« TSUTAYA DISCASでDVDレンタル | トップページ | 「とことん!石ノ森章太郎 」放送 »

2008/03/06

PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その59

PSP 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威

2008年2月7日に、「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威(公式サイト)」が発売されました。シャアとアムロの最終対決までを描く「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」までの宇宙世紀を網羅した本作。

今回のプレイは、地球連邦軍でスタート。前作「ジオンの系譜」との違いに最初は戸惑いながらも、徐々に慣れ、第1部終盤では、違いを楽しみながらプレイ出来るようになり、第1部「ギレンの野望編」は完全勝利で終了しました。

前回、大きく変わった点がいくつか書きましたが、もう一点大きな変更点がありました。それは「改造」と言う概念です。既存の兵器を、バージョンアップして違う兵器に作り替えることが出来ます。

前作では、「改造」はなく、一度作った兵器は手持ちの銃器を変更するくらいで、名称が変わるほどの変更が出来ませんでした。新作「アクシズの脅威」では、資金、資源をかけ「改造」すると、こんな変化あり?と言うくらいにバージョンアップできます。

連邦軍で言えば、アクアジムをガンダム水中型へ、陸戦ジムを陸戦ガンダムへ、ジムコマンドGをジムコマンドGSへ、ガンキャノンをガンキャノン重装型へ、などの改造が可能です。特にジムは様々なバリエーションがありますので、地上、砂漠、水中、格闘、射撃、それぞれに強化が出来ます。ジム指揮官機は、飛行ユニット・コルベットブースターを追加し、飛行も可能です。

コアファイターからコアブースターへの変更や、ガンダムから、マグネットコーティングを施したG-3ガンダムへと換装できるのは劇中でもありましたので良いですが、ジムをバージョンアップしてガンダムにするというのは、どうかとは思います。ジムとガンダムは似て非なるモノじゃないんでしょうか?が、無駄な資産になりつつある兵器の用途を変更して、使うことが出来ますので、少々複雑さを増してはいますが、使い方によっては面白いシステムです。

序盤に悩まされたのは「アライメントシステム」でした。資金が不足してくると、どうしてもどこかから調達したくなってきてしまいます。そんな時に「資金調達」のプランを提案されたら、それはもう悪魔のささやきのようです。資金援助してもらうのならまだしも、「資金強奪」なんて作戦プランまであり、あっと言う間にパラメータは悪側に偏ります。

中立地帯のサイド6や、フォン・ブラウンに派兵するのも御法度です。これは、かなりのスピードで悪側へ偏っていきます。しかし、状況によっては、通過せざるを得ないときもありますから、派兵はやむを得ないのですが、なるべく早めに中立地帯を抜けることをオススメします。そうしないと暴動が発生し、作戦プランの実行が出来なくなるところまで、パラメータが悪側へ振り切ってしまいます。これはやっかいです。その際「暴動鎮圧」に資金10,000が必要です。

序盤で中立地帯に入り込み、アライメントに翻弄され、なかなかエリアの拡大が出来ずに苦戦しましたが、その後は、順調に勝ち進み、99ターン目で完全勝利しました。現在は、第2部をプレイ中。

キャラクター数もかなり増え(200人以上)、見たことのない人物が次々に現れます。ホワイトベースのクルーであるジョブ・ジョンがモビルスーツに搭乗しますが、ブライトにすっかり忘れ去られているかわいそうな会話が出てきたりもして、少し笑えます。

メカニックも400機種以上も登場すると言うことで、あまり有用性のないような兵器もあえて開発しながらゲームを進めています。ゲームはようやく第2部に入ったばかり。この後の展開はどう違うのか、楽しみながらプレイしたいと思います。

« TSUTAYA DISCASでDVDレンタル | トップページ | 「とことん!石ノ森章太郎 」放送 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その59:

« TSUTAYA DISCASでDVDレンタル | トップページ | 「とことん!石ノ森章太郎 」放送 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ