« 「いつか眠りにつく前に」私的映画考Vol.126 | トップページ | TSUTAYA DISCASでDVDレンタル »

2008/03/04

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」鑑賞

先日、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を観てきました。クリス・ワイツ監督作品。出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン(「インベージョン」「記憶の棘」)、ダニエル・クレイグ(「007カジノロワイヤル」「ルネッサンス」)、エヴァ・グリーン(「キングダム・オブ・ヘブン」)、サム・エリオット他。

イギリス・オックスフォード。私たちの世界と似ているようで違う世界。それは、平行宇宙=パラレル・ワールド。この世界の人間には皆、一心同体に守護精霊“ダイモン”が付いていた。少女ライラ・ベラクア(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、パンといつも行動を共にしている。そんなライラの周りでは子供たちが次々と行方不明になる事件が勃発していた。ライラは真実を指し示す羅針盤を手に、旅の途中で出会う、様々な仲間たちに助けられながらも、謎へと迫っていく。そして、事態は北極での大戦争に突入するのだった。

見事主役の座を射止めたダコタ・ブルー・リチャーズは、ライラ役を見事に好演。愛らしい表情で笑ったかと思えば、大人の女性のような美しい表情を見せ、そして、ニヒルに微笑んでみせる。将来が楽しみな女優のひとりです。

いくつもの平行宇宙=パラレルワールドが存在していて、見えないけれど繋がっているという。その因子は”ダスト”と呼ばれています。その謎を追うライラ。手には”黄金の羅針盤”。真実を告げるというその羅針盤は、選ばれたモノにしか読むことが出来ません。それが予言の少女・ライラでした。

ライラを助けるのは、奇妙だけど勇敢な仲間たち。ライラの守護精霊”ダイモン”のパンはまだ不定形。基本的にはオコジョの姿をしていますが、様々な姿に変わります。子供の時には不定形なんだとか。頼もしいよろいグマ族のイオレク・バーニソン。鎧を脱着する姿を観たかったのですが、ありませんでした。ひとりで着られるの?脱いだときには鎧はどこにあるの?一番の不思議でした。他にも気球乗りのリー・スコーズビー(サム・エリオット)、魔女族の王セラフィナ・ペカーラ(エヴァ・グリーン)、ジプシャン族と大勢の味方を付け、謎へと挑みます。

若干はしょり気味のような気はしますが、こぎみ良いテンポで物語は進みます。この内容を2時間に納めたのは子供にも見やすいでしょう。しかし、ダスト、ダイモン、マジステリアム(教権)、ゴブラー、インターシジョン(切り離し)と聞き慣れない言葉が飛び交う、世界観を把握するには予習が必要かもしれません。それと、もう少し伏線をキッチリとすると、分かりやすいし、リアルに感じられるのかもしれません。映画は空想なんですから、リアルにウソをつかないといけません。

本作は3部作の第1部という事で、物語は発端にはじまり、仲間を集めながら展開し、盛り上がりを見せ、一応の結末を付けたところで終わります。大きな謎を秘めながら第2部へと続くのですが、公開はいつのことか。待ち遠しい限りです。

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのニューラインシネマが壮大なスケールで贈るアドベンチャーアクション巨編。見応えがありますので、ぜひ、大画面、大音響の劇場でご覧ください。

« 「いつか眠りにつく前に」私的映画考Vol.126 | トップページ | TSUTAYA DISCASでDVDレンタル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/40204360

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」鑑賞:

» 続編制作はあるのか?!☆『ライラの冒険 黄金の羅針盤 / HIS DARK MATERIALS: THE GOLDEN COMPASS』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
ファンタジー小説の傑作と謂われている有名な作品らしいけど、ファンタジーは映画で接するだけで、本は読まない私。 と、いうわけで全く知る由もなく。 それがいけないのか、初っ端からわかんないことだらけ... [続きを読む]

» 「ライラの冒険・黄金の羅針盤」毒のないライトファンタジー [soramove]
「ライラの冒険・黄金の羅針盤」★★★ ニコール・キッドマン、ダコタ・ブルー・リチャーズ主演 クリス・ワイツ 監督、アメリカ、2007年、112分 もしかしたら・・・・と、予感が無かった訳じゃないが、 「子供だまし」のハリウッド大作を 見てしまった。 感想...... [続きを読む]

« 「いつか眠りにつく前に」私的映画考Vol.126 | トップページ | TSUTAYA DISCASでDVDレンタル »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ