« 「once ダブリンの街角で」私的映画考Vol.123 | トップページ | iPod touchデビュー!その8 »

2008/02/20

次世代DVDは その3

昨日2008年2月19日に、東芝から、正式に「HD DVD事業から撤退する」という発表がありました。開発、生産を停止し、3月末をめどに事業を終息するということです。これにより、次世代DVDにおけるHD DVDとBlu-ray Discの規格争いも終結することとなりました。

撤退の大きな理由のひとつとして、ワーナーブラザーズのHD DVDソフトからの撤退、ブルーレイ一本化が上げられました。最近まで、ワーナーブラザーズからは、DVD、HD DVD、ブルーレイディスクの3種類が同時発売されていましたが、撤退により、既発表の作品以降は発売されることはないでしょう。

また、HD DVDのみの発売だった、ユニバーサル、パラマウントからも正式な発表はありませんが、今後はブルーレイディスクで作品が発売されることでしょう。楽しみが増えます。

反面、発売を予定していたHD DVDソフトでも、一部、発売を中止する作品もでてきています。ようやく、ソフトの本数が増え始めたところでの撤退は、HD DVDユーザーにとっては悲しい出来事だったことでしょう。

HD DVDの録画メディアも今すぐ発売を中止すると言うことはないらしいので、しばらくは手にはいるでしょうが、徐々に供給量が減るでしょうし、そうすると価格も上昇と言うことになりかねません。

もう、2,3年は両陣営で争いながら、最終的には両規格の録画・再生機器が発売されるモノと思っていましたが、HD DVD側の撤退により、あっさりと次世代DVD規格はブルーレイディスクに一本化されました。

これで、ユーザーも頭を悩ますことなく、安心して購入できますし、ますます、ブルーレイディスクのプレーヤー、レコーダーの普及に拍車が掛かることでしょう。それに伴って価格も下がっていくことでしょう。今後のますますの発展に期待します。

規格争いになると、技術や性能だけではなく、マーケティングの問題なんですね。どこに金と力を使うか?そこが問題なんでしょうが、ちょっと怖い話しですね。

« 「once ダブリンの街角で」私的映画考Vol.123 | トップページ | iPod touchデビュー!その8 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/40191729

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代DVDは その3:

« 「once ダブリンの街角で」私的映画考Vol.123 | トップページ | iPod touchデビュー!その8 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ