« 「4400 未知からの生還者4」鑑賞 その6 | トップページ | お花見日和 »

2008/04/14

「Gガール 破壊的な彼女」鑑賞

先日、「Gガール 破壊的な彼女 」を観ました。アイヴァン・ライトマン監督作品。出演:ユマ・サーマン(「キル・ビル」「ペイチェック」)、ルーク・ウィルソン、アンナ・ファリス、エディ・イザード、レイン・ウィルソン他。

設計会社に勤めるマット(ルーク・ウィルソン)は、ある事件がきっかけで、メガネの美女ジェニー(ユマ・サーマン)と交際することに。だが実は、彼女の本当の姿は、ニューヨークの平和を守る正義の味方、Gガールと知り、マットは喜びを感じるのだった。そんなある日、マットはベッドラム教授に捕らわれる。彼はジェニーのハイスクール時代の同級生で、彼女に怨みを抱いていたのだった・・・。

「スーパーマン」の女性版とも言えるスーパー・ヒロイン・Gガールは、スーパーパワーで飛行機も持ち上げ、超高速で空を飛び、鋼鉄のボディで銃弾も跳ね返す、悪に立ち向かい、災害の救助にも勤しみます。でも、スーパーマンと違うのは、Gガールは女性であること。どちらかと言えば私生活の方が大事。それも恋が一番。

付き合い始めたマットとジェニーでしたが、マットが同僚・ハンナへと心変わりを始めたらさあ大変。Gガールの能力を使って、嫉妬心を爆発させます。穏やかに話し合いをと思っても、家中、バラバラになるは、天井から飛び去るので穴が空くは、車は放り投げるは、果ては、家の中に鮫を投げ込む始末。

普段は、メガネをかけて素性を隠しているジェニー。まるでスーパーマンのようですが、私生活ではシャイで知的な女性。そんな可愛らしい一面も持ち合わせた、セクシーでパワフルでチャーミングなスーパー・ヒロインが活躍するエンターテインメント作品。

「スーパーマン」のパロディ的な作品ではありますが、スーパー・ヒロインにもリアルな私生活があってもいいじゃない?というラブコメディにもなっています。

« 「4400 未知からの生還者4」鑑賞 その6 | トップページ | お花見日和 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/40869778

この記事へのトラックバック一覧です: 「Gガール 破壊的な彼女」鑑賞:

« 「4400 未知からの生還者4」鑑賞 その6 | トップページ | お花見日和 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ