« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その63 | トップページ | 2008.04映画鑑賞総括 »

2008/04/29

「紀元前1万年」鑑賞

先日、「紀元前1万年」を観てきました。ローランド・エメリッヒ監督作品(「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」)。出演:スティーブン・ストレイト、カミーラ・ベル、クリフ・カーティス他。

時は、紀元前1万年。予言と神々の時代。山奥に住む若いヤガル族のハンター、デレー(スティーブン・ストレイト)と美しい青い目の少女・エバレット(カミーラ・ベル)は子供のころから惹かれ合い、将来を誓いあっていた。ある日、正体不明の男たちが村を襲い、エバレットたち大勢の民をさらっていく。デレーは彼女を救うため、3人の仲間とともに最果ての地まで追っていく。サーベルタイガーや獰猛な肉食動物と果敢に闘い、邪悪な支配者に捕われの身となっている愛する人を救うために旅は続くが・・・。

序盤のマンモスの群れを狩るシーンは、大迫力。マンモスをしとめた者は妻をめとることになっていましたが、デレーは勇猛果敢に挑みます。マンモスの毛並み、揺るがす巨体、雄叫びを上げ突進してくる様。良くできています。

未知の土地に足を踏み入れるたび、獰猛な動物に襲われ、そして、進んだ文明の存在を発見していきます。ジャングルで謎の動物に襲われるシーンは怖いです。姿を見せないことがどれだけ恐ろしいか。

そして、新たな仲間を得ながら、過酷な旅の果てに辿り着いたのは、天まで届くような壮大なピラミッドが並ぶ想像を絶する文明の地でした。ヤガル族の民を始め、旅の途中で出会った部族の人々はそこに集められ、奴隷として働かされていたのだった。

クライマックスのピラミッドで建設現場での戦いの映像は圧巻です。俯瞰の映像も見事ですが、よくぞここまで作ったという精密さで、戦いを盛り上げます。メイキングが見たいところです。

デレーの旅のきっかけは愛する女性を救うことでしたが、次第に、すべての民を救うことだったと気づきます。小さな輪が次第に大きくなり、そして、ひとつの力になる。約束した未来は自分達の努力で掴むしかない。人類には果てしない可能性があるのだから。

壮大な風景も美しいですが、最新CGで蘇ったマンモス、サーベルタイガーや恐鳥、映画史上最大のセットとなったピラミッドの映像は、とにかく凄いですので、大画面、大音響でご覧いただきたい作品です。驚異の映像体感型アドベンチャー大作。

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その63 | トップページ | 2008.04映画鑑賞総括 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/40875967

この記事へのトラックバック一覧です: 「紀元前1万年」鑑賞:

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その63 | トップページ | 2008.04映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ