« iPod touchデビュー!その2 | トップページ | iPod touchデビュー!その3 »

2008/01/25

「ウォータ・ホース」試写会へ

先日、「ウォータ・ホース」の試写会へ行ってきました。ジェイ・ラッセル監督作品。出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャプリン、デヴィッド・モリッシー、ブライアン・コックス他。

スコットランド。第二次世界大戦時下。少年アンガスは出征した父の帰りを待ちわびていた。ある日、ネス湖のほとりで拾った大きな石を持ち帰る。その石は青く光る卵で、そこから生まれた不思議な生き物にクルーソーと名付け飼い始める。食欲旺盛なクルーソーはみるみるうちに大きくなっていった。しかし、ある日アンガスの家に、軍隊が駐屯してきたのだ。大きくなったクルーソーはネス湖でひっそりと暮らすはずだったが、その生活も戦争に脅かされることになっていくのだが・・・。

世界中の誰もが1度は見たことのある1枚の写真。ネス湖の水面から長い首を突き出して悠然と泳ぐ生き物の写真。あれは作り物だったというもっぱらのお話しですが、その写真の裏側には真実のドラマがあったのです。

伝説の生き物“ウォーター・ホース”。世界に一匹しかいない生き物。父の帰りを待つ少年・アンガス。アンガスは夢と魔法の眠る湖に魅せられていましたが、反面、恐怖も抱いていたのです。そんな孤独な少年アンガスの目の前に現れた孤独な生き物。いつしか、ひとりぼっちの一人と一匹は信頼と友情に結ばれていきます。

最初は物置小屋でクルーソーを飼っていましたが、多くの軍人が敷地内を、家の中を闊歩し、新たな使用人は物置小屋を使うという。人目を避けつつ、クルーソーを匿いますが、長くは続きません。使用人に見つかってしまいます。が、なんとか湖に放すことが出来ました。そして、使用人とも友情のような関係を築いていくのでした。きっと、父親の姿をダブらせていたのかもしれません。快活に笑うアンガス。嬉々としてクルーソーとの関係を話すアンガス。穏やかな時間が流れていきます。

が、しかし、そこに忍び寄る戦争の影。砲術演習で湖に砲弾が撃ち込まれる。逃げ回るクルーソー。世界で唯一の存在であるウォータ・ホースの運命は・・・。

ニセモノ写真が撮られた背景には、ホンモノの感動秘話があった。ふたりの想いは今・・・。ユーモラスなシーン満載で思わず笑ってしまいますが、最後にはホロッとさせてくれる感動作。愛と友情と夢と冒険。忘れかけていたことを思い出させてくれます。

2008年2月1日ロードショー。

« iPod touchデビュー!その2 | トップページ | iPod touchデビュー!その3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/17795640

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォータ・ホース」試写会へ:

« iPod touchデビュー!その2 | トップページ | iPod touchデビュー!その3 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ