« iPod touchデビュー!その7 | トップページ | 「アース」鑑賞 »

2008/02/15

PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その58

PSP 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威

2008年2月7日に、「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威(公式サイト)」が発売されました。とりあえずPSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」は一時お休みにして、記事のタイトルはそのままですが、まずはゲームスタートです。

シャアとアムロの最終対決までを描く「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」までの宇宙世紀を網羅した本作。ゲームとしての仕様は概ね変更はありません。大きく変わった点がいくつかありましたので、気になった点をあげてみます。

まずは、新たなシステムの導入です。前作では「外交」がありました。他勢力や軍需産業、中立勢力との交易等を行うモノで、一定レベルに達すると見返りに資金や資源の調達ができました。が、新作では「外交」の代わりに、「アライメントシステム」が導入されました。

「アライメントシステム」は、発動した作戦や特別プランによって、パラメータが善悪に変化します。善側に寄れば中立勢力から援助を受けられるし、悪側に寄ると「コロニー落とし」などの残虐な作戦が発動できるようになります。戦争に善も悪もないように思いますし、史実と違う”IF”の流れをゲーム上で創り出せるのかもしれません。現在のプレイではまだ効果は発揮されていませんから、どうなるか今後に期待します。

次に「行動フェイズ」時に敵エリアに「進入」できなくなりました。自軍エリアへの「退却」は今まで通り出来ますが、敵エリアには「進入」できないのです。自軍エリアの拡大には欠かせない「進入」でしたので、これはかなり痛いです。エリアはゲーム上のモノですから、たとえ隣のアリアであろうと地図は繋がっているのですから、移動は自由で良いはずだと思います。

大きな変更箇所をもう1点。従来は、モビルスーツ等が戦艦に搭載されていて、その戦艦が撃沈された場合、戦艦ごと搭載された兵器は破壊されていましたが、新作では、搭載機は破壊されません。戦艦が破壊された瞬間、搭載機が脇に排出され(まさに排出されています)、次のターンでは元の位置に戻っています。えー?!!!最初に目撃したときはビックリしました。そんなアホなー。

補給や修理を受けていてパイロットが搭乗していないのであれば、物理的にはおかしな話しですが、これは、搭載されていると言うよりも、待機状態で、艦上に存在していた。戦艦が攻撃を受けたので、スクランブル発進、脱出した。と言うことで、無理矢理納得しました。(^_^;)

細かな点は数多くリニューアルされていますので、書ききれませんが、見やすく使いやすくなった箇所もあれば、これは必要?という戦闘シーンの早送りなんかもあります。キャラクター数もかなり増え(200人以上)、見たことのない人物が次々に現れます。アニメカットもリニューアルされ400以上も収録されていますし、メカニックも400機種以上も登場するようです。ゲームはまだ始まったばかり。より複雑になったような気もしますが、楽しみも増えるに違いありません。

« iPod touchデビュー!その7 | トップページ | 「アース」鑑賞 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その58:

« iPod touchデビュー!その7 | トップページ | 「アース」鑑賞 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ