« 楽天ブックス発注システム変わる! | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.52 »

2008/01/09

「銀色のシーズン」試写会へ

先日、「銀色のシーズン」の試写会へ行ってきました。羽住英一郎監督作品(「海猿」シリーズ、「逆境ナイン」)。 出演:瑛太(「アヒルと鴨のコインロッカー」)、田中麗奈(「容疑者室井慎次」)、玉山鉄二(「手紙」)、青木崇高、佐藤江梨子、田中要次、杉本哲太、國村隼他。

最初に、羽住英一郎監督の舞台挨拶がありました。本作の舞台裏、出演者たちについて等を語ってくれました。理路整然と話していて、頭の良さそうな喋りをする方でした。

モーグルの町、桃山町。ゲレンデの厄介者3人組、リーダー格の銀(瑛太5)、祐治(玉山鉄二)、次郎(青木崇高)。ゲレンデの客を相手にぼったくり商売をしたり、当たり屋をしたりとやりたい放題。そんなある日、3日後に雪の教会で挙式を挙げるため、一人の女性・七海(田中麗奈)が桃山町を訪れる。雪を見るのも初めての七海は、ゲレンデでも転んでばかり。雪山で一儲けを狙う銀は、彼女を見かけスキーのコーチを買って出るが・・・。

冒頭の雪山のシーンは実に美しいです。三人は山頂に立ち、青空に映える白い雪山を見上げる。ストックを交わす。そして、軽快な音楽と共に滑り出します。そのスピード感・爽快感たるや、胸が躍ります。急勾配を雪けむりを上げながら颯爽と滑り降ります。

三人は山小屋で暮らしながら、雪山の何でも屋として生計を立てていますが、思うように収入がありません。そこで、あれやこれやと策を講じますが、それでも上手くいきません。

そんな時、”カモ”が現れます。スキーをしたことがない七海。雪と氷で作られた教会で3日後に挙式をするのですが、最後に新郎新婦で緩やかなスロープを滑る。そんな段取りなんだと知り、スキーの練習をしますが、どうにもなりません。そこで、銀は指導をかってでます。もちろん有料。

しかし、七海には悲しい秘密があったのです。そして、銀にも。銀は将来を有望視されていたモーグル選手でしたが、町の期待を一身に背負い、大会で大けが。そのまま引退していたのでした。そんな銀を町の人々は腫れ物に触るように扱っていたのでした。

皆、過去を背負って生きている。その悲しみを抱き続けていても何も変わらない。前を見て、自らの力で進むことが大切なんだと。新たな一歩を踏み出すことが、大切なんだと。そして、やり通すことがもっと大切なんだと教えてくれる作品です。

主題歌はコブクロのNEWアルバム「5296」に収録されている「WHITE DAYS」。エンディングの感動に色を添えてくれます。まるで、本作のために書き下ろしたような楽曲ですが、偶然なんだとか。本作を見終わって、プリウスくんの中で聴きながら帰りましたが、本当に作品の内容と合っているなあとつくづく思いました。

雪山を舞台に贈る、愛と勇気と感動のエンターテインメント作品。2008年1月12日ロードショー。

目線はもっと遠くに。

« 楽天ブックス発注システム変わる! | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.52 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/17622541

この記事へのトラックバック一覧です: 「銀色のシーズン」試写会へ:

« 楽天ブックス発注システム変わる! | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.52 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ