ネバーランド」)、ヘレナ・ボナム=カーター(「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」)、アラン・リックマン(「パフューム」)、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、エドワード・サンダース他。 第65回ゴールデングローブ賞作品賞受賞(ミュージカル・コメディ部門)。

無実の罪で投獄されていたベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、脱獄しロンドンに帰ってきた。判事ターピン(アラン・リックマン)に復讐するためだ。スウィーニー・トッドと名前を変えたバーカー。パイ店を営む大家・ミセス・ネリー・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)に、彼の妻がターピン判事に辱められたあと、毒をあおったと話して聞かせる。

理髪店を再開したトッドは、昔の彼を知る人物を殺害。ミセス・ラベットのパイ店は経営難を脱する解決策としてその死体を処分することを思い付くが・・・。

歌をうたうジョニー・デップは初めて見たような気がしますが、その歌声は台詞のような、つぶやくような、メロディがあるような無いような、微妙な感じですが、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した実力はさすが。

トッドが繰り返す殺害シーンはかなりの残酷さなので、注意が必要です。歌いながら(ミュージカルなので当然ですが)、次々と理髪店に来た客を殺害していきます。その残酷さには思わず目を覆いたくなります。

「シザー・ハンズ」を思わせるようなオープニングは不気味です。これから、いったい何が起こるのか?期待半分、恐怖感半分。全体に暗めのトーンでロンドンの街並みを描いていますが、これがまた不気味さを増幅しているようです。反面、妄想の中で描かれる未来像は明るい色づかいなのですが、それでも暗めで虚しさがわき上がります。

復讐のために生きてきたトッド。生き別れの娘ジョアナ(ジェイン・ウィスナー)を救うことが出来るのか?復讐で我を忘れたトッドに待っている結末とは・・・。過去にしがみついて生きいてはいけない、今を生きることが大切だと。しかし、悲劇はやってくる。おぞましい人間の業を描いた作品。人間とはなぜ、こんなにも愚かなのか。

2008/01/19

マイフォト更新 四季の彩り

ここ数日間、雪に見舞われた新潟県地方。新潟市内はあまり雪は積もらないのですが、いざ積もるともの凄く弱いのです。消雪パイプ等のある道路はほとんどありませんから、気温が低くなり雪が積もった場合は、交通機関はパニック状態です。そんなこんなで、通勤だけで疲れてしまうような数日間を過ごしました。年に何日も無いとは言え、ちょっと疲れました。それでも、四季があるから日本らしいのかもしれません。

というわけで、すごく久しぶりにマイフォトを更新しました。「四季の彩り」。昨夏以降の写真です。それも花の写真が中心です。暑かった夏。秋になっても暑さは残り、長く感じた秋が過ぎると、あっと言う間に冬がやってきました。地球温暖化が確実に忍び寄っているのでしょうか。

暖冬とは言え、雪は降ります。温暖化が進むと降雪量が増えるとか言う話しも聞きます。大雨になることも。

寒い季節ですから、花の写真でも見て、心をほっこりさせるのも良いかもしれませんね。これからも随時更新していく予定です。

撮影はソニーサイバーショットDSC-T100です。なお、マイフォトの写真は360×480に加工してあります。

Sony Style(ソニースタイル)

2008/01/18

SONY ハイビジョンハンディカム発表!

iconicon

先日、ソニーから新しいハイビジョンハンディカムが発表になりました。『HDR-SR12』『HDR-SR11』『HDR-UX20』の3機種です。中でも注目は、HDD記録の『HDR-SR12』『HDR-SR11』。

ハードディスク・ハイビジョン・ハンディカムHDR-SR12/HDR-SR11 icon は、従来モデルの「HDR-SR7/SR8」では1,440×1,080ドットまでの録画にしか対応していませんでしたが、新モデルでは1,920×1,080ドットのフルHD録画に対応。さらにきめ細やかで、高精細な映像になることでしょう。

『HDR-SR12』は120GB、『HDR-SR11』は60GB、のHDDを内蔵していて、「SR12」はブラック、「SR11」はシルバーと本体カラーの違いはありますが、HDD容量以外の主な仕様は同じになっています。

「SR12」では、ハイビジョン画質のLPモード(5Mbps)で最長約48時間も記録できますので(「SR11」は約22時間50分)、60分テープにすると、約48本分になりますから、テープ交換を気にせずに撮影が可能です。1920記録のFHモード(16Mbps)なら、14時間40分記録が可能(「SR11」は約7時間10分)。

撮り貯めた映像は、USBケーブルで、ワンタッチダビングボタンのあるブルーレイディスクレコーダー BDZ-L70にカンタン接続。編集したあとは、ブルーレイディスクにハイビジョンのまま保存が出来ます。icon

ソニースタイル販売価格は、3年間保証サービスがついて、

『HDR-SR12』(120GB)168,000円
『HDR-SR11』( 60GB)148,000円

となっています。

ますます便利な機能がついて使いやすくなったソニーの新ハイビジョンハンディカム。2008年2月発売予定です。

2008/01/17

久しぶりの雪

Dsc01904 2日続けての雪に見舞われている新潟県地方。新潟市内も積雪があります。まとまった雪になったのは今シーズン初めて。昨日からの雪が解けないうちに、そこに朝方の雪が積もり、最低気温は氷点下でしたから、新潟市内は大渋滞です。

昨日も朝から積雪があり、普段より10分早くプリウスくんで家を出ましたが、会社に着いたのは始業ギリギリでした。なので、今日はもう5分ほど早く家を出ましたが、路面には雪はないのですが、新潟バイパスの混雑は昨日よりひどいようだったので、とても間に合いそうもありません。

そこで、紫竹山I.C.から新潟バイパスを新津バイパス方面へ行き、新潟亀田I.C.から高速道路に乗りました。高速道路はさすがに除雪されているだろうと思いましたが、ほとんど除雪はされておらず、50km規制。それでも、バイパスの渋滞の列に比べれば断然早いですから、スイスイと行きました。

雪が無くても混雑する泰平橋を横に見ながら、阿賀野川を渡り、豊栄PAのETC専用降り口から、一般道へ。会社はもうすぐそこです。ところが一般道は渋滞。ノロノロと進みます。が、始業5分前には会社に到着しました。料金は200円。料金所にして1個半の距離ですし、通勤割引時間帯ですから、安いモノでした。

1シーズンに数回、こんな日がありますので、何とか遅刻しないようにとは思ってはいますが、交通事情は分かりませんから、遅刻しそうになることもあります。遅刻しないことも大切なことですが、なにより事故のないように、これからも安全運転で行くことにします。

2008/01/16

「シルク」試写会へ

先日、「シルク」の試写会へ行ってきました。フランソワ・ジラール監督作品。音楽:坂本龍一、出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ(「ジャケット」「パイレーツ・オブ・カリビアン」)、役所広司(「SAYURI」「バベル」)、アルフレッド・モリーナ(「ダ・ヴィンチ・コード」)、中谷美紀、國村隼、芦名星、本郷奏多他。

19世紀フランス。青年・エルヴェ(マイケル・ピット)は、製糸業を営むバルダビュー(アルフレッド・モリーナ)から、国内で流行した病気にやられた蚕卵を入手するため、アフリカ行きを依頼される。持ち帰った卵もまた病気にやられていた。そして、またしても新婚のエルヴェに再び買い付けの依頼がきた。しかも、行く先は世界の果て日本だった・・・。

ヨーロッパから、江戸時代末期の日本への旅は、果てしもない旅でした。何ヶ月もかけ日本にたどり着いても、鎖国中の日本への密入国ですから、お金も掛かるし、時間も掛かります。何よりも危険が伴います。それでも、辿り着いた山奥の村。道中も含めて日本の原風景と言える映像は美しいです。ヨーロッパの明るい映像と対照的に描かれた厳しい日本の冬。厳かではありますが、そんな中にも美しさがあります。

美しい風景に色を添えるのは坂本龍一の音楽。ピアノと弦楽器を中心とした美しい音楽は、日本が登場する国際的な作品には欠かせない存在になっています。

日本に渡った青年・エルヴェ。美しい妻・エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)をめとり、仕事も順調だったのですが、日本で美しい女性(芦名星)と出会います。言葉も通じない。文化も違う。そんな異国の地で出会った女性。見つめ合うふたり。意味深な態度の女性。そこに愛があるのかどうかは分かりません。しかし、もう一度会いたいと、エルヴェは思います。しかし、三度目の日本は、幕末。最も危険な旅になるのですが・・・。

愛を育んでいく青年。遠く離れた母国で、その青年を支える妻。そこには、深い愛があったのです。人を愛すること。愛のカタチ。強くたくましい愛。真実の愛に気づいたとき、感動がわき上がってきます。美しい映像と共に、感動的な愛情を描く本作。ぜひ、ご覧ください。

2008年1月19日全国ロードショー。

2008/01/15

「AVP2 エイリアンズ VS. プレデター」鑑賞

先日、「AVP2 エイリアンズVSプレデター」を観てきました。ザ・ブラザーズ・ストラウス(コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス) 監督作品。出演:スティーヴン・パスカル、レイコ・エイルスワース、ジョン・オーティス、ジョニー・ルイス、アリエル・ゲイド他。

前作のラストで、プレデターの体内から飛び出たチェストバスター=ニュー・エイリアンは、宇宙船内で“プレデリアン”へと成長した。プレデターを次々と殺戮していき、コントロールを失った宇宙船は地上へ墜落した。“プレデリアン”をはじめ、船内に残っていたエイリアンの幼虫・フェイス・ハガーは森へと放たれた。静かな町は、恐怖に満たされていく。そして、宇宙船の異変に気づいた、母星のプレデター一体が地球へと乗りこんでくる。増殖するエイリアン、地球上で繰り広げられる死闘。その、結末は・・・?!

前作では南極の氷の下に存在したピラミッドでの死闘でしたが、本作の舞台はアメリカの田舎町。いよいよ、実社会へとエイリアンがはびこっていきます。恐ろしいのはエイリアンの生命力。生きることにどん欲なエイリアンは、次々と人々を襲っていきます。クィーン・エイリアンを失ったはずのエイリアンでしたが、進化したプレデリアンは、卵を産み付けることが出来ます。それにより、数はドンドン増していきます。

舞台を現代社会にしたことにより、病院、学校、街角とリアルな場面を展開していきます。SF作品というよりは、ホラー作品のような要素もあり、恐怖感は増していきます。残酷な描写が多いため、鑑賞には注意が必要です。

このままでは、人類の滅亡の危機にもなりかねません。しかし、その時とった、アメリカ政府の意志決定は・・・。

エイリアンVSプレデターVS人類。最も弱い生命体・人類。滅亡していくしかないのでしょうか?どんなに弱い生命体でも、生きる権利はあるし、生き抜くための知恵もあるはず。あきらめずに、希望をたぐり寄せる事ができれば、未来は見えてくる?!大迫力で贈るアクション活劇作品。

2008/01/14

決定!2007年私的映画大賞

悩みに悩んだ末、2007年私的映画大賞は以下の4作品(鑑賞順)に決定しました。

ホリデイ
バベル
幸せのレシピ
ブレイブ ワン

「ホリデイ」は、恋人たちの思わず笑ってしまうような、笑みがこぼれてしまうようなユーモラスなシーンが満載で恋愛映画としても十分楽しめますが、何よりも人と人との関わり合いの中から生まれる優しさ、暖かみ、信頼等々、ヒューマンドラマとして感動できました。信じるのではなく、疑わない。そんな人間関係を築けるのではないかと。人間って良いなと思える作品でした。心のリフレッシュに良い作品です。

「バベル」は、現代の社会の歪み、言葉の通じない世界、気持ちの通じない世界を描きます。映画で世界を良くすることは出来ないかもしれないけれど、世界がひとつになるための努力はできるはず。その一歩になれば素敵なことなんじゃないかと思えます。

境界はどこにあるのか?言葉や宗教や文化の違いではなく、自分自身の中にある心の壁なのかもしれません。争いのない平和な世界は築く事は出来るのか。人間はひとりひとり、孤独に生きている。でも、どこかで誰かと繋がっていると思えるから生きていけるのかもしれない、様々な想いに浸れる作品になっています。

「幸せのレシピ」は、喪失感の中から立ち上がろうとする二人の姿を通し、新しい自分を見つける事の大切さ、心温まる交流を描く感動作になっています。本当の幸せを築きたいと思ったら、自らが動かないと何も変わらない。それは自分を曲げるのではなく、新たな自分を発見すること。毎日の生活に疲れた時に、ホッとしたい時に見るのには良い作品です。

今回、私的映画大賞にノミネートされた作品には、第79回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた天才子役、アビゲイル・ブレスリン出演作品(他に「リトル・ミス・サンシャイン」)が2本ありましたが、今後が楽しみな女優です。本作でも、憂いのある瞳や、キラキラとした輝くような瞳で弾けるような笑顔が観られます。

「ブレイブワン」は、善と悪の境目が分かりにくくなっている現代社会の歪みを描いた作品。殺人犯を撃ち殺すのは殺人者なのか、正義の味方なのか。曖昧な正義、倫理観、道徳観を描きます。それは勇気と言えるのか。人間には決して越えてはならない境界線がある。越えれば、もう後には戻れない。強烈なメッセージのある作品でした。

映像としても、面白いアングルが多くあり、見応えがありました。精神的に不安定な状況を表現するために水平を崩す映像や、路地を迷路のごとく走る主人公を追う俯瞰の映像が特に印象的でした。

順番は付けていませんので、すべてが大賞と言うことになります。あくまで私的な感想、私的な選考、私的な決定です。映画は人それぞれの見方があって良いと思います。当然、その人の今までの経験や人生、趣味嗜好が、映画鑑賞に対して色濃く反映されるモノであると思っています。

なので、こういう映画が好き、こういう作品に感動した等々、様々な意見があって良い訳ですし、感情移入しやすい作品、しにくい作品もあります(もちろん、映画としての最低レベルの技術的な問題もありますが)。

何はともあれ、映画は良いモノです。自分では考えつかないこと、経験できないようなことを、劇場にいながら、家にいながらにして、疑似体験できる。そして感動できる。これからもたくさんの映画を観て、何度も観たくなるような素敵な作品に出会える事を期待しています。

2008/01/13

バッテリがピンチです!

私の愛機・VAIO Type T VGN-TX92Sがピンチです。バッテリがピンチです。

購入して、約1年半。持ち歩き、毎日、使い続けて約1年半。購入した当初のバッテリメータの6時間という表示もあながちウソではなく、5時間は平気で使えていました。ところが、最近では、なんと約30分。これではモバイルパソコンなどとは到底言えず、家の中でもAC電源を持っての移動となってしまっています。

先日、実験として、バッテリの持続時間を計ってみました。100%充電した状態で、AC電源を抜きます。普通に使い続けます。表示は5時間。10分後には、84%、4時間13分。20分後には56%、2時間33分。30分後には12%、0時間37分となり、31分後には「バッテリ残量低下のメッセージ」が表示されました。

「VAIO省電力設定」を使って、若干の節電は出来るでしょうが、購入当初5時間も使えたので、バッテリ駆動の場合も、節電する設定にはしていません。

どうしてなのでしょう?リチウムイオンバッテリはメモリー効果が少なく、継ぎ足し充電を行っても劣化が少ないはずでした。なのに、1年半の使用で5時間が30分まで落ちるというのでは、話しになりません。

そこで、バッテリを買い換えることを検討中。ソニー リチャージャブルバッテリーパック(S) VGP-BPS5Aが27,300円。最初に価格を確認したときには、うっ!と思いました。今までロングバッテリは購入したことがありましたが、標準バッテリを買い換えたことはありませんでした。こりゃあ高価な買い物です。

とは言え、バッテリでの使用もたびたびありますから、30分しか使えないというのは困ります。再インストールすれば直るというのなら、やってみようとも思いますが、おそらくは物理的な問題でしょうから、買い換えるか、我慢するか、どちらかなんでしょうねえ。

ソニー リチャージャブルバッテリーパック(S) VGP-BPS5A

Sony Style(ソニースタイル)

2008/01/12

「マリア」鑑賞

先日、「マリア」を観てきました。キャサリン・ハードウィック監督作品(「ロード・オブ・ドッグタウン」「バニラ・スカイ」)。出演:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ(「クジラの島の少女」「スターウォーズエピソード3シスの復讐」)、オスカー・アイザック、ショーレ・アグダシュール、キアラン・ハインズ、ヒアム・アッバス他。

ヘロデ大王の税金取り立てに苦しむ村ナザレに住むマリア。ある日天使がマリアの前に現れ、「神の子を身籠もる」と告げた。ヨセフと婚約中に身籠もったマリアは村人から蔑まれていく。最初は信じなかったヨセフの前にも天使が現れ、ヨセフも信じるようになる。

一方、“救い主”誕生の預言に怯えるヘロデ王の命により街の人口調査が始まり、マリアはヨセフの故郷ベツレヘムへ、二人で旅をすることを決心する。だが、それは、“救い主”になる可能性のある者は抹殺するためのヘロデ王の命令だった。

2000年以上前の中東の様子を描きます。CGで描かれた遠景は、少し物足りないですが、再現された街並みは見事です。見聞きしたイエス誕生の物語のイメージとは少し違う印象を受けました。貧富の差は大きく、税金に苦しむ民。王は優雅な暮らし。そんな時代の旅は命がけ。三人の賢者も長旅をしますが、こちらは少々ユーモラスに描かれています。

ケイシャ・キャッスル=ヒューズ演じるマリアは最初は少女の顔。幾多の苦難を乗り越え、女性として成長していき、最後には穏やかな母の表情になっていきます。クライマックスのイエス誕生のシーンはまさに荘厳。美しい映像になっています。

誰にでもギフトは贈られる。すべての人を救うために誕生したイエスは、すべての人々のモノ。イエス誕生までを感動的に描く本作。信仰心の少ない私でも、感動的だったのですから、キリスト教徒にとってみれば、相当な感動を呼ぶのではないでしょうか。信じることは素晴らしく、そして尊い。そんな思いにかられる作品です。

2008/01/11

テンプレート変更

年末年始休暇が終わってようやく仕事も順調に進むようになってきましたが、明日からは三連休。またまたのんびりのお休みになります。とは言え、この連休以降は雪の予報が出ていて、かなり冷え込む様子。来週は最低気温が氷点下になるような予報も出ていますから、普段よりも早起きになることでしょう。

と言うことで、久しぶりにデザインテンプレートを変更しました。「ビジネス」と言う名前です。ビル街から朝日が昇って行くというデザインです。

この時期、日本海側では、どんよりとした曇り空の日が続き、太平洋側は快晴の青空が見える日が多くなります。上越新幹線に乗って東京方面に出掛けるときには、新潟駅を出発すると、どんよりした空が次第に黒さを増し、車窓から見える雪は次第に増えていきます。越後湯沢駅周辺でそれはピークに達し、辺り一面銀世界。が、長いトンネルを抜けると、まぶしいばかりの朝日と青空が広がっていたりして、川端康成の「雪国」の逆のパターンを実感する事が多いです。

てな感じで、まぶしい日差しが恋しい今日のこの頃ですが、温暖化の影響か、今冬はまだ、それほど寒い日はありません。来週になれば寒い寒いと毎日言っているかもしれませんが、仕事に遊びに趣味に、楽しんでまいりましょう。

2008/01/10

プリウスくんが行く!Vol.52

朝から降り出した雪。ゆっくりと舞い降りる小さな雪が、辺りを白くしていきます。天気予報で久しぶりに雪マークが付いたと思ったら、予報通り雪がちらつき始めた新潟市内です。

ここ最近、プリウスくんに乗っていて、電源スイッチをオフにした後に、「ピー!」という警告音が短く1回だけ鳴ることがありました。スマートキーを車外に持ち出さずにロックしようとしたり、半ドアでロックしようとしたりすると警告音が鳴ることはあるのですが、電源スイッチをオフにした瞬間に鳴るので、最初はビックリしました。

鳴るときと鳴らないときがあるので、さらにビックリしました。「これはどういうことだ?」どこか壊れたという感じではありません。でも、なんだか気持ちが悪い状態です。

困ったときは取扱説明書を見るに限ります。さっそく見てみますと書いてありました。電源をオンにして20分以上経過し、その後電源をオフにしたとき、すまーのバッテリー電圧が低下していると判断したとき「スマートキーバッテリー低下警報」が鳴るんだとか。正しくこれでした。

通勤時は20分以上電源オンの状態ですから、警告音が鳴りますが、日中、仕事で乗っているときは20分以内に電源をオフにすることもありますから、その時は鳴らなかったのでしょう。

それならということで、スペアキーを使って運転してみましたら、今度は警告音は鳴りませんでした。説明書には使用頻度にもよりますが電池寿命は1~3年程度とありますから、当然といえば当然です。1回目の車検を過ぎて、7ヶ月。電池の寿命が近づいているのでしょう。

電池交換も精密ドライバーがあればカンタンにできるようですから、今度交換しようと思います。

警告音は、ありがたくもありますが、知識がない状態で、なんだか分からない場合は、ちょっと焦ります。今回のことによって、警告音のページは一通り目を通しましたから、次からはビックリしないことでしょう。

何はともあれ、大きな故障じゃなくて良かったです。

2008/01/09

「銀色のシーズン」試写会へ

先日、「銀色のシーズン」の試写会へ行ってきました。羽住英一郎監督作品(「海猿」シリーズ、「逆境ナイン」)。 出演:瑛太(「アヒルと鴨のコインロッカー」)、田中麗奈(「容疑者室井慎次」)、玉山鉄二(「手紙」)、青木崇高、佐藤江梨子、田中要次、杉本哲太、國村隼他。

最初に、羽住英一郎監督の舞台挨拶がありました。本作の舞台裏、出演者たちについて等を語ってくれました。理路整然と話していて、頭の良さそうな喋りをする方でした。

モーグルの町、桃山町。ゲレンデの厄介者3人組、リーダー格の銀(瑛太5)、祐治(玉山鉄二)、次郎(青木崇高)。ゲレンデの客を相手にぼったくり商売をしたり、当たり屋をしたりとやりたい放題。そんなある日、3日後に雪の教会で挙式を挙げるため、一人の女性・七海(田中麗奈)が桃山町を訪れる。雪を見るのも初めての七海は、ゲレンデでも転んでばかり。雪山で一儲けを狙う銀は、彼女を見かけスキーのコーチを買って出るが・・・。

冒頭の雪山のシーンは実に美しいです。三人は山頂に立ち、青空に映える白い雪山を見上げる。ストックを交わす。そして、軽快な音楽と共に滑り出します。そのスピード感・爽快感たるや、胸が躍ります。急勾配を雪けむりを上げながら颯爽と滑り降ります。

三人は山小屋で暮らしながら、雪山の何でも屋として生計を立てていますが、思うように収入がありません。そこで、あれやこれやと策を講じますが、それでも上手くいきません。

そんな時、”カモ”が現れます。スキーをしたことがない七海。雪と氷で作られた教会で3日後に挙式をするのですが、最後に新郎新婦で緩やかなスロープを滑る。そんな段取りなんだと知り、スキーの練習をしますが、どうにもなりません。そこで、銀は指導をかってでます。もちろん有料。

しかし、七海には悲しい秘密があったのです。そして、銀にも。銀は将来を有望視されていたモーグル選手でしたが、町の期待を一身に背負い、大会で大けが。そのまま引退していたのでした。そんな銀を町の人々は腫れ物に触るように扱っていたのでした。

皆、過去を背負って生きている。その悲しみを抱き続けていても何も変わらない。前を見て、自らの力で進むことが大切なんだと。新たな一歩を踏み出すことが、大切なんだと。そして、やり通すことがもっと大切なんだと教えてくれる作品です。

主題歌はコブクロのNEWアルバム「5296」に収録されている「WHITE DAYS」。エンディングの感動に色を添えてくれます。まるで、本作のために書き下ろしたような楽曲ですが、偶然なんだとか。本作を見終わって、プリウスくんの中で聴きながら帰りましたが、本当に作品の内容と合っているなあとつくづく思いました。

雪山を舞台に贈る、愛と勇気と感動のエンターテインメント作品。2008年1月12日ロードショー。

目線はもっと遠くに。

2008/01/08

楽天ブックス発注システム変わる!

楽天ブックスの発注システム変わって、おかしなことになっています。

私は雑誌以外の書籍、DVD、CDのほとんどを楽天ブックスで発注しています。その楽天ブックスで、2007年12月から発注システムが変更になったらしいのです。その辺りの告知がされていなかったか、気づかなかったので、まったく分かりませんでした。

ネットショッピングの場合、だいたいがクレジットカードで決済するわけですが、ここがおおきく変わったのです。カード会社(楽天カード)のサイトから、確定前の利用明細を確認しましたら、予定にない明細があったのです。

私はマイツールで個人の資金繰りをやっていますが、そこには利用日、決済日、カード会社、利用先等の詳細を入力しています。そこに無いデータが、次月分の明細にあったのです。

そこで、楽天ブックスに問い合わせしてみました。「この明細は何なのか?なぜ、こうなったのか?事前にこうなることを通知してあったのであれば、そのメール等の発信日時をお知らせいただきたい(問い合わせ日:2007年12月25日)」と。

返答はこうでした。「弊社におきましては、2007年12月9日より決済システムが変更されました。それにより、12月9日以降に出荷となりました商品につきましては、ご注文番号単位ではなく、出荷された商品ごとに請求となっておりますが、上記商品につきましては、決済システム変更前に出荷となりました為、現在未決済の商品のみを決済システム変更に伴い、ご請求をさせていただく形となりました。(回答日:2008年1月2日)」

今までは、注文番号単位での決済でした。既発売分、予約分を併せて発注した場合、最終の予約分が納品された後に決済、カード会社へ通知というカタチでした。

ところが、2007年12月の決済システムの変更に伴い出荷伝票単位での決済になったということなのです。

で、まだ、完納されていない注文番号の中で、12月以前に出荷されている分をすべて請求したということなのです。

こちらとしては、決済システム変更前に発注していますから、その契約は成立したと言うことで、決済は従来のやり方でするべきだとは思います。なにより、このことが、サイトのどこを探しても見つからない、ヘルプを見ても載っていないということが問題だと思うのです。すべての人にメールで通知するのも大変でしょうから、サイト上でお知らせするのが筋なのではないでしょうか?

マイツールでの資金繰りデータを変更するのは、良い手間をかけさせてもらいました。まあ、すでに出荷され手元にあるわけですから、支払をしないという訳にもいかないのでしょうが、告知なし、問い合わせの返答に時間が掛かる、電話は繋がらないでは、サービスとしては、かなりの問題を含んでいるように思えます。

2008/01/07

今日は仕事始め

今日は仕事始め。9日間の長めのお休みが終わり、今日2008年1月7日から出勤です。休暇中は仕事のことも忘れ、のんびりと過ごしました。

懸念されていたお天気もそれほど悪くありませんでした。新潟市内では、大晦日にわずかな積雪があったモノの、あとは雪はちらつく程度でした。キモチノイイ青空の日もあったりして、穏やかな年末年始になりました。

月初が7日間ほどずれたことになるので、それなりに仕事が詰まっています。マイツールのスケジュールデータを確認しながら、今日の仕事の優先順位を漠然と決めていきます。1月は何かと忙しいのに出勤日が少ないと来ていますから、必然的にバタバタします。

9日間もお休みするとどうにも気分が乗ってきません。とは言え、仕事の量は変わりませんから、徐々にペースを上げていくしかありません。とにかく、今年も楽しく仕事をしていくとしましょう。

まだ、今年は映画館へ行ってないので、映画鑑賞の予定もボチボチ立てていきます。今年も映画館で100本観るぞー!!

2008/01/06

PLAYSTATION Storeでダウンロード

先日、PLAYSTATION Storeでゲームをダウンロードしてみました。PLAYSTATION Storeは、パソコン上で「PSP プレイステーション・ポータブル」のゲーム等をダウンロードして楽しめるサービスです。

これを利用するには準備が必要です。まずは、PC上で、PLAYSTATION Networkアカウントを作成します。この際、クレジットカードも登録します。次は、PSP本体のシステムアップデート。最新版の必要があります。私の場合、最近サボり気味だったので、かなりのバージョンアップでした。バージョンアップはPC経由、「ネットワーク」「PC」「UMD」等の方法があります。

USBケーブルも必要です。Mini-Bタイプ(5pin)の端子に対応したUSBケーブルを準備します。600円程度で購入できます。メモリースティック PRO デュオも大きめの容量が必要です。ダウンロードしたゲームをメモリースティックに保存してゲームを起動するわけですので、それなりの容量が必要です。私は1GBを準備しました。

PC上でダウンロードするために必要なのは、PLAYSTATION Network Downloader。プログラムをダウンロードしてPCにインストールします。以上は「はじめての方はこちら」に詳しく載っていますのでご覧ください。

ここまで出来たら準備OK。さっそくダウンロード。1本600円程度ですからお手頃です。中には新作のゲームもありますが、ゲームアーカイブにはちょっと懐かしいPSのゲームが登録されています。まずは試験的に「XI[sai]体験版」を無料でダウンロードしてみると良いでしょう。

私は「A5 A列車で行こう5」をダウンロード(600円)。初代PSの時から「A列車シリーズ」が大好きで、このゲームをやるためにPSを買ったと言っても過言ではありません。画面が小さいので、見にくいような感じもしますが、それも慣れの問題でしょうから、プレイするのが楽しみです。

これからも、ちょっと懐かしいけど、個性的なゲームを楽しみたいと思っています。

2008/01/05

PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その56

あいかわらず、PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」をやっていまして、メカニック図鑑をコンプリートすることを目的に日々努力を重ねています。

今回は、第1部「ギレンの野望編」からジオン軍でプレイしました。レベルも最高のVERY HARDでやっています。とは言え、第1部に関しては慣れたモノで、特に苦戦することもなく無事完全勝利で終わりました。

第2部「ジオンの系譜編」の侵攻の度合いは遅めでした。開発投資を十分にしながら、次々とエゥーゴ、ティターンズ、アクシズを撃破。140ターンほどで勝利となりました。

途中、アクシズを残してすべて制圧しましたので、兵器の開発レベルを上げようと思い宇宙9のエリアを空っぽにして、アクシズのエリアになったら、侵攻するということを繰り返していました。これにより、生産が滞ることはありませんでしたし、開発レベルを上げることができました。

今回は、ギャン アナベル・ガトー専用機、高機動型ギャン ジョニー・ライデン専用機、黒い三連星専用機を新たに追加しました。

開発レベルを上げて、なんとかザビ家専用ビグ・ザムの開発しようと思ったのですが、提案されることなく、今回もダメでした。もしかして、ガルマが生き残っていないとダメなの?と思って「機動戦士ガンダムギレンの野望ジオンの系譜コンプリートガイドA.D.2005 」を読んでみましたら、ちゃんと書いてありました。

新生ジオン編で50ターン以降に総資金が100,000以上になると特別イベントが発生して、ザビ家仕様ビグ・ザムの開発が提案されるとか。それは、敷居が高い!

次回のプレイでは、これに挑戦してみるのも悪くありません。

2008/01/04

「うつせみ」私的映画考Vol.117

先日、DVDで「うつせみ 」を観ました。キム・ギドク監督作品(「サマリア」「」「絶対の愛」)。出演:イ・スンヨン、ジェヒ、クォン・ヒョゴ、チュ・ジンモ他。

寡黙な青年テソク(ジェヒ)は、バイクを走らせながら家々を歩きチラシを貼って歩いていた。留守宅を探しているのだ。人気のない家に侵入し、留守電をチェック、そして歯を磨き、シャワーを浴び、冷蔵庫にあるもので料理をし、テレビを見て寛ぐ。その代わりなのか、掃除、洗濯をし、記念撮影をし、何も盗らずに家を後にする。

ある日テソクは、とある豪邸に忍び込む。留守と思っていたその家には、独占欲の強い夫に暴力を受けた孤独な人妻ソナ(イ・スンヨン)が息をひそめていた。抜け殻のように生きるソナ。そして、ふたりの秘密の旅が始まった。言葉を交わすことなく孤独な魂がそっと寄り添っていく。

ふたりにはほとんど台詞が無く、無言のまま物語は展開します。しかし、キモチが通じ合うふたり。そこには何があるのか?それは愛なのか?観ている方も台詞が無くても、感情が伝わってきますし、展開が分かります。この辺りは見事です。

ときおり、色合いが緑がかったり青がかったりするシーンがあり、不可思議なイメージを受けます。最初はプロジェクターの調子が悪くなったのかと思うほど。このことによって、本作全体が幻のようにも見えますし、悲しみ・孤独感の象徴にも写ります。

美しい人妻・ソナ。説明はないのですが、夫からの暴力を受けていると思われます。独占欲・嫉妬心の強い夫に囲われたかごの鳥同然。ソナを慰め、いたわるテソク。

最初はひとり旅でしたが、ふたり旅になります。テソクとソナ。同じ行動を取るふたり。家々を歩き、食事をし、睡眠を取る。そして、事件が発生。収監されたテソクは、あいかわらず無言。房のなかでテソクは忍者のように奇妙な行動をとりはじめます。看守をあざ笑うかのような行動、不敵な笑み。そこには何があるのか。

そして、旅の最果てにようやく訪れた、愛と喜びに満ちた時間がありました。はかなくもいまだかつてない幸せが、ふたりを包みます。この世は夢か現か、幻か・・・。ひとは誰しも孤独を抱え、ぽっかりした虚空を埋める誰かを待ち続けている。だから、幻のように生きることもできるのかもしれません。

現代社会の中に潜む、孤独感、閉塞感、懐疑心等々、様々な感情、微妙な心理の揺れをリアルに描く本作。リアルだからこそ、寓話的でも、現実の世界と繋がった、誰かの夢のような世界を、見せてくれるのでしょう。

2008/01/03

年末年始片付け中

いったい何冊あるのだろうと思われるコミックの山。いわゆるみかん箱で、10箱はあるのでは?もちろんこれは、手塚治虫漫画全集と石ノ森章太郎萬画大全集をのぞいての話しです。

この年末年始の休暇に、たまりにたまったコミックを整理しようと思い、ようやく重い腰を上げました。

以前、コミックが何冊あるのだろうと、マイツールにデータを入れかけたことがあったのですが、途中で挫折。データは、ほったらかしになっています。数年読んでいない本であれば、もう読まないと思って処分すればいいのでしょうが、整理していると「これは面白かったよなあ」とか「これ処分するの?もったいない」何て思ってしまい、まったく処分する本は増えません。

ウォークインクローゼットの中にしまってあるコミック。2つの書棚に入っているのは全体から言えばわずかな量で、あまり読まない本は、段ボール箱に入っています。一端、クローゼットからコミックやその他のモノが詰まった段ボール箱を運び出しました。すると、床板が微妙にしなっています。かなりの量でしたから、重量も相当のモノ。しなるのも仕方がない状態です。

このままでは、埒があかないので「石ノ森全集その15」にも書きましたが、書棚を追加するしかありません。で、以前のベルメゾン「ダブル棚板コミックラック」かシェルフィットエースラック」にしようかと検討中です。「エースラック」は奥行き、高さ、色、オプションと1cm幅でオーダーできる製品です。他にも、用途は様々。リビングで、書斎で、キッチンで、収納ルームで、使い方自由です。幅が1cm単位ですから、隙間の有効利用にも活用できます。

いずれにしても、このお休みで、コミックの整理をして、処分するモノは、売却するなり捨てるなりしたいと思っています。が、なかなか進まないんですよねえ。片付けている途中で、読んじゃったりしますからね。(^_^;)

2008/01/02

「エイリアス シーズン4」鑑賞終了

エイリアス シーズン4 DVD COMPLETE BOX 」を購入しまして、お待ちかねのシーズン4の鑑賞が終わりました。「LOST」「M:I:Ⅲ」のJ.J.エイブラムス製作総指揮によるノンストップスパイアクションドラマ、第4弾。

今回観たのは、第85話「見果てぬ夢」からシーズン4最終話第88話「謎また謎」まで。

いやー、最高に面白かったです。シーズン最終話に向けての盛り上がり方は、今までのシーズンをはるかに凌駕していました。

偽スローンは以前SD-6時代のプロジェクトによって生み出されていた人物だった。クローンではないが、脳自体が書き換えられているという状態。脳波までもがスローンと同じモノ。スローンの過去の記憶を甦らせ、催眠療法で解除しようとするが・・・。

ナディアの育ての親・ソフィアがリスボンに帰っていった。が、ナディアには、APO襲撃の共犯の容疑が掛かる。なぜ?ソフィアはシドニーとナディアの母・イリーナの姉・エレーナ・デレフコ本人だったのだ。エレーナのランバルディに対する執着はスローン以上。そして、ランバルディの装置を使ったエレーナはロシアに大暴動を起こさせた。装置を止めることはできるのか?!そこには、未曾有の危機が!

そんな中、スローンがとうとう背信。ナディアもエレーナに捕らえられ、そして、ランバルディの予言通り姉妹で命を賭けて対決することになってしまいます。生き残るのはシドニーかナディアか?運命に弄ばれる姉妹の行く末は・・・?

そして、シーズン4は最高潮で終結へ向かいます。ヴォーンはとうとうシドニーにプロポーズします。が、ヴォーンの最後の台詞は衝撃的なモノでした。というところで、シーズン4は終わりです。今までのシーズン最終話のラストでは大どんでん返しが設けられていましたが、今回のどんでん返しは今まででも最大級のモノ。えー!なにー!それで終わりー?続きを観ないわけにはいきません。シーズン5のDVD発売はいつのことか?待ち遠しい限りです。早く続きが観たーい!

2008/01/01

迎春!2008

新年あけましておめでとうございます。

今年も楽しくブログを書いていこうと思っています。映画の話し、プリウスくんの話、旅行の話し、ゲームの話し、仕事の話し、普段思ったあんなことこんなこと等々。今年も劇場での映画鑑賞目指せ100本!も継続していくつもりです。

今年はホームシアターのバージョンアップを目指していますが、どうなりますか。まずは、デジタルハイビジョンカメラ・ソニーハンディカムを購入予定。自分で撮影した映像をハイビジョンのままブルーレイディスクで残す、これに挑戦するつもりです。乞うご期待!

昨年は、いたたまれない事件、事故が多かったように思います。中越沖地震を始め、災害も多くありました。地球温暖化は進み、季節も少しずつずれてきているようにも思います。今年こそ、悪いニュースの少ない、良い一年になりますように。

何はともあれ、今年もよろしくお願いします。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ